ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



レンコン畑

こんばんは。つい、ここにきてしまうコロボックルです。

汽車に乗ると、私は本も読まず話もせず、ただじっと窓の外を見ています。
でも、新幹線は早くて、折角の風景も情緒のないのが寂しいです。
故あってここ半年、何回か九州との間を行き来していますが、
車窓から美しい風景を見つけることが上手くなりました。
今回は高徳線、池ノ谷と板野にかけて広がるレンコン畑に感激。
見渡す限りのみどりの畑、花も数輪咲き始めて、とりわけ白いはすの花が高貴です。
蓮は泥沼に生えて、その高貴な花を咲かせる、ということわざがありましたっけね。

徳島に来て、レンコンがこんなにおいしいのを知りました。
鮮度が抜群の「田村さんのレンコン」、いちど花ひらくポン!という音を聞きに行きましょう。
そういえば田村さんが、「花は朝方に開くから、夜通し音楽会をして待つことにしよう」と、
昔誘ってくれました。でも、そのまま、楽しみは先送りです。
これからしばらく、はすの花の季節ですね。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.