ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



四国の森づくり in かがわ Report3

2日目は、前日の「まなぶ」を会場からだけではなく、現地に行って「体験」してきました。
 
われらが里山スタッフの面々は、
地域材を利用した住宅や、文化財などの視察に向かいました。
 
s-四国の森づくり in かがわ 023.jpg
 
まず一行が向かった先は、こちら。
この本瓦葺きの重厚な屋根をもつ民家は、
なんと江戸時代から住み続けられているそうです。つまり、おおよそ200年以上・・・
 
住まい手は、古民家の再生を手がける建築事務所もやっておられ、
先祖から伝わる家に住み続けることの責任感、苦労話などを
お話していただきました。
 
 
s-四国の森づくり in かがわ 014.jpg

 
つづいて向かった先はこちら。
 
NPO木と家の会の代表をされている 六車さんの地域材を利用した住宅です。
 
伝統的な町屋の形態をとりつつ、内部はガラス張り!
建築の新しさと古さとを、ほどよく混ぜたような、若手の建築家らしい住宅でした。
 
s-四国の森づくり in かがわ 033.jpg

s-四国の森づくり in かがわ 028.jpg


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.