ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



逝きし世の面影

逝きし世の面影.jpg


一つの文明が滅んだ。

その文明のことをバシル・チェンバレンは次のように書いた。
「古い日本は妖精の棲む小さくてかわいい不思議の国であった。」
(『日本事物誌』)。
 
また、英国の詩人エドウィン・アーノルドは、次のように語っている。
「(日本は)地上で天国、あるいは極楽にもっとも近づいている国だ。
 …その景色は妖精のように優美で、その美術は絶妙であり、
 その神のようにやさしい性質はさらに美しく…」
 (来日時の東京クラブでの講演)。
 
渡辺京二氏の大著『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー)は、
幕末から明治にかけて日本を訪れた二百人近くの異邦人たちの目を通して、
かつての日本の姿を描き出す。
 
そして、世界史でもまれな一回かぎりの有機的な個性としての
“江戸文明”が失われ、その滅亡の上に日本の近代がうち立てられたという。
 
西洋文明を追いかけるあまりに忘れてしまった、
いやあえて否定した過去の日本に、
奇跡のような社会が実在していたのではと考えさせられる本である。

 
例えば「子どもの楽園」の章。
 
「私は日本が子供の天国であることをくりかえさざるを得ない。
 世界中で日本ほど、子供が親切に取り扱われ、
 そして子供のために深い注意が払われる国はない。
 ニコニコしている所から判断すると、
 子供達は朝から晩まで幸福であるらしい」
 (エドワード・モース『日本その日その日』)。
 
そして「風景とコスモス」の章。
 
「日本人は何と自然を熱愛しているのだろう。
 何と自然の美を利用することをよく知っているのだろう。
 安楽で静かで幸福な生活、大それた欲望を持たず、競争もせず、
 穏やかな感覚と慎しやかな物質的満足感に満ちた生活を
 何と上手に組みたてることを知っているのだろう」
 (エミール・ギメ『かながわ』)。
 
 
はてさて、さまざまな信頼感がグラつき、
「偽」がその年を象徴する漢字となる今日の日本。
 
子どもの命や自然の風景があまりに粗末にあつかわれる現代の日本。
今よりずっと経済的に貧しかったであろう江戸時代の日本に、
得がたいひとつの理想郷があったのではないか。
 
自分たちの来し方をもう一度じっくりと見直してはどうだろう。
その中から私たちの進むべき行く末が
かすかに見えてくるのではないだろうか。


建築家 野口政司   2007年12月28日(金) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 8

2007 源流伐採ツアー 229.jpg

ここは、イチョウの神様がおわします所。
大きな枝葉。太い幹。 失礼ですが、あなたさまは何歳ですか?
 
 「ワシは800歳じゃ」
 
・・・恐れ入りました。 ここで田岡さんがこんな問題を出しました。
 
2007 源流伐採ツアー 223.jpg
 
 田岡さん 「この世で いちばん 大きな生き物は なーんだ?」
 こども   「木ー!」
  
 田岡さん 「この世で いちばん 長生きな生き物は なーんだ?」
 こども   「木ー!!」
  
 田岡さん 「この世で いちばん つよーい生き物は なーんだ?」
 こども   「木ー!!!」
 
ほほう、とおとな一同。
 
2007 源流伐採ツアー 225.jpg
 
 
ところかわって、
ここは、杉の神様がおわします所。 
 
2007 源流伐採ツアー 261.jpg
 
2007 源流伐採ツアー 266.jpg
 
大きな枝葉。 太い・・・太すぎる幹。
(写真の右下に人間がいるの、見えますか?)
失礼ですが、あなたさまは何歳ですか?
 
 「ワシは3000歳を超えたあたりかのぅ」
 
・・・たいへん恐れ入りました。 まいりましたです。
 

 

りんごの木は、人間と同じ年くらいですが、
笑顔を引き出すには充分なお年でした。
 
おなかもいっぱいにしなくちゃ、いけませんものね?
 
2007 源流伐採ツアー 236.jpg
 
2007 源流伐採ツアー 242.jpg
 
2007 源流伐採ツアー 237.jpg
 
2007 源流伐採ツアー 249.jpg
 
大地の恵みを堪能したさとやま一行は、
この旅の最終地である、徳島県は吉野川市、
「地球家族の家」と名付けられた家に見学に向かいます。
 
この家は、この旅で見て来た吉野川源流の森、
嶺北の木を使って建てられた「里山の家」です。
 
お住まいの吉田先生は、NPO法人TICOで、
アフリカのザンビアを中心に徳島から医療・農村開発などの
国際協力活動をおこなっているお医者さんです。
 
2007 源流伐採ツアー 271.jpg
 
2007 源流伐採ツアー 279.jpg
 
2007 源流伐採ツアー 281.jpg
 
最後に吉田先生から、ザンビアから見た地球環境の異変を、
教えてもらいます。
 
吉田先生は言います。
 
 「大干ばつによる貧困に苦しむザンビアも、
  食料がなくて引き起こされる略奪や紛争も、
  ぜんぶ環境異変が関わっている。
  その異変を引き起こしたのは、日本を含む先進国が
  地球の緑のバランスを崩したから。
 
  全く 関係がないと思われることが、
  実は、全て繋がることなのです。
  
  今ここで、私たちが踏みとどまらなければ、 
  地球はこのまま温度が上昇しつづけ
  この加速する温暖化を修復することはできなくなるでしょう。
  
  私達に残された時間は、あと 約 10年。
  これから10年の間に温暖化がストップしなければ、
  もうだめなのです。」
 
吉田先生が赴任していたザンビアの貧困は、
それはそれはひどいものでした。
たくさんの人が、栄養が足りなくて病を治せず、
肉が溶けていくのです。
 
「飢餓も紛争も、環境異変も、すべて繋がっている」
この一言には、今まで考えもしなかった重みが含まれていました。
 
まだ平和な日本にいる私たち、地球の乗組員の一人です。
これからできることは、何だろう?
 
車に乗らないこと。 リサイクルを活用すること。 
電気をなるべく節約すること。 水を大切につかうこと。
木を植えること。 まちに森をつくること。
 
あなたは、どうしますか?
 
ツアーに参加した里山一行は、いろんなことを体験しました。
そして、毎日の生活の中で出来ることの大切さを学んだ のでした。


2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 7

2007 源流伐採ツアー 169.jpg

もくもくもく・・・ ゾロゾロゾロ。
 
元気にバンガローを出発した里山一行は、なにやら不思議な場所を歩いています。
ここは、いったい・・・?
 
2007 源流伐採ツアー 162.jpg
 
看板に「ハザカプラント土佐」と書いてあるのが見えますか? 
そう!ここは土佐町の有機ゴミを、微生物の醗酵力を使って分解する
究極のエコゴミ処理場なのです。
 
最初の写真のもくもくは、醗酵の際に生じた熱の湯気。
生ゴミはベルトコンベアに乗ってゆっくりと運ばれる内に、微生物によって分解され、
最後にはサラサラの有機たい肥になるというしくみの工場です。
2007 源流伐採ツアー 164.jpg
 
微生物の力だけでこんなにたくさんのゴミが処理できるのか・・・! 
と驚く里山一行に、工場の方は
「ここだけで、火力に頼らないで土佐町のゴミ全てが処理できるのです。
 自然を壊さないゴミ処理場をもっと全国の自治体に増やしていきたい」 と
ゴミ処理の現場から見た地球の環境について、教えてくださいました。
 
2007 源流伐採ツアー 172.jpg
 
土佐町は棚田の風景を美しいところです。
 
でもこの景色は 森やゴミ処理の現場から
支えてくれる人がいるからあるものなのですね。
 
2007 源流伐採ツアー 182.jpg
 

 
2007 源流伐採ツアー 208.jpg
 
棚田の空気と共に、つづいて嶺北木材の工場にやってまいりました。
(みなさまご承知の通り、この源流伐採ツアーは、本当にもりだくさんの旅なのです)
 
手で墨付けを行い、加工します。
  
2007 源流伐採ツアー 194.jpg
 
工場を説明する田岡さん。 子どもだって真剣に聞きます。
 
2007 源流伐採ツアー 212.jpg
 
田岡さんは、言います。
 
 「皆さん、日本の一年間で消費する木材の量(建築から紙までもを含む)は
  全部でどれくらいだと思いますか?
  
  答えは、日本の森林が1年間成長する分なのです。
  つまり、これは日本が外国に頼らないで、自国の森の木だけで
  まかなえるということ。 自給自足ができるということなのです。
  
  だけど、日本は外国の森を食べつくすようにしている。
  もう今までのやり方ではいけない。変えなければいけないのです。」
 
国土の約 67%が森林である日本の、そのうち一体何%が
加工できる木を持つ森となっているのでしょう。
手入れされた森は、80年以上二酸化炭素を貯蔵するタンクとなり、
その木を使って まちに建てられた建物も、
同じようにCO2をストックするタンクとなります。
 
では、手入れされていない森は・・・?
日照が悪く、木の育たない森は、それだけで二酸化炭素排出の元につながります。
 
2007 源流伐採ツアー 204.jpg
 
自分たちが思っていた以上に、森のサイクルの重要性と厳しい現状を感じる旅。 
おかくずで楽しく遊ぶ子どもたちを見守る大人は、この子たちが大きくなったときに、
地球の環境が改善に向かい、今日のこの旅をたのしく思い出してくれるだろうか、
と、感じたのではないでしょうか。
 
(さあ、いよいよラストです!2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 8 につづく)


2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 6

2007 源流伐採ツアー 132.jpg

2007 源流伐採ツアー 128.jpg

山の朝は、静かです。
 
朝いちばんの風が、まだ少し残るすすきを揺らします。
2007 源流伐採ツアー 129.jpg

すこしずつ 明るくなる空   遠くには、棚田の風景
 
透明な空気には、そろそろ山の向こうから 顔を出す朝日の色が 溶けているみたい

2007 源流伐採ツアー 124.jpg
 
2007 源流伐採ツアー 113.jpg
 
「きいちご、摘んだよ?」
 
「ちょっと すっぱーい」
「すっぱいー。でも、おいしいねー」
 

2007 源流伐採ツアー 139.jpg
 
きれいな色の落ち葉に、木苺と、むかご、ススキ。
 
もしかして毒キノコ?と、霜の降りた小さな葉っぱ。
 
これから2日目の旅が はじまります。 今日はどんなことが起こるのかな?

(残すところ、あと2回。 2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 7 もお楽しみに)


2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 5

2007 源流伐採ツアー 097.jpg

空を飛んだキリンたちは、どこへ向かったのでしょうか・・・?
 
こたえは、ここ。  嶺北木材協同組合の原木市場です。
夕暮れの中、整然と並べられた大木たちが
わたしたちを迎えてくれました。

ここにあるのは、だいたいが80年生以上の木々たち。
 
それは さながら、時間の渦の中にいるようです。
 
2007 源流伐採ツアー 096.jpg
 
2007 源流伐採ツアー 099.jpg

見渡せど、見渡せど、 原木の山々。
 
大人たちは引き続き、真剣に、田岡さんの森についてのお話を 聞きます。
 
こどもたちは、 「こんな楽しいところ、じっとなんて していられない!」
とばかりに、からだで木の感触を確かめます。
 
2007 源流伐採ツアー 102.jpg
 
とんとん、と踏みしめられるこの大木は、だいたい100年生。
 
「この木は 100歳だって」
「100歳って どれぐらい ・・・・・?」
「むずかしいー、わかんないよー」
「根っこの高さが、背といっしょ!」
 
こどもたちも、ちゃんと体で 覚えられたみたいです。
 

 
日も暮れてしまいました。 原木市場を見終わって、1日目の旅は終わりです。
 
おいしい夕食に舌づつみを打った後は、
今度は 大人もこどもも関係ない!とばかりに、おにごっこと椅子取りゲーム。
 
ほら、みんないつの間にか、こんなに仲良しさん。
 
2007 源流伐採ツアー 108.jpg

2007 源流伐採ツアー 107.jpg
 
2日目の旅は どんなことが待ってるかな? 明日がたのしみです。
 
(どこまでつづく?! 2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 6 もお楽しみに)


2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 4

2007 源流伐採ツアー 052.jpg

お待たせいたしました。長い時間かかって、里山一行はようやく
今回の旅のいちばんのイベントである、杉の大木がそびえる山へ
伐採の現場にたどり着きました。

2007 源流伐採ツアー 051.jpg

こちらが、山のことを私たちに教えてくれる
森の伝道者、田岡秀昭さんです。
木のこと、伐採のこと、ここだけでなく日本の山の現状と未来について
ていねいな言葉で伝えてくれます。
田岡さんは、私たちのNPOの理事も務められています。
  
2007 源流伐採ツアー 063.jpg

いよいよ、この大きな木を切るのです。
樹齢80歳。 山では80年生と呼びます。
今、山を管理している人々の、何代も何代も前のご先祖が
未来のわたしたちのことを思って、植えてくれた木です。
 
2007 源流伐採ツアー 068.jpg

大地を這う根に楔を入れていきます。
 
ゆっくりと傾き始めた大木は、そのスピードを徐々に増し、
 
枝が空を切る、その音。 聴こえますか?
 
2007 源流伐採ツアー 069.jpg
2007 源流伐採ツアー 064.jpg
2007 源流伐採ツアー 066.jpg
 
幹の裂ける音、 しなる枝の梢がおこした風の音、

大地に倒れた衝撃が地鳴となって、
山肌に立つわたしたちの体に響きます。
 
山間に少しの間こだました音が、過ぎ去った後には
大きな大きな静寂が訪れました。
 
それは、80年という時間の長さを感じるには充分なものでした。

大人もこどもも、皆一様に、ただ ただ、おごそかな、
あたたかいとも、悲しいともいえる不思議な気持ちで
こころがいっぱいになりました。


2007 源流伐採ツアー 070.jpg
2007 源流伐採ツアー 071.jpg
2007 源流伐採ツアー 072.jpg
2007 源流伐採ツアー 073.jpg
2007 源流伐採ツアー 075.jpg

あんなに大きいと思えた木が、ワイヤーで吊るされて 空を飛びます。
 
「あっ、空飛ぶキリンだ」 と、こどもたちが指をさします。
 
高い山の中で育った木々は、こうやって山を下り、
人里に住む わたしたちの元へと運ばれるのです。
 
2007 源流伐採ツアー 081.jpg

2007 源流伐採ツアー 083.jpg 
 
倒された木の根っこ。
一年一年の年輪がみえました。80年かけて、山を守る人々が
心をこめて育てた証です。
 
「これを、わずか30年で使い捨てているのが、日本の住宅の現状です。」 と
田岡さんは、教えてくれました。
 
この一輪一輪に、あなたは何を思いますか?
 
まず、できることから。
わたしたちは、始めなければなりません。
 
 
(2007 吉野川源流の森伐採ツアー Report 5につづく。次回はたぶん年内に・・・!)


古い手紙

81 東京中央郵便局.jpg
              東京中央郵便局 『新建築 1995 現代建築の軌跡』
 
 
家の片付けをしていたら、古い手紙が出てきた。
 
古いといっても、十年程前のものであるが、
日々のあわただしさにすっかり忘れていたのだ。
 
 
それは高校の同級生で、
東京で建築の設計をしているAさんからの手紙であった。
 
自分の建築観とは異なる考え方のつづられたその手紙になじめず、
返事もそこそこに机の中に仕舞い込んでいたものだ。
 
改めて読み返してみて、Aさんのていねいな語りかけ、
想いの深さを充分につかめていなかったことに気付き、私は恥じ入った。
 
この手紙は、もしかしたら十年後の私に向けて書かれたのではないか、
と思われるぐらい今の私の胸に響くのであった。

 
「あなたの、建築家としての野心は?」
 
 
同窓会での私の問いかけに対するAさんからの返事が、
その手紙にはしたためられていた。
 
 
東京に住むことになり、東京駅に降り立った時、
すぐ左角に建つ東京中央郵便局の建築を見たこと。
建築を見て感動し、涙を流したのはこの時一度限りの経験であったこと。
 
そして、その設計者である建築家、吉田鉄郎の言葉がつづられていた。
 
 「日本建築の性格は・・・・自然に対しても人間に対しても威張ったり、
 嚇したりするのではなく、自分を抑えて他と和するものである。
 ・・・・伊勢神宮、京都御所、桂離宮などのような傑出した建築はいうまでもなく、
 一般の住宅をみても単純というよりは清純を極めたものである。
 この清純性は美的表現として最も高いものである・・・。
 ブルーノ・タウトが『日本芸術が人類に贈ってくれた特質、
 しかも凡ゆる世界の芸術の中にすら見出されえない特質』として
 『清純』をあげているのは大いに私たちに反省を促すものである」。
 
「日本中に平凡な建築をいっぱい建てたよ」という言葉が、
この謙虚にして偉大な建築家の最後の言葉であったという。
謙虚さだけでも吉田鉄郎の域に達したい、建築を造り上げる時には
彼の姿勢に倣いたい、これが現在の私の『野心』です、

とAさんの手紙は結ばれていた。
 
 
吉田鉄郎(1894~1956)氏の代表作は、東京中央郵便局の他に、
大阪中央郵便局があり、どちらも今改築計画がもち上がっている。
 
共に建築家有志による保存運動が展開されているところである。
 
 
恐らくその中に名を連ねているであろうAさんに、
10年ぶりの長い手紙を書こうと思う。
 
 
建築家 野口政司   2007年12月12日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


地球温暖化を考えるー市民アクション2008ー 地球温暖化・・・わたしはどうする?

Nature1-012.jpg

2008年を地球温暖化問題に一人ひとりがアクションを起こす記念すべき年にしましょう!

映画『不都合な真実』をたくさんの県民が観ようとの呼びかけからはじまったこの声は、今大きなうねりとなりつつあります。

地球温暖化、生物多様性の喪失、直面するこれらの問題は、もはや国や政府だけに任せておくことでなく “すべてのわたしたち” が真剣に一歩を踏み出すときがきています。

徳島のあちらこちらで、すでに地球温暖化をテーマにして、シンポジウムや講演会、観察会が企画されています。

これらをまとめましょう。

ひとつのうねりにしましょう!

地球温暖化を共通項にして、市民、県民が実践のパノラマを描くことができれば・・・

わたしはどうする?の答えを必ず見つけることができると思います。

まず幕開けが、映画 『不都合な真実』 の自主上映会。

会場にあふれる人たちがこの映画を観れば、今地球に起ころうとしていることを危機として実感できるでしょう。

実感した人たちがつながるきっかけになるでしょう。

わたしたちの世代が、その豊かさを維持するためにこれらの問題が引き起こされ、その被害を受けるのは、ひとえに将来の世代であることに思いを致し、

ここに地球温暖化を考えるー市民アクション2008ーを提案します。


2007年12月7日

地球温暖化を考えるー市民アクション2008ー徳島
                       賛同者一同


紅葉狩り

いい色であります。
それではみなさん、ごきげんよぅ~


NPOのIT活用術

12月7日、ビオスホールにて、12月の里山セミナーが開かれました。

NEC_1855.JPG
講師の森田桂治さんです。テンポのある語り口と、わかりやすい解説に、グイグイひきこまれます。

NEC_1857.JPG
自ら稼ぎ、社会を動かすNPO!
NPOの最終目標は、定款で定めた目的を達成し、自信を廃業に追い込むこと。
肝に銘じる名言が多数あり、刺激的なセミナーとなりました。

参加してくださったみなさん、そして講師の森田桂治さん、ありがとうございました。


対決!

で、とうとう切り株と対決するようになってしまいました。
嗚呼・・・・。
とぉっ!!


森のゲージツ家。

ベレー帽をかぶるとゲージツ家っぽく見えるのは
なぜでしょう?(あ、気のせいですか?)
ついついその気・・・


山道を行く!

落ち葉の色は色とりどり。
ぽつーん・・・・

きれいな落ち葉でっしゃろ?


ガイド豆福。

こんな風景ありマス。
え~、左に見えますのはため池でゴザイマス。


ひと休みする。

山の中でひとやすみ。
ちょうどいい切り株。
まわりは杉の枯葉がいっぱいです。
杉の枯葉はよく燃えるんだよねー。焚きつけに持って帰ろうかしら。


忍者風・・・

木の影に身をひそめて、鳥を観察したり・・・。
鳥を嚇かさないようにしないとね。ま、ワタシを見たところでそう驚かないと思うケド・・・。


道の果て。

こういう道を見ると、この先がどうなっている
のかが知りたくて、ついつい・・・・・・。
と、いうことで。それでは先へ行ってみましょぅ♪


草こぎ

藪こぎ、ならぬ草こぎ。
豆福探検隊員であります。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.