ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



一粒の漆黒のタネ

080826_0954~0002.jpg

自然生えの鶏頭。この夏の酷暑の中、水は天からもらい水のみ。
もちろん施肥などなし、場所は庭の通路、なのにこの逞しさ。

ゴマより小さい漆黒の一粒のこぼれタネよりよく育ったものです。

高齢で出歩くことがなくなった母の部屋の前では、
四季折々の自然生えの花がのびのび育ちます。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.