ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



不都合な真実 Ⅱ

地球400×400.jpg
                            アポロ17号から見た地球
 
 
昨年10月、このコラムで映画『不都合な真実』の上映会をしようと呼びかけた。
 
多くの方より賛同の声が寄せられ、今月25日に県郷土文化会館の大ホールで、
市民による自主上映会が開かれることになった。
NPO法人や生活協同組合など、28団体による自主上映組織
「地球温暖化を考える―市民アクション2008―徳島」
が結成されることになったのだ。
 
映画の上映だけでなく、それをきっかけとして、自分たちの生活を見直し、
さらに行政や企業のあり方にまで市民から提案をし、
実践を促していくところまで広げていこうと、
その志は大きい。

様々な団体が結集した。
環境をテーマに活動しているところはもちろん、森の保全活動や国際協力、
消費者運動のNPOなども名を連ねている。
又、子どものための活動をしているグループや平和団体、
有機農業グループまでもが参加している。
 

地球温暖化防止に向けて、各団体は知恵をしぼり、様々な取組みを始めている。
  
私の参加しているNPO法人、里山の風景をつくる会でも、
“CO2ストック認証”を提案している。
吉野川源流の森の保全のため、
その森の木を使った家や家具づくりをすすめているが、
“里山の家”と呼ばれるその家は、平均して40m3の材木を使用している。 
一戸あたり、二酸化炭素に換算して30tのCO2を吸着、固定したことになる。
 
竣工時に、建主に杉の木でできた認証プレートをプレゼントすることを考えている。
住む人に優しく、地球環境に優しいすまいであることを認め、
かしこい住まい手であることを認証するシステムである。
 
アル・ゴア氏は、
「“危機”という字は、東洋では危険と機会という二つの意味をもつ言葉でできている。
けっして絶望してはならない。
地球温暖化は、人類が共通の目標に向かって共に立ち上がる“チャンス”でもある」
と呼びかけている。
 
市民の様々な取組みが実を結び、時代を動かす力になることを願っている。
 
『不都合な真実』の上映会は次のとおり。多くの人たちの参加をお待ちしている。

1月25日(金)、県郷土文化会館大ホール。
午後6時開場、7時より上映。先着800名、入場無料、託児サービスあり。
手弁当の上映会なのでカンパ大歓迎、賛同団体も募集している。
申し込みは、市民アクション2008―徳島事務局、<電話 088(655)1616>まで。


建築家 野口政司   2008年1月19日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.