ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



ワンドの生物

081016_1655~0002.jpg

081016_1656~0001.jpg

花材を見つけに園瀬川べりの荒地にいったところ、濃厚な花の香りがする。
ナワシログミが白い小花を無数につけていた。
このグミは秋に花をつけ、苗代時期に実をつける。

ここは本流から入った湾状の場所、ワンドです。
環状道路のため干潟をかなり削られ、希少生物が水底に沈みました。

そこでかつて見られた貝を奥まったところで見つけた!!
ヒロクチカノコガイ、フトヘナタリ、カワザンショウガイです。
もちろんカニも数種が無数にいる。
園瀬川では希少生物が元気に生活している。

メガネケースの裏地に数十秒座ってもらいました。
びっくりさせてごめん。元気でね。繁殖してね。 


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.