ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



オノコロ島のあの名庭は

 
お待たせいたしました。 淡路島の名庭、その後です。
春一番が吹き荒れる中、里山の設計スタッフを待っていたのは・・・
 
IMGP5710.jpg
 
IMGP5719.jpg

明治六年竣工の立派な母屋と、
淡路の名庭に指定されているお庭との響き合い。
 
外壁廻りは、シックイを塗りなおす準備をしています。
瓦もできるだけ新しい物に取り替えずに、古い良い味の出た瓦を再利用しています。
 
 
住まい手が改修という方法を選んだことで、
またひとつの家が次の世代へ引き継がれます。
 
伝統的の良さを残しつつ、
現代の住まいかたに合う改修の事例になるのではないでしょうか。
 
 
IMGP5722.jpg
 
ここは居間になる予定の部屋です。
大きな窓を設け、四季折々のお庭を楽しめられるようにしました。
先ほどの梅も良く見えるので、
きっと訪れた方は、足を止めて見入ってしまうでしょう。
 
3月竣工の予定。 気合が入ってます。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.