ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



回帰草庵

89 OsamuIshiyama 1.jpg
 
 
年に一度訪ねることにしている場所がある。
 
六甲山の東すそ野の丘陵地に、目神山と呼ばれる所がある。
そこには建築家・石井修氏の自邸である『回帰草庵』が建っている。
 
そして向こう三軒両隣りという風に、
石井さんの設計した住宅が十棟ほど連なっていて、
その道は石井通りとも呼ばれている。
 
自然に囲まれた坂の道を歩きながら
石井さんの住宅を見て回るのを私は密かな楽しみにしているのである。

 
 
緑の建築家として知られる石井修さんは、
土地の形状をできるだけ壊さず、斜面に沿わせて家を建てる。
 
そしてその周りに木を植える。
家は木立の中に見え隠れしていて、奥行き間のある
実に魅力的な町並みができあがっているのだ。
 
 
数年前も、石井通りから『回帰草庵』を眺めていた。
といっても、この建築は眺めても見えないのだ。
 
北へ下っていく斜面に建っていて、手前には木立が茂っている。
見えるのは屋根、それも草ぼうぼうの草屋根と、
茶褐色のサビ御影石でつくられたアプローチの階段のみである。
 
 
その下がっていく階段を吸い込まれるような気持ちで見ていた時、
 「どちらからおいでですか」と 尋ねられた。
石井修さんがちょうど帰ってこられたのだ。
 「よかったら中をご案内しましょう」と 親切なおさそい。
 
あこがれの『回帰草庵』の中を、
それも設計者自身の解説つきで見られるという幸運に私は巡り会ったのだ。
 
二本の杉の丸太に支えられた居間は、
薄暗く母親の胎内のような空間であった。
中央に手作りの薪ストーブが座り、
左右の大きな窓から前の林とその間を流れる沢とが借景されている。
 
 「安息感に充ちたここは、私にとって桃源郷である」と
石井さんがどこかに書いていたのを私は思い出していた。
 
 
この春も『回帰草庵』を訪ねた。
芽吹いた若葉がきらきらと輝いている。
 
昨年の九月、石井修さんは85歳で亡くなった。
この家の主はもういない。
 
石井さんが草屋根に上がって眺めたという
遅咲きの山桜の大木がちょうど満開であった。
 
 
 「今年も来ましたね。桜が見ごろですよ」
 
石井修さんの声が聞こえたような気がした。
 
89 OsamuIshiyama 2.jpg
 
建築家 野口政司   2008年 4月22日(火) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より
 


ようこそ!

080418_1656~01.jpg
里まちの家 オ-プンハウス
みなさん ようこそ!!
どうぞ ごゆっくり ご覧下さいませ。
         コロボックル


仲間いり

080416_1111~0001.jpg

080416_1811~0001.jpg

台所に素敵な仲間たちが加わりました。
すでにいたお花さんが、友達を呼んでいます。

テーブルにいたしょうゆ瓶、楊枝たて。。
あれれ、スプーンとフォークはもう頭の上に這い上がっている。
お庭からお花たちも寄ってきて、矢継ぎ早に質問。

”ねえ、どこからやってきたの?”
”コーヒー豆を売る店よ。”
”どうして?”  ”お店じまいなの。”
”なんだ、そうだったの。いつもコーヒー豆といっしょで賑やかだったのね。”

”そう、お客様もね。””心配ないわよ、仲良くしようね” ( KURARA)



白い花お庭にいっぱい!!

080413_1047~01.jpg
15年前に鉢植えから地面に放したひめりんご、
白い花が春を盛りと咲きました。
初秋に赤い小さな実をつけます。
一人前に、りっぱにりんごの味がします。

故郷のりんごの花盛りは5月です、
久しぶりに帰省してりんご乙女になりましょうか。
                   白いはなこ


懐かしの”おぶた”

080406_1141~0002.jpg

山間部で ”おぶた”(阿波弁) に出会いました。
納屋の軒先がグーンと伸びたその下の場所を呼び、
写真のように、刈り取った稲を干す ”なる” などの保管場所に使ったり、
雨の日に脱穀などの農作業をする場所でした。
当時の百姓は、天候に臨機応変に対処できるように、このような場所を大切にし、
きれいに掃き清めておりました。そういえば壁に箒、塵取りがかかっていましたね。

南に面していたので、近所の友達とメンコ、ままごと、こま回しなどして遊んだのも
ついこの間のように思われます。


美しい町Ⅱ

colum88.jpg
                佐藤春夫 『蝗の大旅行』


熊野三山の一つ、新宮の熊野速玉大社の一画に、ハイカラな住宅が建っている。
これは新宮出身の作家、佐藤春夫の東京の旧宅を移築したもので、
現在は佐藤春夫記念館になっている。

春夫の建築好きは、八角形の書斎をもつそのモダンな建物からもうかがえる。

そこには佐藤春夫の作品や愛用品などが展示されていて、
中でもひときわきれいな装丁で目を引かれるのは
『蝗(いなご)の大旅行』という童話集である。

巨大ないなごが地球の上を散歩しているユニークな絵が特徴のその本は、
1926年(大正15年)の発行である。


その本の中に『美しい町』という作品が載せられている。
美しい町をつくるために集まった三人の男たちのお話で、
一種のユートピア小説である。

アメリカ人の父親から莫大な遺産を相続した川崎ブレンタノは、
水路に囲まれた百戸の家からなる美しい町をつくりたいのだと夢を語る。
幼友だちで画家の「私」と売れない老建築家の二人が
その計画に自分の夢を重ねていく。

ブレンタノは、その町に住んでもらいたい人として、
互いに自分たちで選びあって夫婦になった人、
そして自分自身の一番好きなものを職業に選んだ人、などを挙げる。

「家から家庭へ」そして「職業の自由を」。

このあたりは大正時代の夢とも重なりあっている。


土地を探し、設計図を描くうちに熱中していく三人。
ブレンタノがホテルの円卓の上に町の模型をつくり、
家の窓に明かりをともすと、スリガラスでできた川面に灯が写り込む。
青い電球の月の光に照らし出されるおもちゃの夜の町は、息をのむほど美しい。
幻想的でもっとも印象的なシーンだ。思わず物語の中に引き込まれていく。

と、ここで話は変わるが、昨日は徳島市長選挙であった。

選挙というのは択一式なので、どうしても引き算になる。
眉山の景観も、そして音楽・芸術ホールも欲しい者としては
引き算を足し算にできないものかと思う。

眉山への眺望を守りながらホールもつくる。

政治というのは美しい妥協の芸術ともいわれる。
選ばれた方が、偉大なアーティストであることを願うのである。

ちなみに佐藤春夫の『美しい町』では、
三人の足並みがそろわなくなり計画は挫折してしまう。

しかし、百軒の計画の中から一軒だけ建った美しい家の定礎石には、
三人の名前が刻まれたという・・・。
 
 
建築家 野口政司   2008年 4月 7日(月) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


桜花爛漫の春

080406_1625~01.jpg  
近くの公園の桜です。ここに引っ越してきて18年
この桜と歩みを同じくして過ごしてきました。
いつまで咲き続けるでしょうこの桜・・・。
愛でる人の代は変わろうとも。         
                      はなはなこ


桜の木の下で

200804041227000.jpg

昔青年、昔乙女たちと花見に出かけた。

桜の下で花見弁当を食べ、昔話に花が咲く。

80年、90年と波乱万丈な人生を送ってきた精鋭たち・・・

風に舞う花びらに、自分たちの人生をそっと重ね合わせていた。


春の生垣

080405_0625~0001.jpg

080404_0653~0001.jpg

7,8歳のころ、春の夕暮れ、姉たちによく散歩に連れて行ってもらいました。
垣根の多かった当時、ピンクの日本桜草が群れ咲いているのを垣間見る
ことができ、なんてきれいんだろうと思いました。

その影響を受け、四方生垣にしています。
四季感のでるように花木も入れ混植しています。
もっと生垣の家が増えないかなと、春がくると特に思います。(花子)


旧の節句

080403_1036~0001.jpg

080403_1030~0001.jpg

95歳の母がお手製のお雛様を前にひとり言。”作り物の雛あられですまんな。”

そういえば今年はういろうようかんも作っていないな。と思い、旧の節句のきょう、
朝から蕨、蕗、絹サヤ、椎茸、アゲ、たまごだけのちらし寿司をつくる傍ら、
ういろうを蒸し、おそなえしました。山吹、桃、利休梅もいっしょです。

陶器の遊山箱に詰め、母とちょっと桜を見に行ってきました。
母も久々の外出で顔も晴れ晴れ。

下のお雛様は今年80歳になった義兄の手製の木目込み雛です。
旧の節句に間に合わせて送ってくれました。

いつまでたっても、母も私も少女の気持ちが残っているようです。


不思議

080401_1246~01.jpg
 この椿は最後の一輪です、その名は獅子頭。
暮れから咲き始めた獅子頭合計78輪、ごくろうさまのねぎらいです。
不思議なことに、さいごのこの花、目には真っ赤で霜降りはありません、
どうして最後の花だけ赤一色なんだろう?
と、ぜひ皆さんに言いたくて写真に撮ったら・・・・霜降りなのです、何度撮っても。
目には見えねどやっぱり白を含んでいるのですね。
いやはや自然は含蓄が深い!                  はなこ


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.