ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



美しい国へⅡ

20061106105441825_0001.jpg
ロイズ・オブ・ロンドン ( リチャード・ロジャース設計 )


プリンス・オブ・ウェールズ、イギリスのチャールズ皇太子は、伝統的なイギリスの建物や風景が次々と壊されていくのを見て、これではイギリスが滅びてしまうと感じ、次のような美を取り戻すための10原則をまとめた(「英国の未来像ー建築に関する考察」)。

①場所ー風景を蹂躙(じゅうりん)するな
②建築の格づけー建築の基本原則を大切に
③尺度ー小さいものほどよい
④調和ー他と響き合おう
⑤囲い地ーその場所をかけがえのないものに
⑥材料ーそれがあるべき所にあらしめよ
⑦装飾ー細部を豊かに
⑧芸術ー置かれる場所を考えて
⑨看板と照明ー粗悪な看板を立てるな
⑩コミュニティーーそこに住む人の意見を聞け。


前衛的な建築家からは美の強制と反発されたが、チャールズ皇太子の「われわれは美なしに生きることができない」という思想は、BBC放送で取り上げられ、国内外に大きな反響を呼ぶことになる。


時あたかも、大ロンドン市の中心地シティに、建築家リチャード・ロジャースのロイズ・オブ・ロンドン(ロイズ保険会社本社ビル)が建ったころ(1986完工)であった。


私は、話題のこの建築を完成した直後に訪れた。ステンレスの塊から彫り出されたような建築は、とても旧市街地に建つものとは思えなかった。日本のコンビナートの一画にできた、とびきりモダンな未来の工場、というのが正直な印象であった。


リチャード・ロジャースは、レンゾ・ピアノと組んで、パリのポンピドー・センターのコンペを勝ちとった後、このロイズ・オブ・ロンドンのコンペでも最優秀となっている。同じイギリス人建築家ノーマン・フォスターの香港上海銀行と並んで、ロイズ・オブ・ロンドンは20世紀を代表する建築と呼ばれるようになる。


前衛と保守、イギリスでは重量級の戦いが行われている。エンジンが強烈であれば、ブレーキもまた超一流である。


日本のプリンス、安倍晋三首相は「真正保守」といわれる。司馬遼太郎氏に、即席ラーメンの袋のようなと表現された日本の町を、どうしたら元のように美しくできるのか、安倍氏の著作「美しい国へ」からそれを読み取ることはできない。


建築家 野口政司(徳島新聞 夕刊11月6日付 ぞめきより)


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.