ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



おせち

IMG_3453.jpg
 
 
「○○出版社ですが・・・」
 
あっ、また本の営業の電話だなと思い、
もう本を置くスペースなど、これっぽっちも無いので
けっこうですと言いかけた。
 
すると、
「実はお願いがあるんです。
NPO法人里山の風景をつくる会のホームページに出ている
『おせち』の写真を使わせてくれないでしょうか」と言う。

 
小中学生用の教材として昭和のくらしと文化についての本を出版するのだが、
おせち料理のいい写真がなくて困っていた。
たまたま見つけたのがその写真で、
年代もののうるし塗の重箱にいっぱいに盛られたおせち料理を見て感動した、
ぜひその写真を使わせて欲しいと言うのだ。
 
それは、私も印象に残っている写真で、
「里山エッセイ」という欄に2年前のお正月に投稿のあったものだ。
早速、そのおせち料理をつくった友人のMさんに連絡をとった。
 
 
 
Mさんのお宅には、幕末~明治くらいの重箱が残っていて、
どんなに貴重なものでも、道具は使ってこそ価値があるというMさんの考え方で、
どんどん利用しているとのことであった。
 
Mさんはお茶や百人一首、源氏物語などを学び楽しむサークルを主宰したり、
近江八幡や鞆の浦などの歴史文化都市を訪れる旅を続けている。
季節に合わせた着物姿で会合に出席したりする方で、
生き方そのものが日本文化ともいえる女性である。
 
そのおせち料理も、金や赤、黒に塗られたうるしの重箱に、
黒豆やごまめ、竹の子、こんぶ巻、えび、かまぼこなどが色とりどりに盛られた、
それはみごとなものであった。
 
 
 
おせちは、御節とも書かれ、節句につくられる料理である。
特にお正月に備えて用意されるお祝いの献立で、
手づくり料理の代名詞ともなっている。
 
そのおせちを入れる重箱に塗られるうるしは、
別名ジャパンとも呼ばれ、日本文化を象徴する工芸である。
酸やアルカリにも強く、最高級の塗料として、
蒔絵や家具、什器につかわれてきた。
今や、使い捨て時代のシンボルであるプラスチックに取ってかわられ、
漆器そのものにふれる機会も本当に少なくなった。
しかし漆黒の闇とも言われるように、
うるしの深い味わいは、何にも代えがたい魅力がある。
 
 
 
新しい年は、日本文化の魅力にふれることから始めたい。
うるし塗りのお重に入った、手づくりのおせち料理をいただきながら、
新年を祝いたいものである。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.