ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



母たちの村

母たちの村.jpg

これは本当に現代のことなのか。

超満員で立ち見も出た、徳島ホールでの徳島でみれない映画をみる会の特別映画会。

上映されたのはアフリカ映画の父と呼ばれる、ウスマン・センベーヌ監督の「母たちの村」。

土を塗り固めた住居やモスク、昔ながらのアフリカの美しい村、そして大地から響いてくるような音楽。

しかし、この映画のテーマは深くて重いものだった。

FGM(女性性器切除)、いわゆる女子割礼の理不尽さをうったえ、立ち上がった母たちの姿を描いたものだ。

この2000年も前から続いているというFGMは、現在アフリカの女性、1億~1億4千万人が受けているという。

平均寿命50年として、1日当たり8000人の少女が受けている計算になる。

小刀やガラスの破片、カン詰めの切り取られたフタなどが使われ、出血によるショック死や、何人もを同じ道具で
切除するため、エイズなどの感染症で死に至ることもあるという。

麻酔なしの痛い割礼をいやがる4人の娘たちのために、主人公のコレは、男たちの自分勝手な因習をやめさせよ
うと決意する。

コレは仲間の女たちに伝える。

アラーの神が定めたことと男たちは言うが、メッカに巡礼する女たちは割礼などしていない、とラジオが言ってい
たと。

男たちは、コレたちからラジオを取り上げ、村の広場で焼いてしまう。

その広場で、夫からムチ打たれるコレの姿を見て、会場では泣き出す女性も・・・。

女性が男たちの所有物のようにあつかわれ、その「浄めの儀礼」をすまさない女は嫁にしない、という村の因習の
中で、異議申し立てをするには、どれだけの勇気がいることか。

エンドタイトルが映し出される中、バックにアフリカの民族音楽がくり返し流れる。

“母はすばらしい、永遠の命を生み出すのだから、女はすばらしい~”

この映画が、アフリカの母たちに勇気を与えてくれることを。

最近、徳島で、ドメスティック・バイオレンスで妻に会うことを禁止された男が、探偵をつかって居場所を見つけ出
し、子供たちの目の前で妻を刺し殺す事件があった。

人が人を支配し、痛めつけるという理不尽なことは、遠いアフリカでだけ、起こっているのではないのだ。 

建築家 野口政司     徳島新聞 夕刊 1月30日付け


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.