ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



吉野川でなんとなくミレー

NEC_0544.JPG

NEC_0547.JPG


こんばんは fumicaです。

草を刈られた堤防が、寒いとくしゃみをしてるような南岸で、突然できた干草山です。


吉野川の源流米

NEC_0496.JPG

こんばんは fumicaです。
吉野川の上流の上流で、無農薬でお米をつくっているところがあります。
里山の風景をつくる会の原点のひとつです。
おいしいですよ。


畑仕事。

苗床を耕すのは豆福の仕事です。
うんとこしょ。どっこいしょ。


薪を割る

zomeki002032.jpg

薪割り用の斧を手に入れようと思った。

カタログを見て、

工芸品の味わいと、何よりデザインの良さから

スウェーデンのグレンスフォシュの大型斧に決めた。

数日して斧が届いた。

重い。

建築アトリエには何とも不似合いだ。

私に使いこなせるだろうか。

「薪は斧の重さで割るもの、あなたの身長なら最低これぐらいでなくちゃ」

と言った薪ストーブ屋のSさんの

筋肉質の体と愛嬌のある顔が

うらめしく思い出される。

あらためて斧を手に取る。

皮のケースを外すとスウェーデン鋼の鋭い刃先が光る。

斧頭にこの刃を打った職人のイニシャルが刻印されている。

日本の鉋(かんな)や小刀と同じだ。

そういえば、”小信”作の小刀を求めて

東京・上野の刃物屋を訪ねたことがあったよなぁ。

柄はヒッコリー材でできていて、

握りのところで微妙に曲がり、しっくりと手になじむ。

さきほどまでの不安をすっかり忘れ、

今はもうこの斧を使ってみたくて仕方がない。

早速、山に行く。

2年前に山荘を建てた場所にあった木を切り倒し、

丸太にして積み上げている。

程よく乾いた丸太を取り出し立てる。

薪割り台は、5年前の吉野川源流の森の伐採ツアーで切り出した

90年生の桧(ひのき)の根っこだ。

バランスのいい斧だ。

初心者の私でも気持ちよく振れる。

山で握ってみるとそれほど重く感じないのが不思議だ。

しかし芯を外すと薪が思わぬ方向へ飛んでいく。

油断は禁物。

ここだと思うポイントに意識を集中させ斧を振り下ろす。

きれいに二つに割かれた薪が放物線を描く。

斧を台に突き立てたまま一服した後、息子と交代する。

まだまだ腰の使い方は父さんの方が上だな、などといいながら

幾つかの薪の山をつくった。

11月の山の空気はもう冷たい。

しかし丸太を運び、薪を割り積み上げる間に体がしっかり温まってくる。

薪ストーブは何回も人を温めてくれるというが、

本当にその通りだ。

小ナラやモミジが色鮮やかに染まる深秋の山に

”スコーン”という乾いた薪割りの音が響きわたった。

建築家 野口政司  (徳島新聞 夕刊 11月21日付けより)


薪と豆福。(リベンジ編)

22日にアップしたものの、間違えて消してしまっていたのを
もう一度アップしています。
御迷惑をおかけしたみなさん、ごめんなさい。

Gokoさん、お誕生日おめでとうございます。

ちなみに、のだめさんのところの薪とは、また違うところの
薪ですので、念のため。


吉野川からみる水とみず

NEC_0540.JPG

雨が降ると水たまりができます。あおいみずとあおいやま。
四国とくしまは青いです。


吉野川南岸から見る

NEC_0538.JPG

こんにちは fumicaです。
雨があがり、南岸から大麻山をみています。


里山セミナー開催

NEC_0500.JPG

NEC_0497.JPG

NEC_0516.JPG

第一部は、新町川クルージング。川からまちをみて、風景を考えました。
第二部は、セミナー。「美しい都市をつくる権利」をテキストにして、ケンケンガクガク。「で、日本は、この徳島は、どうよ」。課題がたくさん見えてきました。いつもながら時間が足りませんね。


どんぐりが降る。

ぽこっ・・・ぽこっ・・・と、林のどこかから音がして、
道にどんぐりが降ってきます。
おかげで、道はどんぐりだらけ。

♪どんぐりころころどんぶりこ♪っていうんだって御存知でした?


柚子。

ただいま柚子の収穫中。
この後、絞ります。
おひさしぶり。


吉野川北岸の干潟

NEC_0478.JPG

こんばんは fumicaです。
暦のうえでは初冬ですが、ここの干潟には、生き物の気配がいっぱいです。


吉野川の晩秋

NEC_0475.JPG

こんばんはfumicaです。
ひっつきむしは健在です。


吉野川で狩り

NEC_0480.JPG

NEC_0481.JPG

NEC_0482.JPG

こんばんは fumicaです。
鵜が何十羽も飛んできて、魚を追い込んでいるようでした。


枯れ野を駆けめぐる。

どういうわけか、枯れ野が一番似合う豆福なのです。
うつりゆく季節の侘びさびを、枯れ草に埋もれてしみじみ思っているのじゃ。


吉野川の干潟

NEC_0471.JPG

こんばんは fumicaです。
夏、あんなににぎやかだった干潟も今日はひっそり。
岸を波があらっていました。


吉野川をのぞむ里山の山で

NEC_0416.JPG

こんばんは fumicaです。
明るい森のなかで、目があいました。


美しい国へⅡ

20061106105441825_0001.jpg
ロイズ・オブ・ロンドン ( リチャード・ロジャース設計 )


プリンス・オブ・ウェールズ、イギリスのチャールズ皇太子は、伝統的なイギリスの建物や風景が次々と壊されていくのを見て、これではイギリスが滅びてしまうと感じ、次のような美を取り戻すための10原則をまとめた(「英国の未来像ー建築に関する考察」)。

①場所ー風景を蹂躙(じゅうりん)するな
②建築の格づけー建築の基本原則を大切に
③尺度ー小さいものほどよい
④調和ー他と響き合おう
⑤囲い地ーその場所をかけがえのないものに
⑥材料ーそれがあるべき所にあらしめよ
⑦装飾ー細部を豊かに
⑧芸術ー置かれる場所を考えて
⑨看板と照明ー粗悪な看板を立てるな
⑩コミュニティーーそこに住む人の意見を聞け。


前衛的な建築家からは美の強制と反発されたが、チャールズ皇太子の「われわれは美なしに生きることができない」という思想は、BBC放送で取り上げられ、国内外に大きな反響を呼ぶことになる。


時あたかも、大ロンドン市の中心地シティに、建築家リチャード・ロジャースのロイズ・オブ・ロンドン(ロイズ保険会社本社ビル)が建ったころ(1986完工)であった。


私は、話題のこの建築を完成した直後に訪れた。ステンレスの塊から彫り出されたような建築は、とても旧市街地に建つものとは思えなかった。日本のコンビナートの一画にできた、とびきりモダンな未来の工場、というのが正直な印象であった。


リチャード・ロジャースは、レンゾ・ピアノと組んで、パリのポンピドー・センターのコンペを勝ちとった後、このロイズ・オブ・ロンドンのコンペでも最優秀となっている。同じイギリス人建築家ノーマン・フォスターの香港上海銀行と並んで、ロイズ・オブ・ロンドンは20世紀を代表する建築と呼ばれるようになる。


前衛と保守、イギリスでは重量級の戦いが行われている。エンジンが強烈であれば、ブレーキもまた超一流である。


日本のプリンス、安倍晋三首相は「真正保守」といわれる。司馬遼太郎氏に、即席ラーメンの袋のようなと表現された日本の町を、どうしたら元のように美しくできるのか、安倍氏の著作「美しい国へ」からそれを読み取ることはできない。


建築家 野口政司(徳島新聞 夕刊11月6日付 ぞめきより)


みかんと豆福。

みかんの木でひと休み。
いやー、日陰は落ち着くねぇー。

たくさん、みかんの収穫ができました。
とれたょ。見て。見て。

ちなみに、豆福はこんなふうにして、移動していることがあります。
あ、どうも豆福です。あ、楽させてもらってます。はい。


吉野川のミニ葡萄

NEC_0448.JPG

NEC_0449.JPG

こんばんは fumicaです。
葡萄のちいさい、ちいさい子どもを見つけました。


吉野川のほかにも青

NEC_0435.JPG

こんばんは fumicaです。
青い国四国といいますが、吉野川の風景もまた青です。


近藤代表、初めての一枚

NEC_0455.JPG

こんばんは fumicaです。
昨日、理事会がありそのまま懇親会へ突入。我らの代表近藤さんがケータイで初めて撮った写真です。メンバーよりテーブルがメインの様子。これもご愛嬌。


雰囲気のある森で・・・。

よーくよーく見ると、遠くに電信柱も見えるんですけど。
なんかヨーロッパっぽい感じがしません?あ・・・気のせぃ?


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.