ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



懐かしの”おぶた”

080406_1141~0002.jpg

山間部で ”おぶた”(阿波弁) に出会いました。
納屋の軒先がグーンと伸びたその下の場所を呼び、
写真のように、刈り取った稲を干す ”なる” などの保管場所に使ったり、
雨の日に脱穀などの農作業をする場所でした。
当時の百姓は、天候に臨機応変に対処できるように、このような場所を大切にし、
きれいに掃き清めておりました。そういえば壁に箒、塵取りがかかっていましたね。

南に面していたので、近所の友達とメンコ、ままごと、こま回しなどして遊んだのも
ついこの間のように思われます。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.