ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



四国の森づくりフォーラム

 
 
「四国の森づくりフォーラムinとくしま」が近づいている。
今から5年前、”四国はひとつ 四国の森はひとつ”をスローガンに
「四国の森づくりネットワ-ク」が発足した。
疲弊する森の現状に、
NPO等市民団体・森林管理局・県が力を合わせて
打開の智恵を出し合おうと出発したものである。
シンポジウムは毎年各県を回り、今年は徳島が開催県、
さて努力の実りはいかに?

 
 
今回のポイントは3つ。
ひとつ目は、立木義浩さんの基調講演、
知らぬ人なしの写真家立木さん、2004年上海国際映画祭で
最優秀作品賞となった「村の写真集」が記憶に新しい人もあろう。
 
講演の題名は「総ては繋がっている。」
これこそ、私たち森の再生を願うすべての人が主張し、行動し、
語り続けてきたことの集大成ではないか。
送られてきた数枚の写真の美しさに魅入る。
この感激を一人でも多くの人たちに伝えたい。
森を思い、川を思い、海を思いこの日のために撮られたという写真と
その物語にぜひ耳を傾けて頂きたい!
 
 
ふたつ目は、パネルディスカッション「森の再生 まちの復活」。
国土の67%を占める森林は再生可能な最大の有効資源である。
緑のダム機能、温暖化防止の切り札でもある。
使える木がそこにあるのに使わぬ手はない。
森を愛することは森を感じること、森を感じることは木を使うこと。
木のすばらしさと木を使う秘伝を伝授しようと
那賀川流域から和田善行さんが、高知県嶺北の森から田岡秀昭さんが登場、
共に林業のエキスパ-トである。
若き青年林業士橋本忠久さんの意気込みにも大いに期待している。
コーディネーターは里山の風景をつくる会野口政司が勤める。
 
 
翌日は、上勝の森が会場。
苗木を植えて森を循環させる大切さを実感しようと総数1000本の木を植える。
長い歳月の先にこれらの木が育ち、森が再生し、まちが復活することを夢見て。
植樹の後には高丸山を歩く。
紅葉した秋のブナ林はどんな表情で私たちを迎えてくれるだろう。  
 
 
立木さんの基調講演とパネルディスカッションは、 
10月31日(土) 郷土文化会館「あわぎんホ-ル」にて午後1時開演となる。
(問い合わせ事務局電話  088-655-1616。)
 
 
立木義浩さん写真.jpg
                 写真家 立木義浩氏
 
 
 
 
 
里山の風景をつくる会 理事 
地球温暖化を考える-市民アクション2009-徳島代表  八木正江
2009年 10月 28日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


崖の上のポニョ

colum123-原風景.jpg
                                    鞆の浦の風景
colum123-工事完成風景.jpg
                                工事完成後の予想図
 
 
宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」の構想を練ったのは、
広島県福山市の鞆(とも)の浦であった。
港を見渡せる小高い丘の上の古い民家に二ヶ月間滞在し、
一人で自炊しながら、海を眺めてスケッチしたり、
町や林を散策して過ごしたそうである。

 
宮崎監督がとても気に入ったこの町は、古くから「潮待ちの港」として栄え、
常夜燈、雁木(階段状の石積みの船着場)、波止、船番所跡、
焚場跡(たでばあと。船底を焼いて船の耐久性を高める)などが残され、
江戸時代の港の形を今に伝えている。
 
また景観の美しいことでも知られ、
江戸時代に寄港した朝鮮通信使が“日本で最も美しい”とたたえた港町であった。
 
 
 
この景勝の地、鞆の浦を埋め立て、
橋を架けようとした広島県と福山市に対して
広島地裁が「待った」をかけた。
 
能勢顕男裁判長は
  「鞆の浦の景観は住民らの利益にとどまらず、瀬戸内海の美観を構成し、
   文化的、歴史的価値をもつ国民の財産ともいうべき公益」
と指摘し、
道路や駐車場を整備することが
景観保全を犠牲にしてまでの必要性があるか「大きな疑問が残る」とした。
大型公共事業に対して景観保全の面からストップをかけた初めての判決である。
 
 
判決の翌日、宮崎駿監督が記者会見で述べた次の言葉が印象的だ。
  「とても良い判決がでて、
   これは鞆の浦だけでなく、今後の日本をどういうふうにしていくか
   非常に大きないい一歩を踏み出したんじゃないかな」。
 
 
「崖の上のポニョ」の最初にトロール船が海の底をさらう場面がある。
そこはゴミのたまり場で、これまでの海と人との関係が象徴的に示されている。
海を開発の対象として目いっぱい利用したあげく、
最後にゴミ捨て場にしてしまう。
日本の海ぞいの都市ではあたり前のような風景であり、
残念ながらこの徳島においても・・・。
 
さかなの子ポニョは、それでも人間の宗介と一緒に生きたいと願う。
はたして私たち人間はポニョとの約束を守ることができるのであろうか。
 
 
 
 
 
建築家 野口政司   2009年 10月 19日(月) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


私の本棚

 
秋だから読書について書かなくては。
父親が本には目のない人だったから借家の家がつぶれそうになるまで、
食べるものがないよと母が嘆くまで本が増えた。
地震対策も不十分だったけれど、幸いつぶされることもなく本の谷間に暮らしていた。
その背表紙を見ているだけでくつろいだ。

 
今私の家の本棚には、毛並みの違う二系統の本が並んでいる。
本棚を眺めてみると、ぜひ読みたいと気になっていた本がたくさんある。
 
  「ゾウの時間・ネズミの時間」 本川達雄
  「生物世界の非対称性」 黒田玲子
  「タンパク質の一生」 永田和宏
  「タンパク質の反乱」 石浦正一
  「人間はどこまで動物か」 アドルフ・ポルトマン
  「生物と無生物の間」 福岡伸一
  「胎児の世界」 三木茂夫       まだまだ。
 
  「ファ-ブル植物記上・下」 / 「ゲ-テ形態論集」「ゲ-テ色彩論」 もあるなぁ。
 
 
これらは純粋な専門書ではないから、
どれから読もうかとせんさくの時がまた楽しいとばかりに、片端から挑戦してみる。
 
家人も動員して解説付きで「細胞の意思」 団 まりな を読み始めたが・・・進まない。
最初からつまづいて次には学生にも読ませたと言うし
名著なので「生物から見た世界」 ユクスキュルを。これも挫折。
 
3度目の正直とばかりに、古い本ながらとても気になっていたから
「鏡の背面」 K・ロ-レンツを。これはもう哲学の深奥をのぞくようで歯が立たない。
どの本も生命とか、生命現象とか、生命記憶とかが書かれているらしいのに
思考の回路が違うのか、何ともはや。
 
 
 
自ずと手は私の本棚に伸びる。
今はことばについて関心が大なので
  「言葉の海へ」 高田 宏 / 「毎日の言葉」 柳田国男
  「ことばとは何か」 田中克彦諸々。
 
それより何より、
長年続けている読書会で生誕100年の松本清張を取り上げたから触手はそちらへ。
 
そうだ、清張の「昭和史発掘」(昔読破)に
半藤一利の「昭和史上・下」を重ね合わせて読もう。
 
昭和史は私が生きた時代の歴史でもある。
自分なりの昭和史観!を持たなくてはと思いついたら、
わくわくと満ち足りた気分になってきた。読書とはそういうものと実感、ほっ。
 
 
 
 
 
里山の風景をつくる会 理事 
地球温暖化を考える-市民アクション2009-徳島代表  八木正江
2009年 10月 14日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


秋明菊

秋明菊 1.jpg
 
秋明菊 2.jpg
 
 
京都洛北の地名にちなんで貴船菊とも、漢名は秋牡丹といいます。
キクの仲間ではなくキンポウゲ科(アネモネの仲間)だとか。
                                     モモ


本をもって町に出よう

 
 
  「人は家の中にいるために家をつくる。そして、人は家から出るために、
   同じように家から出てきた人たちと会うために、都市をつくる」
                             (オルテガ・イ・ガゼット)
 
人と人との出会いの場としての都市の魅力が失われてきているように思う。
その魅力を取り戻すことが「都市の再生」とか「中心市街地活性化」なのであろう。
 
かつて寺山修司は「書を捨てよ、町に出よ」と言った。
未知のものに出会い、ぶつかり、たとえ傷つくことがあったとしても、
きっと本を読んでじっとしているよりも面白い人生になるんだよと
私は勝手に解釈していた。

 
 
子どものころから、町といえばそれは東新町のことであった。
そこに行けば丸新百貨店があり、珍しい商品をそろえた専門店が並んでいた。
そして封切りされたばかりの映画を上映する映画館がいくつもあった。
確かにその町は未知の世界とつながり、
私たちの胸をドキドキワクワクさせてくれるのであった。
 
しかし、やがてその町から百貨店も映画館も無くなり、そして人通りもまばらになった。
あのいっぱいの人たちはどこへ行ってしまったのだろう。
 
今では、家のテレビで好きなだけ映画を見ることができるし、
ネットショップで世界中から買い物もできるようになった。
かつて町でしかできなかったことが、家の中に居ながら簡単にできてしまう。
人は捨てるべき書もなく、町にも出なくなり、
ただテレビとパソコンに向かいあっているだけのように思える。
 
 
 
私は、町はそこに住む人たちの顔のようなものだと思う。
絵に描いたような美形を求めても空しい。
むしろ他にはない自分たちのもつ個性を大切にしたい。
そう考えると、私たちの住む徳島は自然環境にも恵まれ、空気も水もおいしくて、
なかなか男まえのようにも思えるのだ。
 
県庁の前にヨットハーバーがあるなんて、おそらく日本では徳島だけだろう。
その気になったら頂上まで登れる山が目の前にあり、
その下を公園のように美しい川が流れている。
風景のじゃまをしている看板を整理し、
電柱と電線を地中化するだけでもかなりすっきりした町になる。
 
 
物質的な豊かさを追い求めることから、
人との交流や生活の質を大切にすることへと時代は大きく変わろうとしている。
物にあふれた家からみんなで町に出よう。手にはお気に入りの本をもって。
これまで気がつかなかったこの町の魅力が見えてくる、
いやあなた自身がこの町の魅力であることに気がつくことであろう。
 
 
 
 
建築家 野口政司   2009年 10月 02日(金) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.