ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



T君の死

 
 
GOOD BY MY FRIEND.jpg
 
 
徳島県の都市計画課長を務めていたT君が自死した。
新町西地区再開発をめぐる県市の対立の板挟みになり、
悩んでいたのではと報道されている。
 
 
T君とは、高校の同級生であった。
成績優秀で知られたT君は、東大に現役合格し、
やがて工学部の建築学科へと進んだ。
東大卒業後は、民間の会社勤務のあと徳島県庁に入り、
主に住宅行政と都市計画の分野で仕事をしていた。
 
T君と同じころ徳島に帰ってきた私は、
県庁で会ったときなどに立ち話をするぐらいで、
それほど親しいわけではなかった。
ただ同い年であり、共に建築学科で学んだこともあり、
T君の仕事ぶりを見ながら、自分も同じ可能性を生きていたと言えるだろうか。
 
つまり、私自身は建築事務所を主宰し、民間人としてやってきたが、
もし立場が違っていたらT君と同様の歩みをしていたのではと思うのである。
そういう意味で、今回のT君の自死は、全くの人ごととは思えないのである。
 

 
 
T君との数少ない思い出の中で、忘れられない場面がある。
 
建築学会か何かの講演会の打ち上げで、いっしょに食事をし酒を飲んだ。
T君はその頃係長で、その講演会のお世話役であった。
上司の課長も同席していて、その人はT君の東大の建築学科の後輩で、
建設省からの出向であった。
 
お酒が入ったところでざっくばらんな会話となった。
大学の後輩で、まだ30歳そこそこの若い課長に対して、
T君が先輩として忠告めいたことを言った。
すると課長はこう返した。
「あなたとは、大学は同じですが、歩んでいるコースが残念ながら違うんです」と。
そのあと、T君は急速に酩酊していったのであった。
 
 
 
10月25日の徳島新聞の「記者手帳」でT君のことが書かれている。
ある徳島市の幹部の話として、
「都市計画法上は、市の言い分は合っています」というT君に対して、
「あなたが今いる場所は、どこですか」と知事が返したというのだ。
知事はT君の東大の後輩である。
 
 
法律上の判断と政治的判断は必ずしも一致しないと私は思う。
そして一致しない二つの数式からなる連立方程式の答は、
そう簡単に出せるものではない。
 
その方程式を解く方法は、彼が選んだ自死以外にもあったのではと思うのだが・・・。
 
 
 
建築家 野口政司   2008年 10月29日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.