ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



しあわせ通りのカナリヤ

東京では空前のマンションブームだという。それもトーキョータワーズ(地上58階、2799戸)に代表される巨大超高層マンションが中心だそうだ。

負けじと大阪、神奈川でも日本最高層を競うマンションが建設されている。それらの中のあるプロジェクトのキャッチフレーズは ”日本を変える 世界が見える”。 思わず笑ってしまった。

世界を見渡してみると、共同住宅の先達であるイギリスでは、1970年代から基本的に高層住宅の建設を中止している。その背景を幻想的な絵と夢のあるストーリーで描いたのがチャールズ・キーピング作の絵本 「しあわせ通りのカナリヤ」 だ。

ロンドンの下町、しあわせ通りの古びたテラスハウスに住む子ども、チャーリーとシャーロッテは大の仲よしです。

再開発でシャーロッテの家が壊され、彼女は高層公営住宅の最上階に引っ越します。取り残されたチャーリーは、シャーロッテがどの住戸に移ったのか分かりません。見上げても同じ形の建物に単調な窓が続くばかりです。

二人でよく行った小鳥屋で金色のカナリヤを買ってきて育てますが、チャーリーは寂しくてなりません。カナリヤは歌がうたえても、いっしょに話したり遊んだりすることができないのです。

ある時いたずら猫に驚いたカナリヤが逃げてしまいます。チャーリーはカナリヤが高層住宅の方へ飛んでいくのを追いかけます。そしてカナリヤがとまったバルコニーの手すりの向こうには、何とシャーロッテが・・・。

この絵本が出されたのは1967年で、この年の絵本のグランプリ (ケイト・グリーナウェイ賞) を受賞している。

このころのイギリスは再開発により15階以上の高層住宅が盛んに建てられていた。これに対して住み手や社会学者、医学者が痛烈に非難を浴びせかけている。子どもの遊びや健康をうばい、老人の孤独、青少年の環境破壊行為を助長する巨大集合住宅は怪物 (マスハウジング・モンスターズ) であると。

この絵本が出た翌年、ロンドンの高層公営住宅の22階でガス爆発による死亡事故が起こり、ついに大ロンドン議会は高層住宅抑止宣言を出すことになる。これ以後、ロンドンの公営住宅は、接地型の中低層住宅が主流となっていくのである。

50階、高さ150メートルも飛べるカナリヤはいないだろう。日本ではチャーリーは一生シャーロッテを探し続けることになるのであろうか。


建築家 野口政司(徳島新聞 夕刊8月2日)


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.