ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



モーターサイクル・ダイアリーズ

モーターサイクル・ダイアリーズ DVD.jpg
 
 
「川が見えるだろ。この川は患者たちを閉じこめているんだ。」
 
パーティを抜け出したエルネストは川に飛びこんだ。
めざす向こう岸にはハンセン病者たちの村があった・・・。

 
 
若きアルゼンチン人の医学生エルネストと親友のグラナドスは、
中古のオートバイに乗って南米大陸を旅行する。
旅の途中出会った多様な人たちの生活、そして社会の矛盾は、
青年たちの人生を大きく変えることになる。
 
映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』は、キューバ革命を成功に導き、
その後ボリビアの山中でゲリラ戦を指揮していて、
CIAの工作により殺されたエルネスト・チェ・ゲバラの若き日の姿を描いている。
ゲバラ自身の『モーターサイクル南米旅行日記』が原作で、
ロバート・レッドフォードが思いをこめて製作総指揮をしたものだ。
 
 
チェ・ゲバラが殺されたのは、1967年10月9日。
永久革命家として名を残すことになるのだが、
このときゲバラ39歳、世界中が騒然としていた時代であった。
 
中国では文化大革命の嵐が吹き荒れ、
ベトナム反戦運動が広がった米国では、
フラワーチルドレンがペンタゴンの憲兵隊の銃口に花をさした。
パリでは学生たちの5月革命が全国規模のゼネストに発展。
そして、日本では全国の大学がバリケード封鎖され、
東大安田講堂の攻防戦へと続いていった。
 
「世界に第二、第三のベトナムを」とキューバを離れ、
世界各地を転戦したゲバラであったが、
ついにベトナムの勝利(1975年)を見ることはできなかった。
 
1959年、キューバの代表として日本を訪れた。
翌日のスケジュールが決まっていたにもかかわらず、
ゲバラは大阪のホテルを秘かに抜け出した。
夜行列車で広島の原爆記念公園を訪ね、慰霊碑に献花をしている。
そして「日本人はこんなひどい目にあわされているのに、
どうしてアメリカの原爆投下の責任を問わないんだ」と憤ったという。
 
 
ゲバラはぜんそく持ちでもあった。
2歳の時にぜんそくの発作をおこし、一生を通じて彼を苦しませるのだが、
それでもラグビーが大好きな青年であった。
試合中に発作を起こしても酸素吸入をし、またグランドに戻ったという。
 
サルトルから「20世紀で最も完璧な人間」と呼ばれ、
「世界で一番かっこいい男」とジョン・レノンに言われたチェ・ゲバラ。
もうこんな男は現れないのかもしれない。
 
久しぶりにラグビーボールをけってみたくなった。
 
 
 
建築家 野口政司   2009年 2月 9日(月) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.