ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



火花

北條民雄全集.jpg
 
 
「もし誰か、この地上で地獄を見たいと欲する者があるならば、
夜の一時か二時頃の重病室を見られるようすすめる。
鬼と生命との格闘に散る火花が視覚をかすめるかもしれない」
 
                       (北條民雄『癩院記録』)
 
 
オリンピックが間近にせまった中国からの報道に私は目を奪われた。

北京五輪の組織委員会は、外国人への法律指南書を出し、
どんな外国人は入国できないかの注意書きに、
テロリストとともに麻瘋病(ハンセン病)の患者を挙げているのだ。
 
「One World One Dream」、北京五輪のキャッチフレーズが心に空しく響く。

 
 
ハンセン病に対する世界のすう勢は開放政策である。
 
先進国といわれる国では、感染力が低く、
日常生活で感染する可能性はほとんどないハンセン病の患者たちを
隔離するようなことはしなかった。
 
 
しかし、中国のことを批判ばかりはできない。
 
長らくハンセン病患者たちを強制隔離する政策を続けたのは、
実は日本政府であった。
 
患者たちとその支援者のねばり強い抗議、反対運動によって、
90年に及ぶ「らい予防法」が廃止されたのは1996年。
それまでハンセン病者は出入国管理法で日本でも入国を拒否されていたのだ。
 
 
そのらい予防法が続いていた30年程前、
瀬戸内海に浮かぶ岡山県のハンセン病療養所、
邑久(おく)光明園を訪ねたことがある。
 
韓国のハンセン病回復者たちの開拓村への
ワークキャンプをしていた私たちのグループは、
日本の隔離政策に抗議をするとともに、
日本各地の療養所への訪問、聞き取りなどもしていた。
 
 
在日韓国人の患者たちとの交流会で少しお酒が入った時、
一人の青年が語気するどく私たちにせまった。
 
「あんたらホントに俺たちの気持ち分かるのか。
分かるんだったら、これを食べてみろ」と
不自由な手に握ったスプーンに、自分の皿からキムチをすくい突き出した。
 
ハンセン病患者として、
また在日韓国人として二重の差別を受けてきた人の気持ちを
私たちは本当に理解できていたのだろうか。
 
「人生は暗い。だが、たたかう火花が、一瞬暗闇を照らすこともあるのだ」
徳島県出身の作家で、23歳でハンセン病で亡くなった北條民雄の言葉だ。

その暗闇を私たちはどれだけ知っているのだろう。
 

差し出されたキムチの苦い味を、私は忘れることができない。
 
 
 
建築家 野口政司   2008年 6月25日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


おいしかった! 6月住まいかたセミナー「私の好きな ハーブの料理」

P1060275.jpg


ハーブをふんだんにつかったお料理、
そしてミドリーヌ先生の愉快なお話。

とても楽しく和やかなランチタイムでした。

イタリアンっていうとこってり、と思いきや、
ハーブの香りがとても爽やかで、
ハーブってすごい!

すてきに飾られたフェンネルなどの花もかわいくって
庭にあれもこれも植えよう、と思いました。

***本日のメニュー***

・サラダ・ヴァーニャカウダ
・ミニトマトのマリナーラ
・かつおのクロスティーニ
・生パスタ
・じゃがいものスープ
・豚ヒレのサルティンボッカ風
・旬の白身魚のオルトナーラソースかけ
・マチェドニア(パルサミコ酢かけ)
・フォカッチャ

P1060276.jpg

P1060281.jpg


半夏生の季節

06230002 (1).jpg
今年も半夏生の季節となりました。
夏至から数えて7月2日頃までの呼び名です、72節候の一つ。
片白草とも。
緑の葉っぱにひとはけ刷いたおしろい。
名前も姿も夏の装いです。                もも
                              


沖縄の一隅より

080609_1739~0001.jpg

080606_1602~0001.jpg

沖縄の民家の風景です。
マンゴーがこんな風に連なって実るのを知りませんでした。
落花生の実が地中から掘り出されるのを知らない人を笑えない。

花好きの義兄が、ランをある木に寄生させていました。
梅雨明け間際の沖縄の木も草も元気いっぱい。

庭仕事をしていると、米軍の飛行機が爆音をたてて飛ぶ音は
元気過ぎ。那覇市内の便利なこの地域でも毎日この有様でした。Goko


雨が降れば

spyder.jpg
 
IMGP3758.JPG


拝啓 原秀樹徳島市長 様

colum92-0.jpg
 
 
梅雨入りしたとはいえ、雨あがりに浮かびあがる眉山の姿は
緑の濃淡がじつに美しく、さわやかに輝いています。
 
小さなころより眉山を見て育った私は、
どんなに遠くまで遊びに行っても、
眉山の姿さえ見られれば帰る方向が分かったものです。
 
 
たまに東京に出張しますが、
林立するビルの谷間から見えるのはまた別のビルばかり。
山の姿を望むことはできません。
 
都会での一日は、故郷よりうんと疲れます。
所在のなさ、といった不安定感がついてまわります。
徳島に帰り着き、吉野川を渡り、雲の下に横たわる眉山を見て、
やっと落ち着きを取りもどすのです。

 
 
さて、その眉山のことです。
 
 
徳島駅から阿波踊り会館へのシンボルロードは、
徳島らしさの象徴と言えるでしょう。
 
街のまん中を流れる新町川は、愛らしいスケールで人々を迎えてくれます。
そして正面にゆったりとそびえる眉山は、いつも優しく私たちを包み込んでくれます。
 
豊かな自然に囲まれ、その美しい姿を街のまん中で眺められるというのは、
ほんとうにありがたいことだと思います。
 
徳島に生まれてよかったと思える瞬間です。
 
 
その眉山の眺めが、
現在計画されている西新町の再開発で失われてしまうというのを知りました。
 
22階建の分譲住宅、じつに72メートルの高さの高層マンションが
計画されていると聞きます。
 
徳島市民の共有の財産であり、
徳島らしさの象徴である眉山の眺めをこわさなければできない再開発とは
どのようなものなのでしょう。
 
 
現在の西新町がけっしてよいとは思いません。
角にあるYビルの上のコカ・コーラの看板を、
むしろ私はいたいたしい気持ちで眺めております。
 
しかし、もし完成予想図のような高層マンションが建ってしまった時には、
取りもどしようのない喪失感に襲われるのではないでしょうか。
 
 
そのまちらしさを失うこと、
それは、そのまちに住み続ける理由を失うことでもあります。
 
計画の再考を切に望みます。
 
 
西新町開発 完成予想図.jpg
 
建築家 野口政司   2008年 6月10日(火) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


総会の後は

総会の後は.JPG

おいしい酒と料理、そして仲間たち。

こういうことがあるから、またがんばれます。


タルトが焼き上がり

080603_1319~0001.jpg

Nさんの料理の腕はすごい。
先日のリュバルブ(ルバーブ、大黄)がタルトになってかえってきました。
その美味しいこと!!

酸味はレモン以上とか、大層この野菜が気に入ったそうで、来年も育ててねですって。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.