ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



ドラマ

080302_0958~01.jpgカイヅカイブキの木に巣箱を掛けてありました。嶺北杉の無垢の木で作られた巣箱です。来ました!鳥が、頬じろです。
一昨日は一羽で、屋根から、横から、前から、入り口の穴も丹念に見て、去りました。翌日また来ました、同じく一羽で。そして今日は・・・つがいで来たのです、鳴き声も心なし嬉しげに。でも、どうなったと思います? 多分彼女の方でしょうね、一瞬止まって、あっという間に行ってしまいました、惜しげもなく。その後の彼、上に下に入り口に首を傾げて見入っていましたよ。さてどうなる?         M&S


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.