ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



物語のはじまり

コラム86.jpg
 
 
京都で今、壮大な実験が行われようとしている。
 
昨年9月1日から実施されている「時を超え光り輝く京都の景観づくり」がそれである。
50年後、100年後の京都の将来を見据え、「京都が京都であり続けるために」
どうすればよいかを考えた新景観政策である。

確かに航空写真で見ても、祇園祭を支える中京の町屋の中心地に、
マンションなどの高層ビルが建設され、町並みが分断されてしまっている。
このままでは町衆が支えてきた京都の文化も、町並みも消え去ってしまう。
こうした危機感から今回の京都の新景観づくりが始まった。
 
具体的には、次の5つが柱となっている。
 
 1、建築物の高さを低くする。
  (都心部の幹線道路沿いは45mを31mに、その内部の町屋ゾーン
   は31mから15mに)
 2、建築デザインの見直し。
  (市街地のほぼ全域を景観地区や建築物修景地区、風致地区などに
   指定し、地域らしさを生かしたデザインとする)
 3、眺望景観を守る。
  (五山の送り火など38箇所を選定し、日本初の眺望景観創生条例で、
   近景、・遠景の眺望を守る)
 4、看板を美しく。
  (屋上看板や可動照明を全域で禁止、7年後までに全ての看板を新基準に統一)
 5、歴史的町並みの保全・再生。
  (京町屋などの外観の修理・修景に対して助成)
 
京都のグランドデザインを大きく書き換える、今回の新景観政策は、
単に京都だけのものではない。
それは、日本人にとって京都が千年の都として、日本文化の象徴であるということ、
そしてその政策の成功は、日本全国のよいお手本となるという二重の意味においてである。
 
徳島においても、徳島駅前シンボルロードからの眉山の眺望など、
大いに参考になるのではないかと思う。
  
「あのとき、日本の風景が変わる一歩が踏み出された」
 
後の世に語り継がれることになるかもしれない物語が、
今京都ではじまろうとしている。
 
 
建築家 野口政司   2008年3月6日(木) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.