ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



50年前の暮らし

85-1 50年前の暮らし.jpg
                         映画 『名もなく貧しく美しく』 より
 

一枚のモノクロ写真がスクリーンに映し出された。
 
  「この写真に全ての解決策が示されています。」
 
それは、ちゃぶ台のまわりに座ってだんらんしている
懐かしい日本の家族の写真であった。
 
  「50年前の生活を思い出して下さい。そこから学ぶことはたくさんあります。」

 

2月16日、ふれあい健康館で、
ネットワーク『地球村』の高木善之さんの講演会があった。
「不都合な真実を語る」と題され、CO2による地球温暖化と、
オゾン層破壊や森林減少などによる地球環境の危機がテーマであった。
 
年に300回、これまで一万回に及ぶ講演会を行い、
個人として最も多い講演回数ではないかという。
 
 
高木さんがこのような活動を始めるのには、あるきっかけがあった。
 
1981年、33歳のときにオートバイを運転中、逆走してくる車と正面衝突。
生死をさまよう臨死体験の中で、ある意識の覚醒が起こったという。
 
 “ 10年後、ソビエトの崩壊
   20年後、アメリカの崩壊
   そして40年後 世界の崩壊
   無数の未来の記憶・・・   ”
 
それは、高木さんが40年後の世界の崩壊を防ぐために、
自分の役割を自覚し、動き出すきっかけとなる出来事であった。
 
 
高木さんは、経済優先で環境を破壊してしまった日本の姿を、
参加者に気付かせようとする。
まずは身近な生活のことから始め、
同時に国や行政に働きかけることの大切さを述べる。
そして大量生産、大量消費、大量廃棄の愚かさを改め、
グリーンコンシューマ(地球にやさしい市民)となることが、今求められています、
と結んだ。
 
うーん、50年前の暮らしに戻れるかなあ。
人間の欲望はおなかのようにどんどんふくらむばかりだし。
 
貧しかったけれど、自然と仲よく暮らしていたあのころ・・・。
もう一度真面目に考えてみるのもいいかもしれない。
高木さんは、車を捨て、服はリサイクルショップで求め、
1日1食、1500kcalで生活しているという。
 
 
私たちもできることから始めなくては。
しかし、地球はいつまで待ってくれるのであろうか。
 
 
 
建築家 野口政司   2008年 2月 20日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.