ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 2

2007 源流伐採ツアー 007.jpg
 
真っ青な空が水面に映るこの場所は、四国最大のダムである、早明浦ダムです。
 
ダムの高さ 106m 総貯水量 31600万m3(学校の25mプール約75万杯分)という
途方もない量の水をたたえています。
 
この湖の下には、大川村と呼ばれた村が沈んでいて、
夏の渇水の時期になると、旧大川村役場が姿をあらわします。
 
科学の力が信じられた結果、このダムによって、生み出された利益、安心、
一方の、建設にともなう大川村の人々の反対とかなしみ。 
 
いろんな出来事がおき、そしてまだ続いている場所です。
 
人工の科学の力に頼るという選択を選ぶこと、
それとは反対に、自然の森を育て、山の保水力に頼る選択を取ること。 
 
どちらが良いのでしょうか。
 
さとやま一行の子どもたちは、元気にダムの上を走っています。
大人たちは何を思ったのでしょう・・・
 
湖水に映る緑と空の透き通るような景色から、この旅は、はじまりました。
 
 
     2007 源流伐採ツアー 003.jpg

 
(次回の 2007吉野川源流の森伐採ツアー Report3 をお楽しみに。)


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.