ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



シンポジウム「まちに森をつくる」―地球温暖化と里山の家part5 2008年2月23日

mati-mori 061 color.jpg


講演、パネルディスカッションと続いた後は
尺八演奏です。

奏者は三次栄山さん。

なんと、20代前半。
しかもジーンズ姿で登場です。

面食らってしまいましたが
若々しい音色にちょっとうきうきです。

風にきこえたり、地響きにきこえたり
音が体を通り過ぎたようにかんじたり

ビオスホールの腰壁には吉野川源流の杉が貼られていて
竹の奏でる音色がとても自然に響いていました。


以上でシンポまち森シリーズ、終了です。
part5まで読んでくださって、ありがとうございました。

里山の会では、2008年のセミナーのテーマの一つに
地球温暖化をとりあげようと思います。
HPでお知らせしますので、どうぞセミナーにご参加ください。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.