ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



エコタウン徳島 ― 『食べる』

 
 
 
『古事記』にイザナギ、イザナミが国産みをする場面がある。
始めに生まれるのがオノコロ島(淡路島)で、次に四国が生まれる。
 
 
四国は「身一つにして面(顔)四つあり」の姿で、
それぞれに男女の名がつけられた。
 
讃岐は男性で飯依比古(いいよりひこ)、
阿波は女性で大宜都比売(おほげつひめ)と呼ばれた。
大宜(おほげ)は大食(おほけ)で食べものが豊かな国という意味である。
土佐は建依別(たけよりわけ) ― 雄々しい男という名であり、
伊予は愛比売(えひめ)で、いい女という意味で、現在の県名になっている。
 
何となく四国四県の性格があらわれているようで、
神話とはいえなるほどと思うのである。
 
 
大宜都比売は五穀の神様であり、現在も神山の一ノ宮大粟神社に祭られている。
讃岐の飯依比古は、その食べもの(五穀)にたよるのであり、
讃岐男に阿波女の神話版といえようか。
 
おそらく、阿波の国は温暖で雨も多く、
古代より食物の生育に恵まれた土地であったのだろう。
 

 
 
 
さて、先日「エコタウン徳島をめざして」という連続ワークショップが開かれた。
第1回目が『食べる』で、
この後『住まう』、『動く』、『平和(いき)る』と四つのテーマを巡っていく。
気候変動による地球環境の悪化を防ぐための方策をさぐるワークショップで、
「地球温暖化を考える ― 市民アクション2008― 徳島」による集まりであった。
 
豊かな環境に恵まれた私たちの住む徳島を、
石油エネルギーに頼らない自立した町『エコタウン徳島』として、
これからの社会のモデルにしていこう、というのがそもそもの発想である。
 
 
ワークショップの中で、参加者から様々な意見、イメージが出された。
  ・市民(家庭)菜園をつくり生ゴミを堆肥に。
  ・早く家に帰り家族で食事を。
  ・親子で台所に立ち食文化を大切にした食育を。
  ・コンビニ、ファストフードの店に頼らない町に。
  ・ニートの子たちに農作業を体験してもらおう。
などの具体的な提案がなされた。
 
 
とっておきの意見は、即実行可能であるが、
(私にとっては)なかなか難しいユニークなものであった。
それは『腹八分目』というキーワードであった。
 
大宜都比売も苦笑いしているのではないだろうか。
 
 
建築家 野口政司   2008年 12月4日(木) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より
 


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.