ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



『葬送』 ― ショパン生誕200年

2010.02.25 No.131 「葬送」.jpg
 
 
 「その美質は、奏でられる調べの一音々々から馥郁(ふくいく)と立ち昇って
  客席のすべての人間を恍惚とさせた。
  胸を締めつけるような憂鬱も、寂寥(せきりょう)も、悲哀も、
  どの一つを取ってみてもそうした薫りを帯びていないものはなかった。
  即ち気品であった。・・・何という香気。何という陰翳(いんえい)!」
                                 (平野啓一郎『葬送』)

死を一年後にひかえた1848年2月16日、
フレデリック・ショパンは、パリで演奏会を開いた。
公の場でピアノを演奏するのは6年ぶりであった。
 
ジョルジュ・サンドとの9年間に渡る生活に終わりを告げ、
孤独と病に冒されてのコンサートであった。
しかし、会場には友人の画家ドラクロワも訪れ、
あたたかくショパンを見守っている。
300席余りのプレイエルのサロンコンサートホールは満席であった。
 
この演奏会の様子を描いたのが冒頭の文である。
平野啓一郎さんの大作『葬送』は、下巻の最初の60ページ以上をつかって、
この時のショパンの演奏を再現していて圧巻である。
リストのように、脱いだ手袋を観客の中でも一際目を引く若い女性に投げ、
すさまじい音量で有無を言わせず聴衆の心をわしづかみにしてしまう演奏とは
全く違っていた。ショパンのピアノは、むしろピアニッシモの美しさであった。
そして陰影にあふれた演奏は静かに人の心にしみ込んでいく・・・。
 
 
ショパンの生れたのは1810年3月1日。
今年はショパンの生誕200年に当たるショパンイヤーである。
10月には、5年に一度のショパンコンクールが
祖国ポーランドのワルシャワで開かれる。
 
ショパンのピアノの魅力を改めて感じさせてくれたのが、映画『戦場のピアニスト』。
ドイツ軍将校に見つかってしまったユダヤ人のシュピルマンは、
自分がピアニストであることを告げる。
彼の弾くショパンの音色に心を動かされた将校は捕まえることをためらい、
やがてひそかな友情が芽ばえていく。
この映画でショパンの遺作である夜想曲(ノクターン)第20番が演奏される。
初恋の人、グラドコフスカへの片想いの苦しさ、哀しさが
美しい旋律に表現され、胸を打つ。
 
 
1849年10月30日、パリでショパンの葬儀が行われた。
野辺送りの曲は、モーツァルトの『レクイエム』と、
ショパン自身のピアノソナタ第2番『葬送』であった。
 
 
 
 
建築家 野口政司   2010年 2月 25日(木) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


ハンミョウの道教え

 
風のそよぎや流れる雲に、水ぬるむ川面に、
くりくり目玉のメジロにと遠近春はやって来る。
自然の移りは正直、今日は明日へ、
明日はあさってへと寒暖取り混ぜ変身一途。
いのちみなぎり、いのち張る「春」。生物の多様性を語るには最適の季節である。
 
2010 年は生物多様性年。
これから徳島でも事前行事が展開される。
第一弾2月20日(土)に開く「生物多様性国内対話in徳島・香川」
(アスティ徳島 1時から)には、生物多様性の国家戦略なるものが登場する。
国家戦略とはこれいかに?
 
戦略ばやりの昨今だが
上から目線でない「自分たちの戦略」をぜひ立てたいと思う。

 
 
今回は環境省が主催する。
全国何箇所かのうち、四国でもぜひと徳島開催が決まった。
中央の意向を地方が聞き、逆に地方の実情を知らせたい。
そのために国、県や市、市民、NGO、企業が同じ土俵に上がって考えよう!
というものである。
第3次国家戦略(平成19年3月閣議決定)からいよいよ地方に駒が進むと、
今度は地域戦略を作ることに相成るとか。
この徳島で誰が作る?どうやって作る? その答えを探ろうとしている。
 
COP10では、国として短期、長期目標を決めて世界をリードせねばならず、
ホスト国である日本の責務は重い。
いやいや国ではなくて、日本国民みんながホストになるべきなんだよ、
と言われてなる程と納得、より具体的に市民(自分)の役割を探ろうとしている。
 
 
生物多様性条約には
「保全・維持」と「持続的利用」の2つのテーマが盛り込まれている。
 
これだけは押さえておきたいね、と突然ハンミョウが登場。
生物多様性って、難しいことではないよ、でも今が大きな岐路だよ、
叡智を集めて、心配しないで生きていける術を今のうちにしっかりと手にしておこう!
と道教え。人の歩く足元をピョンピョン先行くから道教えの別名が付く。
小さな生きものの声にこそ耳傾ける謙虚な心、
そんな心の集約がCOP10を成功に導く。
 
 
環境省からはもちろん、
この条約を市民に広めるCBD市民ネットからも、ハンミョウ役の講師勢ぞろい、
参加者との対話の時間もたっぷり。どうぞご来場を !!
 
 
 
 
 
里山の風景をつくる会 理事 
地球温暖化を考える-市民アクション2010-徳島代表  八木正江
2010年 2月 18日(木) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


萩焼そして髙橋和三郎展

青藍天目釉流水鎬文壺.jpg
     髙橋和三郎 作 「青藍天目釉流水鎬文壺」
 
 
“萩の七化け”という。
 
お正月に山口県萩で求めた大振りの萩焼茶碗に、たっぷりと煎茶を入れて飲む。
うす雪を散らしたような白い釉薬に、貫入模様が表れ、それが日ごとに増していく。
 
萩焼の特徴である地土のあまさ、やわらかさが湯水の浸透を招くのである。
お茶を飲むたびに茶渋が浸み込み、貫入模様がふえていく。
“鬼萩”と呼ばれる砂の荒い土でつくられた茶碗は、
最初お茶が浸み出るほどである。
しかし、かまわずつかい続けるうちに漏れはおさまってくる。
茶の成分がすきまを埋めるのだそうだ。

 
“一楽、二萩、三唐津”ともいう。
 
萩焼は古くから茶人に愛されてきたやきものである。
時間を味方にし、時を刻むことによって味わいを増していく。
磁器にはない、焼成温度の低い陶器ならではの深い魅力が感じられるのである。
 
この2月4日に百歳になられた人間国宝、
三輪壽雪(じゅせつ)さんの鬼萩茶碗は圧倒的な存在感であった。
又、壽雪さんの子息である三輪休雪さん、そして若手の作家まで、
萩焼に取組むすがすがしい熱気のようなものを感じた萩旅行であった。
 
さて陶芸といえば、徳島を代表する陶芸家である髙橋和三郎さんの作品展が、
本日よりあわぎんホール(県郷土文化会館)で開かれている。
 
人間国宝の清水卯一さんの内弟子として薫陶を受けた髙橋和三郎さん。
ろくろと釉薬のうでは前々から定評あるものであった。
それに加えて今回の文様である「流水鎬文」(りゅうすいしのぎもん)は、
繊細さの中に造型力と釉の味わいがみごとにとけあっている。
 
又、それぞれの陶器が日常の生活の中でつかわれることを想定していること、
つまり、やきものが本来もつべき“用の美”が意識されているのもうれしいことだ。
 
一回一回の個展に、その時その時分の造型や釉薬の工夫が見られる。
中でも今回は、和三郎陶芸の完成期に向けての
特筆すべき展覧会になるのではないだろうか。
 
その時その人だからこそ生み出される造型の美しさがある。
そして、時を友として、つかい用いることで
深みを増していく土の結晶である“やきもの”。
その魅力は、わたしの心をとらえてはなさない。
 
 
 
 
建築家 野口政司   2010年 2月 9日(火) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


節分を過ぎると

キビタキ.jpg

                           photo by TAKESHI MIYAKE
 
 
 
ある朝、夜半の雨が止んで、空気が柔らに感じられて窓をあけると、
霞を刷いた山々が墨絵のようだった。
手前の雑木林は枝々に春の芽吹きを貯えている。
節分を過ぎると足早に春の足音。
春待つ今の、この湿り気とかすかな匂いは格別である。
 
 
この季節必ず思い出す一冊の本、海洋生物学者レーチェル・カーソン「沈黙の春」。
いきなり第1章明日のための寓話で語られる地球の現実は衝撃的である。
 
  「自然は沈黙した。鳥たちはどこへ行ってしまったのか。
   みんな不思議に思い、不吉な予感におびえた。
   春が来たが沈黙の春だった。
   農家では鶏が卵を生んだがひなは孵らず、
   りんごの木は溢れるばかり花をつけたが、
   耳をすましてもミツバチの羽音もせず・・・。」
 
そして 「すべては、人間がみずから招いた禍いだった。」 と結ばれる。

 
 
 
私がこの本に出会ったのは今から半世紀近くも前1964年のことである。
右肩上がりの経済成長の時代で、
「使い捨て」などという言葉が平気で闊歩していた。
使って捨てて物を動かすことが経済貢献と本気で思っていた。
何と罰当たりのことだったろう。
読んで衝撃を受け、知らぬ存ぜぬは許されないと
あらゆる環境問題に関心を持つようになった。
 
 
この本は農薬や化学薬品の乱用が自然のバランスを崩し、
自然の機能を失わせていくことへの警鐘だったが、
この半世紀に地球は激変した。
気候変動を目の当たりにし、
地球温暖化を実感し「寓話」は「実話」になろうとしている。
そしてカーソンの予言は、生物多様性の喪失という現実につながっている。
 
持続可能な21世紀のキーワードは生物多様性の保全であると言われ、
今年10月の生物多様性条約締約国会議(COP10)に向けて
徳島でも市民が声を上げ始めた。私の周りで関連のことばが踊る。
 
生物多様性とは 「命の条約・いきもののにぎわい・
生きものたちの豊かな個性とつながり・種の保存・・・」とさまざまなことばの装いで。
私流には「地球上の森羅万象みなひとしなみ」と訳してみる。
 
 
 
徳島で生物多様性問題に取り組む人たちの輪を広げようとしている。
沈黙の春ならぬ花咲き鳥歌うにぎわいの春を願って。
 
 
 
 
 
里山の風景をつくる会 理事 
地球温暖化を考える-市民アクション2009-徳島代表  八木正江
2010年 2月 5日(金) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.