ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



からさお(カリサオ、カルサオ)

090116_1036~0002.jpg

博物館での阿波の脱穀用具”からさお”展をみてきました。
50年前にタイムスリップすると、大豆、小麦、大麦などの脱穀を
これを使って手伝った記憶がある。

長い柄を両手持ち、体をそらしながらモウソウチク(鉄、木の棒)でできた回転部を頭上で
回しその勢いで地面に広げた大豆に打ちつける。
根気よくこの動作を繰り返すと、豆が転げだす。

ヨコツチも展示されていた。小さな藁束を左手で持ち、台木の上に寝かせ右手に持った小さなツチで打つ時回転させる。藁をやわらかくしたり、細工するために不必要な部分を除くためにします。俵を編んで小銭を貯め孫の支援をしてくれた祖母の姿が思い出された。

農道具一つでさえ各家の季節感ある歴史を、人々の心に刻み込んでいる。 Goko



▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.