ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



ほろりほろほろ

colum125 ほろりほろほろ.jpg
 
 
歌人の斎藤祥郎さんが亡くなられた。

  青年のこころつかめぬ日の多し 
  板書のチョーク音たてて折る
 
長らく教師として務められ、私も高校で国語を教えていただいた。
歌詠む人であることは、当時全く知らなかった。
バンカラな校風であったので、
いつも冷静で紳士然とした斎藤先生には
肌が合わなかったのではないかと思う。
 

 
  石に来て蜻蛉平たくとまりたり
  八月六日灼(や)けたる石に
 
原爆の落とされた直後の広島に入り、その光景を目の当たりにしている。
 
  ぽろぽろと死体をこぼしトラックは
  去りゆきしなり術なかりけり
 
  扇風機つばさ反らせてとまるとき
  ぬめぬめと汗わが原爆忌
 
そのあまりの悲惨さに、歌に詠むことができるようになるのには、
何十年もの年月が必要であったと聞く。
 
 
 
歌集「海境」(うなさか)は、
学園紛争が起こった昭和44年から、
先生が高校を定年退職する昭和63年までの作品を収めている。
 
昭和44年といえば、安田講堂が占拠され、東大の入試が中止となり、
翌年三島由紀夫が割腹自殺した頃である。
その高校もちょうど紛争のまっただ中であった。
冒頭の歌はその頃のものであろう。
 
  青年の思想ほぐさむとするわれは
  遠き輪よりぞみつめられゐむ
 
「海境」は別れの歌で終わっている。
昭和という時代、そして緑あって出会った人との別れを。
 
  人と逢ひ人と別れて春寒し
  短き酔ひを楽しみにけり
 
  花束を抱へ校門出でむとす
  銃執り学徒兵たりしこの手に
 
歌誌『徳島歌人』11月号は、斎藤先生が代表として出す最後の号となった。
巻頭はいつも斎藤代表の歌論が出ているのであるが、
この号には7首の歌が「ありがとう」と題され飾られている。
 
  ありがとう誰にともなく呟やきて
  あな羞(やさ)しやななみださしぐみ
 
  自恃(じじ)孤高かつて聳(そび)えし詩精神
  ほろりほろほろくづほれて候ふ
 
斎藤先生、最後までオシャレでしたね。
青年のこころはつかめなかったやも知れませんが、
40年たって、今の私には先生の歌がこころに響いてきますよ。
 
 
 
 
 
建築家 野口政司   2009年 11月 19日(木) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.