ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



美しい椅子

The chair.jpg
The chair
 
 
“椅子の詩人”と呼ばれ、生涯に500脚以上の椅子をデザインした、
デンマークの家具デザイナー、ハンス・ウェグナーが今年の1月26日に亡くなった。
92歳という長寿であった。
 
“世界で最も美しい椅子”といわれ、
故ケネディ大統領が愛用したことでも知られる「ザ・チェア」は素敵な椅子だ。
北欧の長い冬、この椅子に座って木肌のやわらかさ、温かさを感じるだけでも
時間が気持ちよく過ぎていくであろう。

 
他にも中国、明朝の椅子をモデルにした「チャイニーズチェア」。
そして牛の角の形の肘かけ椅子の「カウホーンチェア」と「ブルホーンチェア」。
さらに孔雀が羽を広げた形の「ピーコックチェア」など、
名品と呼ばれる椅子は数多くあり、
ウェグナーの作品はニューヨーク近代美術館をはじめ、
世界の多くの美術館に永久展示品として収蔵されている。
 
 
ハンス・ウェグナーの名前を知らない人でも、「Yチェア」は聞いたこと、
あるいは座ったことのある人が多いのではないだろうか。
背中の当たるところの支柱がY字形をしているので、そう呼ばれる「Yチェア」は、
ハンス・ウェグナーの代表作であり、世界中で最も親しまれている椅子である。
 
私の設計する住宅でも、いろいろ家具を探したあげく、
私自身のデザインしたものか、ウェグナーの家具に落ち着くことが多い。
東洋の椅子からインスピレーションを受けたウェグナーの家具は、
杉と漆喰の家によく似合うし、モダンな洋風のデザインの家にもしっくりとなじむのだ。
 
 
さて、ウェグナーは晩年、老人ホームで生活していた。
デンマークの老人ホームは、自分の好きな家具を持ち込むことができるのだが、
ウェグナーは数多くの自身の作品の中から「ベアチェア」を選んだという。
 
「ベアチェア」は名のとおり、熊に抱きかかえられるようにして座る椅子だ。
包み込まれるような安心感を与えてくれる。
 
 
ウェグナーは
「完成された椅子はありえない。本当にいい椅子は、永遠に仕上がらないのだ」
という言葉を残している。
一生涯をかけて、よりよい椅子の形を探し求めたのであろう。
 
「ベアチェア」に身をあずけ、“より美しい椅子”を夢想しながら、
ウェグナーはあの世へと旅立ったのではないだろうか。
 
 

(ハンス・ウェグナーの回顧展が北島町北村のインテリアショップ「プレヴィー」で
開かれている。11月11日まで。入場無料です。)
 
Chinese Chair.jpg
                                 The Chinese Chair
 
Peacock Chair.jpg
                                 The Peacock Chair
 
Teddy Bear Chair.jpg
                               The Teddy Bear Chair
 
建築家 野口政司   2007年11月10日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.