ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



ぞめき

colum114 ぞめき.jpg
 
 
 
コラム「ぞめき」を書き始めて5年になる。
2004年6月1日にスタートしたので、明日が日曜で夕刊がお休みということもあり、
今日5月30日が丸5年の最後にお届けするコラムとなる。
 
「ぞめき」は13人の筆者が順番に書いている。
つまり、各筆者が月2回のペースで執筆しているので、
年24回として5年間に120編のコラムを書いてきたことになる。
 

 
切り抜いてある自分のコラムを読み返してみた。
2004年6月8日の最初のコラム『関白宣言』は
さだまさしさんの歌と地震対策をからませて、
同7月8日の『船中八策』は坂本龍馬と公開討論会のことを、
そして2005年1月21日の『徳島は静かに燃えた』では
吉野川の住民投票とその後の展開について書いている。
ヒトラーの焦土作戦と建築家シュペーアのことを書いた
『美しい町』(2005年12月19日)や建築家吉田鉄郎と東京中央郵便局をテーマにした
『古い手紙』(2007年12月12日)などは思い出深いコラムである。
その時々に考え、行動していたことを中心に文章にしたものである。
 
これらのコラムを自分自身の建築アトリエと
NPO里山の風景をつくる会のホームページに転載させてもらっている。
それを見かけた方や、直接夕刊で読んだ方から感想や激励のお便りをいただく。
「ぞめき」を書いていてよかったなと思える瞬間である。
 
 
 
さて、この5年間いっしょに書いてきたペンネーム<杉>さんと<饗>さんらが
この5月で「ぞめき」を卒業されることになった。
彼らの熱心な読者でもあった私には少し寂しい気持ちである。
おふたりのコラムのいくつかが頭をよぎる。
感動して切抜いたコラムも引出しの中にしまっている。
おふたりとも、充分に書ききっての卒業であると思うことにしたい。
私の方はまだまだ不充分ということで、もう一年続けさせていただくことになった。
 
6月から新しく三人の筆者が加わる。
どの方もそれぞれの分野で活躍されている人たちなので、
どのような新鮮な文章を読ませていただけるのかとても楽しみである。
 
これからも「ぞめき」のご愛読をよろしく。
 
 
 
建築家 野口政司   2009年 5月 30日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


源流キッズの積み木でつくったよ!

PA0_0001.JPG
今日は里まちの家のオープンハウスでした。

おとうさん、おかあさんがお話している間に
子どもたちがつくってくれました。

動物園だって。

こんな動物園があったら行ってみたいね。


つみきのいえ

つみきのいえ.jpg
 
 
 
水面がだんだん高くなって、ある朝目覚めるとベッドの足が水に浸かっていた。
老人はその家の屋根の上にレンガを積んでもうひとつ家をつくろうとする。
ちょうどつみきを積み重ねるように・・・。
 
 
アニメーション作家、加藤久仁生さんの『つみきのいえ』は、
地球温暖化を招いた人間の愚かさへのいましめのようでもある。
しかしそんな環境の中でも生き続けようする人への温かいまなざしが感じられ、
とても印象的な作品である。
アカデミー賞短編アニメ賞やフランスの国際アニメーション映画祭の最高賞など
数多くの受賞に輝いたのもうなずける。
 
人は思い出の上に生きている。
思い出をひとつひとつ積み重ねていくのが人生であり、
その思い出といっしょに住むことができるのがほんとうの家ではないだろうか。
そんなメッセージを私は『つみきのいえ』から受け取ったのであった。
 

 
さて、私は建築の設計をしているので、
依頼者の人生の大事な場面に立ち合い、そのお手伝いをすることが多い。
例えば、新婚夫妻の新居を設計したり、
子育てを終え定年退職した夫婦のための家づくりを手伝ったりといったふうである。
 
 
つい最近にも、淡路島の古民家の再生の仕事を手がけた。
明治初期に建てられたその家の母屋は、阪神大震災で少し傷んではいたが、
それでもしっかりとしたものであった。
 
江戸中期に造られた庭があり、座敷から眺められる。
その庭を毎日手入れしているおばあちゃん、
その家を守り住み続けようとする建主ご夫妻、
そしてそれを受け継いでいこうと決心された子どもさんたち、
みんなの思いが重なってその家が再生されることになった。
 
日本の民家は、一般的にお客さんを中心に建てられていることが多い。
北側の台所と食堂に天窓から光を落とし、
お客さん用の座敷からしか見えなかった庭を
居間や茶ノ間からも眺められるように改修した。
そしてそれまでつかわれていなかった天井裏は、
子どもさんのシアタールームに生まれかわった。
 
 
築140年の民家がこのようにして再生され、新しいスタートをきった。
建築家としての役割はひと区切りついたが、
この家はこれからも長く住み継がれていくことであろう。
 
人は生きているかぎり家をつくりつづける。思い出をひとつひとつ積み重ねながら。
 
 
 
建築家 野口政司   2009年 5月 15日(金) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


建築家 石井修さんの「目神山の家7」を見学して

 
5月の連休、住まい手Mさんから「修復がほぼ終わりましたので、どうぞ」と
お誘いをいただき、西宮まで出かけてきました。

家の外観はほとんど見えないけれど、
木々のむこうに人の住まう気配が感じられる目神山12番坂。
家々は新緑に溶け込んで・・・


DSC_0229.jpg

 
DSC_0022.jpg
 
DSC_0002.jpg
 
DSC_0100.jpg
 
DSC_0244.jpg
 
DSC_0223.jpg

一時は解体の計画が上がっていたそうですが、
京都に長く暮らし古都の伝統を受け継いだMさんは、
石井修さんの遺したこの住宅を次の世代に伝えていく役割を果たしたいと思い
購入を決意されたそうです。

極力部材を残そうとした大工の技、自然と家の共生を求めた建築家の思想、
そして家の再生を選ぶ住まい手の心意気。
モザイクのように人から人へ委ねられて、古きよきものは生き続けるのですね。


Mさん、すてきな機会をつくっていただきありがとうございました。
 
 
DSC_0234.jpg
 
(建築家石井修さんとその作品について詳しくは、
里山エッセイ2008年4月「回帰草庵」、同9月「目神山の家」をご覧下さい)


タツナミソウ

090429_0816~0001.jpg


090429_0817~0001.jpg

植物のネーミングにいつも感心させられますが、
この植物タツナミソウもその一つです。

庭のあちこちに波がしらが立っています。
                 Goko


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.