ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



母たちの村

母たちの村.jpg

これは本当に現代のことなのか。

超満員で立ち見も出た、徳島ホールでの徳島でみれない映画をみる会の特別映画会。

上映されたのはアフリカ映画の父と呼ばれる、ウスマン・センベーヌ監督の「母たちの村」。

土を塗り固めた住居やモスク、昔ながらのアフリカの美しい村、そして大地から響いてくるような音楽。

しかし、この映画のテーマは深くて重いものだった。

FGM(女性性器切除)、いわゆる女子割礼の理不尽さをうったえ、立ち上がった母たちの姿を描いたものだ。

この2000年も前から続いているというFGMは、現在アフリカの女性、1億~1億4千万人が受けているという。

平均寿命50年として、1日当たり8000人の少女が受けている計算になる。

小刀やガラスの破片、カン詰めの切り取られたフタなどが使われ、出血によるショック死や、何人もを同じ道具で
切除するため、エイズなどの感染症で死に至ることもあるという。

麻酔なしの痛い割礼をいやがる4人の娘たちのために、主人公のコレは、男たちの自分勝手な因習をやめさせよ
うと決意する。

コレは仲間の女たちに伝える。

アラーの神が定めたことと男たちは言うが、メッカに巡礼する女たちは割礼などしていない、とラジオが言ってい
たと。

男たちは、コレたちからラジオを取り上げ、村の広場で焼いてしまう。

その広場で、夫からムチ打たれるコレの姿を見て、会場では泣き出す女性も・・・。

女性が男たちの所有物のようにあつかわれ、その「浄めの儀礼」をすまさない女は嫁にしない、という村の因習の
中で、異議申し立てをするには、どれだけの勇気がいることか。

エンドタイトルが映し出される中、バックにアフリカの民族音楽がくり返し流れる。

“母はすばらしい、永遠の命を生み出すのだから、女はすばらしい~”

この映画が、アフリカの母たちに勇気を与えてくれることを。

最近、徳島で、ドメスティック・バイオレンスで妻に会うことを禁止された男が、探偵をつかって居場所を見つけ出
し、子供たちの目の前で妻を刺し殺す事件があった。

人が人を支配し、痛めつけるという理不尽なことは、遠いアフリカでだけ、起こっているのではないのだ。 

建築家 野口政司     徳島新聞 夕刊 1月30日付け


こんにゃく玉。

こんにゃく芋です。ほりあげて2週間は乾燥させます。
洗ってから、切って、蒸し、皮を剥きます。
その後、細かく切って、水を加えながら、
ミキサーにかけたものに、にがりを入れ、
固まるまでしばらく置いて、それから
形を整えて茹でます。自家製こんにゃくのできあがりー。
えー、これが調理前の乾燥したこんにゃく芋です♪


影。

1月だというのに、日差しは春の気配。
ながーいなぁ・・・・。


吉野川の葦のもと

NEC_0753.JPG

NEC_0752.JPG

こんばんは fumicaです。

やわらかい風に葦がゆれ、その下にはルアーの落し物。


吉野川は水ぬるむ

NEC_0712.JPG

NEC_0737.JPG

こんばんは fumicaです。

つくしはまだですが、たんぽぽは咲いてます。
吉野川も水ぬるむかな。


吉野川で白鳥発見!

NEC_0721.JPG

こんばんは fumicaです。

小さな姿ですが、白鳥です。

本当か?目を疑いましたが、白鳥です。

どこからきたの?


冬きたりなば。

白い花を咲かせていたオオデマリの木です。
枯れ木も、豆福のにぎわいじゃ!ほっほっほっ。


吉野川の河口から帰路に着く

NEC_0707.JPG

NEC_0708.JPG

NEC_0709.JPG


こんばんは fumicaです。

夕暮れ時、河口から次々と鳥たちの連隊がやってきます。
ねぐらはどちら?


竹林にて。

竹林の伐採跡に佇む。
まぁ、たくさん切ったこと!

切り株に、入ってみた。
ハロー。


“シンプル”という贈りもの

20070112101111906_0002.jpg

20070112101111906_0003.jpg

2年前に「ヴィレッジ」という映画が上映された。森の奥の小さな村で起こった事件を、ホラー仕立ての映像で描いた作品だ。


「シックス・センス」のナイト・シャラマンが監督なので、超自然現象がテーマのように思えるが、実はなかなか上質のラブストーリーである。


そのユートピアのような小さな村のモデルになったのが、アーミッシュである。彼らはヨーロッパを逃れてアメリカにたどり着いた、キリスト教の再洗礼派の人たちだ。

 
アーミッシュは、現代文明に背を向け、電気や車をつかわない生活をしている。移動は馬車でし、服装も白か青、黒の無地で、柄物は着ない。とてもシンプルで質素な生活だ。
 

彼らは、映画のように隠うつではなく、とても陽気だ。300年間、ずっとその素朴な生活スタイルを続けている人たちだ。

 

このアーミッシュの村に25年間通い、彼らの暮らしを撮り続けたビル・コールマンの写真集を見た。どのページを見ても、絵画のように美しいシーンばかりだ。特に冬の集落の写真は、400年前にブリューゲルが描いた風景画そのままだ。
 

便利で自由、そして豊かそうに見えるが、実は人と物をつかい捨てにする現代社会。それとは異なる可能性を彼らは生きているのではないだろうか。アーミッシュは、自分たちの生活をけっして不自由とも禁欲的とも感じていないように思う。
 

実は、彼ら程ではないが、私もテレビのない生活を18年間続けている。けっして不便とは思わない。むしろ快適なのだ。

 
ゆっくりと流れていく時間、夜の静ひつさ。雨や風の音、小鳥のさえずりや樹の葉のそよぐ音を聴きながらの生活は、とても魅力的だ。何物にも替えがたいのである。


質素ではあっても、家族や地域社会の絆を大切にし協力しあって生きるアーミッシュの人たち。なかでも子供たちの表情はとても明るい。そして、その村の風景はかぎりなく美しいのだ。
 

アーミッシュとの恋物語であると言うビル・コールマンの写真集は、次のように名づけられている。
 

THE GIFT TO BE SIMPLE(“シンプル”という贈りもの)


20070112101111906_0004.jpg

建築家 野口政司 徳島新聞夕刊1月15日付けより


吉野川で日がのびる

NEC_0701.JPG

こんばんは fumicaです。

こころなしか、日が長くなってきてます。


水仙の季節。

水仙が咲き始めたり、梅のつぼみがふくらんだり・・・。
いい香りねぇー。


吉野川の2007年一番の夕暮れ

NEC_0689.JPG

こんばんはfumicaです。

この西の空のずっと向こうに嶺北の森があります。


檸檬と橙。

木に残った檸檬の実と、橙の実を搾ることにしました。
ま、だいだいやねぇ・・・。
橙酢は八合ぐらい搾れました。
檸檬は、まず洗って・・・・。
おおー、いっぱいですねぇ。

しぼりましょ♪さぁ、しぼりましょ♪

檸檬酢は一升二合搾れました。


あたたかそうな場所を求めて。

お正月は、南天の木の下に居た「豆福ハウス」。
こんどはどちらへ?

あったかいところがいいなぁー。



2007年 吉野川の青石がおめでとう

NEC_0676.JPG

2007年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。


きれいだなぁと思うとき。

豆福のように、ささいなことに感動したいと思います。
皆様にとっても、ステキな一年になりますように。

わぁ、きれい♪


新年のご挨拶。

今年もよろしくお願いいたします。
あけましておめでとうございまする。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.