ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



幻のピアノ

steingraeber.jpg
 
 
 
フィレンツェのクリストフォリがピアノの原型を生み出してもうすぐ300年。
ピアノはなくてはならない楽器となり、人の心をとらえて離さない。
 
現在、世界の音楽ホールで開かれるコンサートで、
使用されるピアノの90%がスタインウェイだという。
1000人を超えるような大ホールでは、
きらびやかな音でよく響くスタインウェイが好まれているのだろう。

 
 
スタインウェイと並んで、名器として名高いのがベーゼンドルファーとベヒシュタイン。
それぞれオーストリアとドイツのピアノである。
 
ベーゼンドルファーは、ウィーンの古き良き時代を今に伝えるサロンコンサートピアノで、
低音のよく響くその深い味わいは本当に魅力的だ。
徳島では文理大学のむらさきホールと羽ノ浦町のコスモホールで聴くことができる。
 
ベヒシュタインは、印象派のドビュッシーの曲がよく似合うピアノで、
澄んだ高音の鈴のような美しさが特徴である。
フジコ・ヘミングさんが愛用していることでも知られる。
 
 
世界三大ピアノと呼ばれる三つのピアノ。
それらより優れたものを、とピアノ発祥の地イタリアで近年造られるようになったのが
ファツィオーリである。
ピアノのフェラーリとも呼ばれていて、
その美しい姿かたちと匂いたつような音色は息を飲む程である。
 
それらに並ぶのが、ドイツバイロイトのシュタイングレーバーである。
月に十数台程しか造られていないので日本にもほんの少ししか入ってこない。
しかし国際的なピアノのコンテストで、
他の著名なピアノを差しおいて何度も優勝しているのである。
伝統的なピアノの魅力を残しながら、明るくさわやかなその響きはとても印象的である。
 
このピアノを日本に輸入しているヨシカワピアノカンパニーの吉川社長は、
ドイツでシュタイングレーバーに出会った時のことを次のように振り返る。
 
ウド・シュミット五代目当主から、
「このピアノの素晴らしさに気がつく日本人はどんな人かと思っていましたが、
あなたがその人だったのですね」と。
 
以来20年以上にわたってシュタイングレーバーを日本に紹介してきた。
しかし、今年の1月、急な病により吉川さんは60歳で亡くなってしまった。
主を失い店も3月末で閉じられた。
 
手造りの良さを生かして、身体障害者用ピアノやアレルギー患者のために
医師が認めた部材だけで組みたてたりと、
人を大切にしたピアノ造りで知られるシュタイングレーバー。
 
“幻のピアノ”として日本になじみのないまま、
忘れられてしまうとしたら本当に惜しい。
 
 
 
建築家 野口政司   2009年 4月 27日(月) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


素敵なテラス

090425_0823~0002.jpg

もう一つ見てください。
朽ちかけていたテラスも新しくなりました。
同じく下はコンクリートを打ち、防虫対策された桧が
張られました。
上がり段もつけてくれ、上がり下りが楽になりました。

短い期間でしたが、いろんな職種の人が精一杯働いて
気持ちのいい小屋に再生してくださいました。
感謝をしております。

横の通りは小、中、高校生の通学路です。
しかも散歩道です。
これで気持ちよく通ってもらえます。
                      Goko


防湿対策完了!!

090425_0808~0001.jpg

090425_0803~0001.jpg

床下の防湿対策も済み、きょうは雨です。
カラマツが張られました。
何もない部屋は広く感じられ、窓外の緑を見ながら
淹れたてたてのコーヒーを飲むのは至福です。

外壁も塗り、屋根瓦は洗浄後赤系統の色に塗り替え
て若返りです。ドアも同色で。
内垣の萌えいでた紅カナメモチとくしくもよく似た色で、
喜びも倍増です。

美装屋さんが部屋全体、窓、網戸まできれいにしてくれ
ました。

NPO里山の風景をつくる会のコーディネートで、
この家も家族も若返りました。
ありがとうございました。    Goko



モデルハウス「里まちの家」1周年オープンハウス

みなさん、こんにちは。
 
モデルハウス「里まちの家」が今月で1周年を迎えました。
お祝いに、4月18日、朝から夜まで様々なイベントを用意したオープンハウスを行いました。
とても素敵なイベントだったので、皆さんにもその様子をおすそわけします。
 

里山の風景をつくる会には腕自慢がたくさんいます。
 
今回のテーマは「春の装い」。
「里まちの家」を大崎先生のお庭の花で、あざやかに飾っていただきました。
(写真をクリックすると、大きくなります)
 
DSC_0153.jpg
 牡丹 と こでまり
器 高橋 和三郎 作 青石粉青瓷花瓶

DSC_0171.jpg
 可憐な佇まいのしゃが
器 高橋 和三郎 作 天目釉花瓶
DSC_0158.jpg
 やまぶき、しろやまぶき、矢車草の見事な共演
器 高橋 和三郎 作 鉄釉花瓶
DSC_0214.jpg
 (最後まで名前のわからなかった花・・・)
器 高橋 和三郎 作 貫入青瓷花瓶
 
 
つづいて、目にも楽しいお手製スイーツを用意してくださったのは、
クリスマスディナーでもおなじみのミドリーヌ先生です。
 
DSC_0136.jpg
 
DSC_0183.jpg
 
どれも本当に絶品です。
訪れた方は、どのケーキにしたらいいか、なかなか決められません。。。
1日に5個食したツワモノおじさんもいました(!)
 
DSC_0212.jpg
 
最後の腕自慢はこちらのお兄さんです。
彼が何をしているのか・・・分かりますか?
 
源流木’sの積み木で、なんと70段積み上げるという偉業を達せられました!
現在、挑戦者募集ということです。 みんな、がんばろう。
 
 
DSC_0164.jpg
 
ロフトにしつらえられたミニシアターでは、
1日かけて各国のアカデミー受賞短編アニメーション映画を上映しました。
まるで絵本の世界が繰り広げられるようで、大人から子どもまで大好評。
本当に良かったので、次のオープンハウスでも企画中です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
さて、「里まちの家」オープンから季節が一巡りしました。
その間に、たくさんの方が「里まちの家」を訪ねられました。
住宅に興味のある方はもちろん、
住まいかたから、環境、街づくりや風景までの幅広いテーマを扱う里山セミナーに
関心を持つ方々が、楽しく充実した時間を過ごしていきます。
 
この家は、期間限定のモデルハウス。 あと2年間だけ皆さんにご覧いただけます。
たくさんのヒントが詰まった「里まちの家」。 ぜひ一度、お越し下さいませ。
 
 
■次回のオープンハウス  5月16日(土)を予定しております。
                (※ 詳細はまたお知らせいたします。)


ルバーブの花

090405_1615~0002.jpg

090417_1534~0002.jpg

Rhubarb(ルバーブ、食用大黄)につぼみがついたと思ったら
2週間後には白い花がつきました。
10月頃まで収穫できるそうです。

お菓子作りの上手なNさんが、これでジャム、タルトをつくってくれ
ます。                      Goko


防湿対策中

090416_1733~0001.jpg

090416_1736~0001.jpg

改修中の家に入ると縁の下からカビ臭い匂いが湧きたつ。
山に近いため湿気が多く、フローリングのあちこちがポコポコ
しはじめた。

地面に防湿フィルムを敷き、コンクリートを流し、断熱材を入れ
カラマツを張ることにしました。
新築から17年目です。
元教室で、ここで生活していないのも問題ですね。
                      Goko


ミツバチ激減

090411_1808~0001.jpg

ミツバチの数が激減し、受粉を手作業でしなくてはならなくなったと
いうことで、大問題ですね。

原因がいくつが挙げられていましたが、世の中確実に生物が生きにくい方向に
進んでいることが、目に見えて現われてきましたね。

樋の高さまで伸びたブルーベリー、花はたくさんつけています。
結実はどうなるでしょうか。    Goko


フレッシュな食材

090410_1859~0001.jpg

090410_1941~0001.jpg

祖母や母のよく作ってくれた、分葱(わけぎ)のぬたを、
きょうはいただきものの シオフキガイのむき身を入れて
つくります。

筍がちょうど届きました。
さっそく鰹節の香りが台所にたちました。
自然に感謝、感謝です。   Goko



満開の桜の下で

DSC_0047.jpg
 
 
 
四月は出発の季節である。入学式、そして入社式。
満開の桜の下、新しいスタートの場についた人も多いのではないだろうか。
 
運よく希望どうりの場所に立つことのできた人、
又志とは異なるがまずまずのスタートを切った人。
逆に志に殉じて雌伏を決めた人。
様々な決心が桜の花といっしょに舞い乱れる。

 
 
さて私の好きな藤沢周平さんの小説には、
仕官を求めて旅を続ける武士の話がよく出てくる。
『竹光始末』や『証拠人』などの一連の士道小説がそれである。
 
「周旋状」や「高名の覚え」をもって召抱えの募集をしている藩を巡る姿は、
履歴書や成績証明書を手に会社訪問をする現代の求職活動と重なって見える。
 
空前の不景気にみまわれ、
入社式の前日に半年間の自宅待機を求められたり、
ひどい場合には入社を取り消されたりする話もよく聞く。
つい一年前の売り手市場の就職状況がうそのようである。
 
 
藤沢周平さんの小説ではもっと苛酷である。
『竹光始末』の小黒丹十郎は、3年と5年の二度にわたる浪人生活を送っている。
妻と娘二人をかかえての仕官の旅である。
『証拠人』の主人公である佐分利七内の場合は一人身であったが、
なんと23年にもわたる流浪の年月を重ねている。
 
どちらの物語も思わぬ試練が待ちうけていて、
主人公たちは翻弄されながらもそれに立ち向かっていく。
二つの物語の結末は全く異なるものであるが、
共に通い合うのは、悲運にめげることのない主人公たちのけなげな生き方であり、
そして所々で出会う人たちの示す「人の情」である。
 
こんな人たちの住む世の中であればなんとか生きていける。
けっして今の日本ほど豊かではない。
むしろ「質素の美」というものを感じさせる藤沢周平の物語世界であるが・・・。
 
「セーフティネット」という言葉など無かった時代の方が
生きやすく感じられるのはなぜだろう。
『竹光始末』の最後の四行にその全てがこもっているのではないだろうか。
 
満開の桜がライトアップされ、
その中に浮かび上がる清水寺の舞台を見上げながら、
そんなことを考えていた。
 
 
建築家 野口政司   2009年 4月 10日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


お祭りなのよ

IMGP6021.JPG
 
 
のんびり休日のお昼に
遊山箱をもって、お花見 行ってきました。
 
見上げると、空が桜のはなびらでいっぱい。
人も桜も夢ごこちです。
 
これ、ぜんぶ徳島のさくらです。 どこかわかる人、いますか?
 
                                   コトノハ

 
IMGP5993.JPG
 
IMGP6033.JPG
 
 
(↑クリックすると写真が大きくなります。)


いちごの季節

200904040848000.jpg

春の光を浴びてつやつやといちごが実りました。

ふぞろいで甘酸っぱく、ぷちぷちと種がいっぱい。

路地で育ったせいか、ちょっと野性的です。 (こん)


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.