ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



望郷のバラーデ

colum95.jpg
             高樹のぶ子 『百年の預言』  2000年 朝日新聞社 
 
 
 
「百メートルをマラソンのようにしか走れない男と、
 マラソンを百メートル競争のように全力疾走し、
 たちまち心肺が悲鳴をあげてしまう女」の恋愛。

髙樹のぶ子さんの小説『百年の預言』は、1980年代チャウシェスク政権の末期、
つまりルーマニア革命直前の東欧を舞台にくりひろげられる。
 
外交官・真賀木奏と美貌のヴァイオリニスト・走馬充子の恋の物語であり、
音楽小説ともスパイ小説とも呼べるだろうか。
 
 

物語の中で、通奏低音のように流れ続けているのは、
ルーマニアの秘曲といわれる『望郷のバラーデ』である。
 
この曲は、19世紀後半のルーマニア独立運動の先頭に立って音楽活動をし、
30歳の若さで亡くなったボルンベスクの作曲で、
ルーマニア人にとって特別な曲である。
 
 
そのボルンベスクが、『百年後の愛しい羊たちへ』と題した楽譜を残していて、
それが百年後のルーマニア革命を預言していたというのが、
この小説の主題となっている。
 
25年にも及ぶルーマニアのチャウシェスクによる独裁政治は、
セクリターテという秘密警察によって市民の日常生活の監視を行っていた。
盗聴はもちろん、家族、恋人、友人の間での密告・通報制度は、
人々を石のように押黙らせたのであった。
 
セクリターテから逃れ、
ボルンベスクの楽譜をもって亡命しようとするオーボエ奏者・センデスの逃避行は、
手に汗にぎるこの物語の前半の山場である。
 
 
実際に、この時代にルーマニアからヴァイオリン一つもって亡命した
私の知人のユリウ・ベルトークさんは、
徒歩と自転車で命からがら国境を越えたという。
 
ドイツの小さな町にたどり着き、辻でヴァイオリンを弾いて、
その日の糧を得る毎日だった。
 
その演奏が認められて、町の楽団に迎えられるのだが、
ベルトークさんは、今でも町の人たちの温かい心が忘れられないという。
 
 
明日27日、ドイツからベルトークさんら五人の音楽家を招いて、
大塚ヴェガホールで「ウルマー・カンマー・ソリステン2008」を開く。

原爆の非情さを表現したベルトークさん作曲の『ヒロシマ』、
そしてルーマニアの秘曲『望郷のバラーデ』。
百年の時間を越えて私たちの魂に響く音楽の魅力に
触れることができるのではないだろうか。
 
(コンサートは午後2時開演、詳しくは088-655-1616 野口建築事務所まで)
 
 
建築家 野口政司   2008年 7月26日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


光に満ちた田園風景

200807241109001.JPG

吉野川中流域に里山の家が完成しました。

どの窓からもこんな風景が広がります。

田園暮らし、うらやましいなぁ。


夏の演出はブルーに限る

200807191256000.JPG

7月19,20日は、里まちの家の見学会でした。

見た目に涼やかに感じる工夫をご紹介します。

200807191300000.JPG

籠に芭蕉布。
素材が涼風を呼んでくれます。

200807191254000.JPG

水周りに緑。
ちょっと遊んでみました。

風鈴やうちわなど、夏のしつらえの道具ははさがせばたくさんありました。

日本人は季節感を表現するのがとても上手なのです。


しぜんなカーテン

にがうり.JPG

みどりの光、みどりの風

思った以上に、涼しいのです。

ぶらさがったにがうりは収穫して

チャンプルーになりました。


追伸 原秀樹徳島市長様

NEC_2620.JPG
 
 
四国地方は梅雨が明けたようで、連日30度を越える暑さが続いています。
 
 
この7月3日に、市役所主催の新町西地区再開発の説明会が行われました。

夜7時から9時までの予定が、11時を過ぎるころまでかかり、
それも休憩なしだったので、ほんとうにくたくたになりました。
おそらく、質問に答え続けた市の担当者の疲労は
極限に達していたのではないでしょうか。

 
 
けれども、多くの人の意見を生の声で聞くのはなかなかいいものでした。
 
自らの存在をかけて、というと大げさですが、
思いをこめて語るその言葉には、心に響くものがありました。
 
  「このままではそごうが撤退して、徳島の中心市街地が消滅してしまう、
   何とかこの事業を起爆剤に」。
 
  「大切な眉山の景観が失われてしまうのはやりきれない」。
 
  「財政危機宣言をしている中で、このような大事業をして大丈夫なのか」。
 
 

しかし、いかにも残念だったのは、4時間にも及ぶ説明会の中心話題が、
あなたの不在についてであったことです。
 
  「市長は、市民の代表である議員の方々にちゃんと説明しましたので、
   今日の説明会には出席しません」。

市の担当者が同じ答えをくり返します。
 
 
原市長は、どこかの消防団の飲み会に行っている、
という情報が会場にもたらされると、
参加していた市民たちは深いタメ息をついたのでした。
 
「リーダー(あるじ)の不在」、私はなんともやりきれない気持ちでした。
 
 
今回の計画に対して様々な疑問や不安を抱く市民は数多くいます。
その人たちの考えを聞き、それをときほぐす。
西新町の再開発という大きなプロジェクトを行うことで、
これからの徳島をどうしようと考えているのか、
それを直接市民に語る最良の機会をあなたは自ら手放してしまったのです。
 
市民に対して直接語りかけることのできない市長を私たちはもってしまった。
 
市民はこう思ったかも知れません。
あなたは大きな選択ミスをしたのではないでしょうか。
 
 
説明会で、あなたのかわりに必死になって、事業の説明をし、
疑問に答えようとした市役所の職員の方々にも、
同じような思いが広まっていくのでは・・・。
 
思い過ごしでなければよいのですが。
 
 
Bizan 037.jpg

 
建築家 野口政司   2008年 7月10日(木) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より
 
 


業半ばにして・・・

07080008.jpg
 
 
コガタスズメバチの巣です!
女王蜂の嘆きが聞こえるようですが、
人間さまとしてはこうするしかないのです。
落とした瞬間ハタラキ蜂が十数匹、
激しく攻撃的に飛びました。
精悍なスズメバチの飛び姿目に焼きついています。
 
                     やさしい もも


洞爺湖サミットを果物から。。

080630_0924~0001.jpg

080628_0956~0001.jpg

日本列島の北と南からの季節の便りです。
野菜の自給自足を心掛けていると、温暖化の影響が我が家の畑でも
感じられます。

南北に長い日本の果物の主産地も、変化してくるのでしょうね。
洞爺湖サミットの行方が気になります。


鶴熊でも

IMG_1209ハンゲショウ・花房鶴熊.jpg
 
 
鶴熊でも ハンゲショウが開花しました。
 
夏至から11日目を半夏(はんげ)とよび、そのころ葉が白くなるので、
半夏生(はん げしょう)と呼ぶそうです。
                                    ソラ


真夏の昼下がりに

07030004.jpg


あげはちょう 紫ハ-ブの葉に羽を休めて 白昼夢??

酔芙蓉の葉は子育てに最適?
気がつけば葉っぱは穴だらけ
つまんでもつまんでも青虫だらけ

でも、この青虫があげはちょうになるのかどうか
誰か教えてください。
                        もも


夏の風物詩といえば・・・

のうぜんかずら.jpg
 
 
咲きほこるのうぜんかずらは夏の風物詩。
鮮やかなオレンジの色なのに不思議と涼を呼びますね。

平安初期編纂の「本草和名」にもすでに記されているとか。

のうぜんを大正の花とおもひけり   といううたもあるようです。

                               もも


炎天下の犬たち

080702_1404~0001.jpg

迷い猫だったももちゃん。避妊手術を受けさせられ今は庭を走り回っている。
猫は好きな居場所を選べる。

自転車で走り回っていると、気になったのは、炎天下での犬の過ごし方です。

まずは陰のない庭に置かれた犬小屋。次は葦簾を西側に張り、さらにニガウリの棚で覆っている。
山道にさしかかったところでは、犬を木陰に移動させ、そこでは涼しい風が流れていた。
バス通りに面したところでは、犬小屋をちょっと高床式にし、前にすのこを敷いている。

飼い主の心遣いが、いろんな形であらわれている。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.