ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



ザンビアの太鼓

zomeki1207033.jpg


「ザンビアで太鼓の神様に会ったんです」。


太鼓奏者、ヒダノ修一さんは、忘れられない思い出を語り始めた。


11月26日、大塚ヴェガホールで開かれた、ヒダノ修一・太鼓ソロコンサートでのこと。


ヒダノさんは、1998年、FIFAワールドカップフランス大会の閉会式で太鼓を演奏し、世界的な太鼓奏者として、

自他共に認める存在であった。
   
   
   
アフリカ・ザンビアでの演奏旅行の時、千人以上入れる会場に、定刻になってもほとんど観客が集まらない。
     
そこで外に出て太鼓を打ち鳴らした。
   
すると太鼓好きのアフリカの人たちのこと、みるみる黒山の人だかり。
   
いっしょに会場に入り、満席の中で演奏すると観客は総立ちになって踊り始めたという。
     
  
   
演奏会の休みの日、公園で太鼓の練習をした。
  
すると1人の老人が近くに来て、じっとヒダノさんの太鼓を聞いている。
  
 
  
練習が一段落した時、その老人が小さな太鼓を取り出し打ち始めた。
  
その太鼓から響き出した音は、この世のものと思われなかったという。  

太鼓の神様が現れたんだ、と思った。
    
あの音に近づきたい。
   
その日から懸命に練習を続け、数日たった。
   
気が付くと、ヒダノさんの太鼓に合わせて、遠くから太鼓が聞こえる。
   
音がだんだん大きくなる。
    
太鼓を打ちながら近づいてくるのは、あの老人だった。
   
2人で存分に太鼓を打ち興じたという。
  
  
  
宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」の場面が目に浮かんでくる。
  
  
   
このザンビアで、ヒダノさんはもうひとつの出会いをしている。
  
NGO組織、TICO(徳島で国際協力を考える会)代表の吉田修さんと知り合ったのだ。
  

  
ザンビアでは乳幼児の死亡率が高く、平均寿命は37.5歳(2004年国連調べ)。
  
ザンビアを救うためには、何より干ばつに強い村づくりをと、水、農業、医療、教育からの支援を続けている
  
吉田さんたちの活動に、ヒダノさんの魂が響いた。
  
  
  
毎年開かれるTICO主催のチャリティコンサートに、ヒダノさんは無報酬で駆け付ける。
  
 「太鼓の神様への恩返しです」。
   
ヒダノさんの瞳は、太鼓の音色と同じように澄み渡っていた。
    
   
   
建築家 野口政司 (徳島新聞 夕刊 12月7日付け)


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.