ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山のエッセイ


リスクにどう備えるか

私たちの生活の中では様々なリスクが潜んでいます。
私は学生時代に硬式野球部でしたので、野球を例に話を進めてみましょう。

先日、18歳以下の野球のアジア大会が開かれました。
今夏の甲子園大会で活躍した選手を中心に編成された日本チームは、
6戦全勝で優勝を飾りました。
個性あふれるピッチャーたちをしっかり支えたのがキャッチャーで
4番の九鬼隆平君です。
強打で強肩の九鬼君はプロ野球も注目の選手。
九鬼君のお父さんは池田高校が甲子園大会で優勝した時のキャッチャー
ですので、徳島にも縁のある選手で、知っている方も多いでしょう。

決勝の台湾戦は1点を争う好ゲームでした。
9回台湾の攻撃の時です。センターに抜けそうな打球を止めた2塁手が、
ジャンピングスローで1塁に送球しました。
その球が大きく外れて暴投になり、これは大ピンチ、と思われた時、
キャッチャーの九鬼君が1塁カバーに入っていたため事なきを得ました。
暑いゲームの中、防具をつけたまま1塁近くまで走るのは中々大変ですが、
基本に忠実な九鬼君のプレーがチームを救ったのでした。
『リスクにどう備えるか』目立たないけど、労をいとわない九鬼君のプレーは
私たちが教えられること大です。

さて、地震のリスクにどう備えるのか、という本題に戻ります。
自らのリスクマネジメントはユルユルで、手を抜いていたために
都知事を辞任したのは舛添前知事でした。
しかし、首都直下地震に備えての『東京防災』の発行は、
唯一といっていい彼の仕事です。

2015年9月の防災の日に合わせて各戸に次のものをセットで配布しました。
『東京防災』『防災MAP』『防災タウンページ』『タウンページ』の4点です。
『タウンページ』はNTTが全国で配布していますが、
東京のものは16ページにわたって防災特集が組まれています。
ちなみに徳島県版は4ページが防災特集です。
また『東京防災』の本にはこと細かく絵入りの説明があって
とても分かり易いマニュアル本になっています。

他の都市にも参考になることがたくさん書かれているこの本を
読んで学ぶセミナーを開こうと思います。
災害はいつやってくるか分かりません。
ピンチから家族を守るためには日頃の備えがとても大切です。

開催日:10月15日(土)午後2~4時
会場 :ビオスホール(佐古大橋西詰南側)
    徳島市佐古一番町5-2 城西ビオスクリニック4F
解説 :野口政司(建築家・一級建築士)
セミナー参加者には『東京防災』の本を資料としてお分けいたします。
参加費:500円(『東京防災』の本代も含まれます)
主催 :NPO法人 里山の風景をつくる会
申込先:事務局(野口建築事務所内)
TEL: 088-655-1616 
FAX: 088-655-1632 
E-mail: info@enjoy-satoyama.jp

里山の風景をつくる会 理事 
建築家 野口 政司

東京防災.jpg


稲刈り 終わりました!

P8281239①.jpg

思い出します、5月初めの田植えのこと。
「申し込み100名ですよ!」
農家さんにそうお伝えしていたので
私たちの田植えのために広い田んぼを用意してくださっていました。
でも田植えの日はあいにくの天候。春とは思えない寒くて強風の中、
体は冷えてくるしまっすぐ立っていられず、
辛くて泣き出す子もいて、とうとう途中で切り上げてしまいました。

そんなこともあって、酷暑の中の稲刈りは大変だろう、と
今回はぐっと控えめの面積です。
集まった80人の親子のほとんどは
今年3回行った田んぼ探検隊に参加してくれた皆さん。
農家さんやスタッフの説明を受けながら、真剣なまなざしで
ザクザク、鎌を動かして、刈って、束ねて、ハゼかけまで一気に。
なすや枝豆の収穫も体験できました。

P8281226②.jpgP8281250②.jpg
P8281207②.jpg

稲刈りの後ほおばったおにぎりの味が
田植えや稲刈り、出会った生きものと結びついて
どのような新しい価値観を生み出していくのでしょうね。

農家さん、ご協力くださった皆さん、来年もどうぞよろしくお願いします。


熊本地震の被災地を歩いて

熊本.jpg

4月14日~16日に発生した熊本地震では、観測史上初めてとなる
震度 7の揺れが2回起こりました。
それにより木造、鉄骨造、鉄筋コンクリー ト造の構造に区別なく、
多くの建物が被災し倒壊しました。

5月に被災地の熊本県を歩きました。
大分県湯布院側から熊本県に入り、 小国町、南阿蘇村、西原村、
益城町、熊本市と巡りました。
現地の方々は、 私が思っていたよりたくましく、
けっして災害に負けてはいませんでした。

同じ九州出身の友人の話では、熊本県人は『肥後もっこす』といって、
『土 佐いごっそう』、『津軽じょっぱり』と並んで
『日本三大頑固もん』と呼ば れており、明るく陽気で、人情があり、
負けん気の強いお国柄だそうです。
そのエネルギーで復興に向けて力強く立ち上がっていくことでしょう。

少しでも復興支援のために、と思って
名物「熊本ラーメン こむらさき」を 買って帰りました。
その強烈なパンチ力のあるラーメンの味を、
私は忘れ ることができません。

さて、南海プレート巨大地震に向けての備えのことです。
東京都では、小池ゆり子さんが女性初の都知事に選ばれました。
公私混同 問題で辞任した舛添要一前知事は、
海外出張と美術館巡りのほかは何もしないで
湯河原の別荘で風呂につかっていただけのように言われていますが、
実は彼の唯一といってもいい仕事があります。
それは2015年9月に『東 京防災』という本をつくり、
都民に無償で配ったことでした。
30年以内に70%の確率で発生すると予測される首都直下地震に備えて、
どのような準備をすることが必要かを書いた本です。
小冊子ですが、300 ページに及ぶ中身の濃いものです。
30年以内に70%の確率というと、
南海巨大プレート地震とほぼ同じ予 測値です。
私たち四国徳島の県民には、それなりの覚悟と備えが
できてい るでしょうか。

『東京防災』に書かれていることで、私たちの参考になるものを
以下に抜き 出してみました。

『今やろう』―10の防災アクション
 ○日常備蓄 ○非常持ち出し袋  ○大切なものをまとめる   
○部屋の安全を確認 ○家具の転倒防止   ○耐震化のチェック 
○避難先の確認   ○家族会議 ○災害情報サービスに登録  
○防火防災訓練への参加

『今やろう』―4つの備え  
○物の備え  ○室内の備え  ○室外の備え  
○コミュニケーションという備え

建築的備えをまとめてみました。  
○耐震化チェック―1981 年以前の旧耐震の建物は要注意  
○防火対策―住宅用消火器、火災警報器、感震ブレーカーの設置  
○耐震シェルターの設置―20 万円程度からという低予算で
住みながら工事ができる

以上のほか『東京防災』には、簡易おむつやランタン、食器、
簡易コンロ の作り方からロープの結び方まで、
実際に役立つアイテムが満載です。
定 価 は 130 円+税+送 料 で す。

NPO 法人 里山の風景をつくる会 理事  建築家 野口 政司


東京防災.jpg


コウノトリ・ナベヅル 徳島フォーラム 2016.7.2

IMG_5827 (5)①.jpg
     雪景色の中のナベヅル(阿南市) 撮影 三宅 武さん


豊岡市で放鳥されたコウノトリが レンコン畑の広がる鳴門市で巣作 りをし、
ナベツルも昨年四国へ4 00羽、そのうちの130羽が徳 島で越冬したこと
を受け、生息地 や餌場となる田んぼや湿地の生物 を増やす取り組みを
考える「コウ ノトリ・ナベツル徳島フォーラム」が 7 月 2 日に開催されました。

ラムネット共同代表の呉地正行氏からは田んぼ生物多様性向上10年
プロジェクトにつ いて、日本野鳥の会の金井裕氏からは、コウノトリ・
ナベツルの生態と習性について貴重な話をしていただきました。

野鳥の会県支部長の三宅さん、冬水田んぼや有機稲作つくりをされて
おられる滝口氏、小山氏、北野氏、そして田んぼ探検隊を続けている
里山 の風景をつくる会が、現場からの声を伝えました。

大型野鳥の飛来は、彼らの胃袋を満たすほどの餌場が徳島にはあると
いうことを示して います。
徳島には、豊かな森から発した1級河川吉野川水系、那賀川水系と、
勝浦川の ような2級河川39水系が流れ、その流域に恵みを与えながら
海と合流しています。
人や生き物が受けるその恩恵は計り知れないほど大きいものなのです。
私たちは果たして その恩恵に気が付いているのでしょうか。
大切に付き合っているのでしょうか。

私たちは田んぼ探検隊で自然にやさしい農法をする人々と接するうちに、
彼らの田んぼ は生物多様性に富んだ土地になっており、コウノトリや
ナベツルが飛来することを学び ました。
そこでは山、小川、田んぼと、そこに生きるいろんな生き物の素敵な交流が
肌 で感じられます。
また干潟観察会をしている吉野川とその流域では、そこから得られる恵みは、
米、野菜、魚類、海藻と多種に及び、昔から賢明な利用と保全がなされてきました。
干潟では絶滅危惧種に指定されている希少種といわれる生物がうじゃうじゃおり、
広大な風景にも癒され、参加者は豊かな生き物のつながりを感じ、学び、
いっしょに泥にま みれ歓声を上げます。
田んぼ探検隊も干潟観察会もあふれるばかりの人で賑わいます。
沖の干潟でも多くの鳥たちの姿が観察されます。

私たちは、この豊かな吉野川河口から第十堰までの汽水域を
ラムサール条約湿地に登録 しようと活動しています。
国際基準も満たしており、すでに河口域は、環境省の
「日本 の重要湿地630」に選定され、また「東アジア・オーストラリア
地域渡り性水鳥重要 生息地ネットワーク」にも登録されています。
次回ラムサール条約締約会議は平成30 年にアラブ首長国連邦の
ドバイで開催されます。
この機会を逃さず、生物多様性に富んだ、大きな干潟の広がる
吉野川流域の登録を目指しましょう。

                          理事  津嘉山 郁子


田んぼ探検隊「用水路で魚をとろう」2016.7.24

P7240960 (2).jpg

真夏の生きもの観察会を小松島市櫛淵町で行いました。
今回は地域の皆さんが事前に土手の草刈りをして
生きもの観察に参加してくださいました。
「こうして網をすくうんだよ」
さすが魚取り名人です。

P7240947 (2).jpgP7240953 (2).jpg
P7240959 (2).jpgP7240972 (2).jpg

この地のワイルド感がそうさせるのでしょうか、
参加した大人も網を持って走り回り
子どもと同じ目線で生きものに夢中です。
そんなお父さん、お母さんがとても素敵でした。


蛍舞う水車の風景~小松島市田浦町西原

水車1のコピー.jpg

コトンコトン、ギィ~ 水車のまわる音が
水しぶきにはじかれるように瑞々しく響きます。
ここは、田んぼ探検隊「赤腹イモリを捕まえよう」で
お世話になっている北野さんの田んぼのあるところ。
勝浦川から引いた水路にいくつもの水車がまわり、
田んぼに水を入れていきます。

今年も5月終わりに生きもの観察会を開きました。
お世話くださったのは、ツルをよぶお米の生産者北野政美さん。
北野さんはこの地に生まれ80年になります。
田浦の田園風景をこよなく愛し、
この風景を守るために農業はやめられない、と
お米、みかん、アスパラなどを育てています。
平成元年より地域の仲間とともに上王子特質米生産組合を立ち上げ
19年にモミの温湯殺菌処理をすることで
有機米にまで生産技術を向上させました。
みんなで協力して水車を維持管理し、
ホタルの棲める環境づくりや冬みず田んぼにも取り組み、
今はお米の有機JAS取得を目指しています。

この時期、年に一度だけ水車の掛け替えをするために
数時間勝浦川からの取水をストップする間、
地域の子どもたちが水路に入って魚取りをする恒例行事や
地域ぐるみの蛍祭りが行われます。
また収穫の秋には田浦の4つの神社が
屋台を出して秋祭りを盛り上げます。
一昨年には北野さんの田んぼのお米が新嘗祭に献上されることとなり、
氏神様である上王子神社の神主さんと氏子である仲間たちが
古式ゆかしく稲刈りをしました。

これらの取り組みは、この地域に人が住み農を営むことで可能となり、
祭りなどの風習や地域のつながりが受け継がれ、
そうして立ち現われるのがこの田浦の里山の風景なのです。

そばを流れる勝浦川の河原は鳥たちの格好の棲家となり、
数年前にはコウノトリも舞い降りてきました。
多様な生きものを育みながら田畑を耕し、
自然と人の共生社会が持続していくために、
近郊に住む私たちがどのような役目を担えるのか、
それを学ぶのが、田んぼ探検隊です。


田んぼ探検隊2016「アカハライモリを捕まえよう」2016.5.29

P5290359 ①.jpg

田浦町北野さんグループの田んぼで
110人の参加者が生きもの観察をしました。

バケツに山ほどのアカハライモリを
捕まえた子は得意満々です。
網にかからない子には農家さんたちが
捕まえ方を伝授してくれました。

イトミミズ、チビゲンゴロウ、カイエビ、ホウネンエビ、
チスイヒル、コオイムシ、ヤゴ・・
じっくり観察した後は田んぼに帰します。

多様な生きものとの出会いを通じて、
この田んぼの価値を発見してもらいたい。
主催者の希です。

P5290364①.jpg


田んぼ探検隊2016 田植えが終わりました

P5030026 (4)最後.jpg
5月3日の田植えの日、
寒冷前線が近づく中、120人もの皆さんが集まって
苗を手植えしていきました。
苗は冷たい強風に吹かれて
今にも水の中に沈みそうでした。
子どもたちも、足を踏ん張りながらとても寒そう。
後ろからお母さん、お父さんが見守りながら
苗を渡していきます。

最後までがんばったので、
農家の武蔵さんが畑から野菜を採ってお土産に。
武蔵さん、ありがとうございました。
そして参加されたみなさま、お疲れ様でした。

P5030011 (2).jpg


オーガニック住宅『里山の家』

~たべものから すまい、生活へと広げる~


“オーガニック”の考え方が広がり深まっています。
2 月14 日、アスティ徳島で『オーガニックフェスタ2016』が開催されました。
なんと4500 人もの方々の来場があり、大盛況でした。
オーガニック食品への関心が広がり、その需要が高まっているのを実感したのでした。

さて、NPO 法人里山、の風景をつくる会でも、
「オーガニック住宅『里山の家』~たべものからすまい、生活へと広げる~」
というテーマで、オーガニックフェスタ2016 の会場で展示発表をしました。
改めてその内容を紹介したいと思います。

“オーガニック”の考え方は、次の五つのテーマが基本となっているようです。
1. 環境保全、 2. 自然との共生、
3. 健康な生活、 4. 身土不二、 5. 健全な社会

これらは単に食べものだけでなく、
人が社会の中で生きていく上で、必要不可欠な要素ではないでしょうか。
この五つのテーマを、住まいづくりや生活の質を考える場合にあてはめて見ると、
それらの考え方が見事に重なり合っていることが分かります。

オーガニック住宅『里山の家』の五つのテーマ

1.環境保全
上流の森の保全 - 緑のダム、生物多様性
まちに森をつくる - CO² を吸着した木で家をつくる

2.自然との共生
自然の力を生かしたパッシブソーラーハウス
スローライフ - 自然循環型の生活スタイル

3.健康な生活
化学物質過敏症やアレルギーにならない家
自然素材をつかったシックハウスと無縁の家

4.身土不二
地域の材料・職人の力を生かした顔の見える家づくり
古き伝統的な民家を再生・リフォームして住み続ける

5.健全な社会
国産材の自給率を高め、川上川下が連携した家づくり
流域の経済・文化を支え、社会モデルとなる家づくり

“食べものとすまい、生活のことをトータルに考えていく”、
そんな賢い生活者の時代になってきたのだと感じています。


住まいのこと なんでもご相談下さい
シックハウスや耐震リフォーム、古民家再生から新築、減築、増築、
さらに襖や障子の貼替えまで。
また敷地探しのアドバイスや竣工見学会のご案内なども致します。
住まいのこと なんでもお問い合わせ下さい。

NPO 法人 里山の風景をつくる会 理事 
建築家 野口 政司

DSC_0691 (2).jpg


田んぼ探検隊part6 田んぼの収穫祭  2015.10.3

今年の田んぼ探検隊もいよいよ大詰め。
田植え、3回の生きもの観察、稲刈り、
そして最終回は田んぼの収穫祭です。


収穫祭は農作物の取り入れが終わってお祝いするお祭りです。
田植えから毎月、田んぼで稲の成長を見てきたので、
農家さんといっしょに、お米の収穫をお祝いさせていただきました。

ランチのメニューはスパイスのきいた風味豊かな本格派インドカレー。
朝、農家さんに採ってもらったさつまいも、小松菜、サラダ菜、
オクラやきゅーりは、サラダに変身。
ごはんはもちろん田植え、稲刈りをした田んぼのお米です。
PA032503②サラダ.jpgPA032504 (2)②オクラ.jpg


5回の活動を振り返って、参加者の皆さんや農家さんから
一言づつ感想をいただきました。
「食べ物を大切にするようになりました」
「子どもだけでなく大人もとても楽しめました」
「田んぼに来てくれてありがとう」
PA032542 (4)2.jpgPA032566 感謝祭3.jpg


午後、稲孫の生えた田んぼでカエルと遊びました。
カエルは秋、冬眠の準備で捕食に専念します。
畦に棲むクモやバッタを狙っているのかな。
やがて気温が10度位に下がるころ、土や枯葉の下に潜って越冬です。
田んぼも生きものも、そうして静かに春を待つのですね。
おやすみなさい、里山。また来年の春に。
PA032579 感謝祭2.jpg


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.