ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



目神山の家

目神山の家.jpg
 
 
あぜ道に咲く曼珠沙華が秋の訪れを告げている。
 
早いもので、このコラムも書き始めて4年になる。
時折、旧知の方から「ぞめき」読みましたよ、と手紙をいただいたりする。
とてもうれしいものである。
 
より多くの方の目に触れるようにと、主宰している建築アトリエ、
そして仲間と共に立ち上げたNPO里山の風景をつくる会のホームページにも
転載させてもらっている。
 
さて、そのホームページの「ぞめき」を読んだ西宮市の
甲陽園に住むMさんからメールが届いた。
  「突然のメールで失礼します、
   今年4月22日の『回帰草庵』を読み、感激しました云々」
とつづられている。
 
 
Mさんは、昨年亡くなられた建築家石井修さんの自邸である
『回帰草庵』(目神山の家1)を見学する機会があり、
その素晴らしさに心を打たれたという。

そして半年後に、石井さんの一連の住宅のうち、
「目神山の家7」が新しい持主を探していることを知り、
即断で購入を決めたのだそうだ。
 
そのメールには、
回帰草庵の隣に立つ「目神山の家2」の見学会が近々開かれること、
そして自身の「目神山の家7」も修復中であるが、よければ内部を見てもらってもいい
と書き添えてあった。私は迷わず、ぜひお願いしたいですと返信したのであった。

 
 
この9月15日、Mさんの案内で、涼しい風が吹きわたる目神山を歩いた。
その日は石井修さんの弟子や孫弟子の建築家たち、
そして大工や職人さんたちが三三五五集まり、
小さなグループとなって石井修さんの住宅を巡ったのであった。
 
Mさんの修復している「目神山の家7」は、
空中に浮かぶ回帰草庵という感じであった。
 
石のトンネルを抜け、階段を上がって見返すと
そこには建築家石井修の世界があった。
太い杉丸太の柱で支えられた空間に、手作りの薪ストーブがしつらえてあり、
大きなコーナー窓から山と木々の緑が眺められる。
 
石井さんの住宅作品の中でも三つの指に入る名作だと思った。
 
 
石井修さんの建築に魅せられ、
その家を修復して次世代に伝えようとしているMさん。
修復が終わっても、希望される人には中を見せていただけるとのことである。
 
“建築家の幸せ”ということを考えながら、至福の一日を過ごしたのであった。


建築家 野口政司   2008年 9月27日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


榧(カヤ)のまな板

080925_1728~0001.jpg

時々行く魚屋さんのまな板を紹介します。
材質は榧(カヤ)だそうです。

いくつか持っていて、削りながら30年使っているものは
10センチほどの厚さになっているそうです。

広辞苑から引用すると、イチイ科、幹の高さ20メートル、
周囲3メートルの常緑高木で、
材は堅くて碁盤などにつかわれる。

この上で、魚をさばく様子を見るのはたのしい。


風船かずらの淡い恋

080925_0634~0002.jpg

080925_0648~0002.jpg

”あなたいつから咲いているの”とルコー草が風船かずらにたずねている。
”フーン、8月のはじめころかな?、種だってたくさんできているだろう。ぼくの自慢はね、
種がパンダ似てるんだ!でも君ってほんとうに可愛いね。
星形の赤いビロードのような君のそばにいると一日中しあわせだ。”


栗おこわ

080923_0623~0001.jpg

先日、那賀郡の里山より栗の便りが届きました。
つやつやしたクリ坊は可愛いです。

栗おこわ用に剥いて冷凍し、
20ばかりは湯がいて半分に切り、スプーンで食べました。

今朝蒸かしました。家人の出勤に間に合いました。


丘にも秋が

080918_0856~0001.jpg

080918_0858~0001.jpg

丘に上がると、クサギが白い花をつけていました。
葉を揉むと臭いにおいがします。
萼(ガク)は赤紫ですが、白い花は結構優雅です。

横にはノブドウが色づき始めていました。

里山散策に出かけませんか。


里山近くの生姜畑

080917_1555~0001.jpg

080917_1556~0001.jpg

この夏の猛暑で、少雨の中、生姜の生育がすこぶる良い。
土地の選定がよかったのだと思う。

南には高い生垣がある。
西には道路を挟み、寺と裏山がある。
どうも水脈がこちらに流れているようで、家は湿気て困る。

でも生姜には最適の土地だったよう。
里山の功○?


新しい社会のつくりかた

戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会のつくり方.jpg
                       田中優  2005.07 合同出版
    『戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会のつくり方』
 
 
また9.11が巡ってくる。
 
WTCビルが炎上する光景を現場で見たミュージシャンの坂本龍一さんは、
その年のうちに世界中の人たちのメッセージを集めて本をつくった。
 
『非戦』と名付けられたその本には、
アメリカ議会でブッシュ大統領の武力行使にただ一人反対した
バーバラ・リー議員の演説や
マーティン・ルーサー・キング牧師の「暴力の究極の弱点は
破壊しようとする当のものを生み出してしまう悪循環でしかないことだ」
という文章などが載せられている。
 
日本人では、アフガニスタンへの米軍による空爆で
「邦人退去勧告」が出され、退去を余儀なくされた
ペシャワール会の中村哲さんの「私たちは帰ってきます」という文章、
そしてテロを廃絶するためには、
テロを生み出すその背景を見なければならないと主張する
田中優さんの「忘れてはいけない」などが載せられている。
 

 
その田中優さんの講演会がこの六日、徳島市内であった。
私も参加している「地球温暖化を考える―市民アクション2008―徳島」が主催した
『田中優が語る「地球温暖化を食い止める新しい社会のつくり方」』という催しである。
 
“日本のゴア”と呼ばれる田中優さんは、
ストップ温暖化はこの十年が勝負と定年を十年残し、
この春公務員を辞め、全国を駆け巡っている。
 
日本の郵貯や大手銀行のお金が、
市民の意思とは無関係にアメリカの戦争の資金につかわれていることを指摘し、
お金に意思をもたせることの大切さを強調する。
 
環境や平和活動に取り組むNPOやNGOなどに
優先的に融資する未来バンク事業組合を手がける一方、
坂本龍一さんやMr.チルドレンの桜井和寿さんが設立した
ap bankの応援もしている。
 
 
田中さんのやり方は独特だ。
直接政治活動をするのが“タテ”、市民活動を“ヨコ”とした場合、
これまでとは全く別な仕組みを考え、
現実に新たなモデルをつくる方法を“ナナメ”と考え、
いろんな可能性を求めていくのだ。
 
例えば、市民バンク以外にも、自然素材による“天然住宅の家”を手がけたり、
木材の有効利用のためにペレットストーブを紹介したりしている。
 
そして石油エネルギーから自然エネルギーに切り替わることで、
各地の小さな単位が自立し、
社会のシステムが根本的に変わっていくことを思い描いている。
 
 
私たちにもできることがいっぱいあるんだ。
会場を埋めた人たちの目が輝いていたのが印象的である。
 
忘れられない講演会となった。
 
 
      非戦.jpg
           坂本龍一 『非戦』  2001.12.20 幻冬舎

建築家 野口政司   2008年 9月10日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


萩の水上げ

080905_0819~0001.jpg
 ある会場の花を担当することになった。
季節の花で自宅にあるものといえば、萩と大タデだ。
ピンクの小花をいっぱいつけた萩が通路をふたいでいる。

双方水あげが悪いのは知っていたが、なんとか
使いたいと昨日から人を巻き込んで、いい方法を探している。

植物によれば、熱湯につける、切り口を塩でもむ、または叩いて裂く、
焼くなど。

明日の萩は、叩いて裂くというやり方を採ろうと思っている。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.