ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



ナズナ、シロイヌナズナなど

090123_1602~0001.jpg

"a sand county almanac " Aldo Leopold 著 に出てくる ”draba "を
調べていたら面白いことがでてきた。
これはおなじみのナズナです。drabaはイヌナズナで畦みちで見かける
黄色の花をつけるもの。実はシロイヌナズナは染色体数が少ないことから
遺伝子解析がなされ、植物では初めて全塩基配列が解明され、
植物の不思議な世界の解明に重要な役割をはたしているそうです。

また20数年前、通学路に小さな小さな小川が流れ、春にはピンクのレンゲと
一緒にナズナによく似た白い小花をつけた大株の植物が水面に垂れており、
自分ではナズナと思い込んでいたが、実は タネツケバナであることが解りました。
ももさんも幼稚園の送迎に通ったところです。今は車道に。。  Goko


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.