ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



半夏生

ころぼっくる (かたかなにならない!!どうして?)です。

今日友人が、半化粧の葉っぱが好き、と便りをくれました。私の庭には、毎年この季節になると
半化粧が涼やかにたくさん茂ります。一株をもらったのに、いつの間にか増えました。
葉っぱの半分がちょうどお化粧をしたように白くなるのです。この時期の呼び名を半夏生という、と
その人は教えてくれました。夏至から11日目、ちょうど7月2日の今日の頃です。
夏らしいきれいな呼び名で、杉の木戸に良く似合う植物、そしてまた、かすかに香ります。
やがて白い穂のような花をつけ、花をつけると葉っぱはお化粧を落とし・・・・
なにやら身につまされる移ろいですね。

植物も動物も、じっと目をこらしてみれば、不思議の一語に尽きます。便りをくれた友人は、
いつもその不思議を感じとる感性をお持ちですから、またいっぱい話して下さい。



▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.