ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



建築家 石井修さんの「目神山の家7」を見学して

 
5月の連休、住まい手Mさんから「修復がほぼ終わりましたので、どうぞ」と
お誘いをいただき、西宮まで出かけてきました。

家の外観はほとんど見えないけれど、
木々のむこうに人の住まう気配が感じられる目神山12番坂。
家々は新緑に溶け込んで・・・


DSC_0229.jpg

 
DSC_0022.jpg
 
DSC_0002.jpg
 
DSC_0100.jpg
 
DSC_0244.jpg
 
DSC_0223.jpg

一時は解体の計画が上がっていたそうですが、
京都に長く暮らし古都の伝統を受け継いだMさんは、
石井修さんの遺したこの住宅を次の世代に伝えていく役割を果たしたいと思い
購入を決意されたそうです。

極力部材を残そうとした大工の技、自然と家の共生を求めた建築家の思想、
そして家の再生を選ぶ住まい手の心意気。
モザイクのように人から人へ委ねられて、古きよきものは生き続けるのですね。


Mさん、すてきな機会をつくっていただきありがとうございました。
 
 
DSC_0234.jpg
 
(建築家石井修さんとその作品について詳しくは、
里山エッセイ2008年4月「回帰草庵」、同9月「目神山の家」をご覧下さい)


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.