ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



吉野川の未来を開く ― 可動堰計画中止

第十堰.jpg
 
 
吉野川第十堰の可動堰計画が中止となった。
 
23日、前原国交大臣は、徳島の市民団体のメンバーらと会談し、
第十堰の可動堰化計画について、「可動堰は選択肢にない」と表明した。
 
2000年1月の徳島市の住民投票で、
9割以上の人が可動堰建設に反対の意思表示をし、
その結果可動堰計画は「白紙」となっていた。
その後10年の歳月を経て、やっと事実上の「中止」が決まったのである。

 
住民投票の数年前、可動堰計画のことを知った私は、
仲間とともに「吉野川の未来を考える建築設計者の会」を立ち上げた。
 
市民に対して、巨大な可動堰(ダム)が計画されていること、
それが完成すると吉野川の風景が
致命的なダメージを受けてしまうことを知らせることが、
建築家の大切な使命であると感じたからである。
 
100人以上の建築家の名前を連ねての建設大臣への計画見直しの要望書の提出。
徳島市議会への住民投票条例請求の署名集め。
議会の構成を変えるための市議会選挙。
住民投票条例の可決。そして2000年1月の住民投票。・・・。
 
これ程まで市民のエネルギーをつかわせる行政、議会とはいったい何なのか、
と素朴な怒りを感じたのであった。
 
しかし、歴史家の網野善彦さんは、
自身が監修した「日本の歴史全二十六巻」のプロローグ“日本とは何か”の中で
次のように述べている。
 
吉野川の住民投票は、開発、前進することに疑いを持たなかった人類が、
思慮深く、知恵のある生き方へと変わっていくひとつの芽生えであり、
歴史に対する見方を大きく変えるきっかけになったのだと。
 
その住民投票から10年。
この1月23日に「10年目の123―10万人の意思をかたちに」という
千人規模の市民の集りが開かれた。そのお世話人をつとめた私は、
10年前から宙ぶらりんになっている市民の意思をどうしても実現させなければ、と
思い定めたのであった。
 
3月8日、前原国交大臣への要望書提出。
そして23日の前原大臣の「中止」表明。
 
「やっと届いた」。
そして吉野川の風景をぎりぎりのところで守ることができた。正直な感想である。
 
時代はゆっくりではあるが、確かに変わりつつある。
いや市民の力で変えることができるのだと思う。
 
私たち徳島の市民は胸を張っていいであろう。
住民投票と、その後のしなやかでねばり強い活動によって、
時代の重い扉を押し開いたのである。
 
 
 
 
建築家 野口政司   2010年 3月 27日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


賢いということ

 
雨のよく降る今春は、霞む山の端が毎日違って見えて楽しい。
楽しみながら、便利便利の生活に潜んでいる落とし穴と、
その穴から抜け出す智恵の生活と、どちらが賢いかということを考えている。

 
 
ガウスネット(高圧線問題全国ネットワ-ク)代表懸樋哲夫さんの講演
「電磁波って大丈夫?」を聞いた。
多くの人たちが聞きに来ていて関心の高さを示していた。
携帯電話、IH調理器・電子レンジ・電気毛布等家電製品、
高圧送電線、基地局からの電磁波、
それらの低周波も高周波もどちらも問題、そんなこと知っているぞ!
こんなに氾濫しているのに今さらどうする?と高をくくって参加。
 
ところが事態は深刻。
すでにスウェ-デン、フランス、ロシア、オランダ、アメリカでも
ここ数年間に電磁波の影響が国として研究され、
リスクは避けられず安全ではないとの警告が出されている由。
WHO(世界保健機構)でも
「曝露を軽減するために、適切な予防的措置を講じる事は合理的で正当」
と言っている。
 
 
そう言えば思い出した。
日本でも文部科学省が7億円の予算をつけてWHOとも協力して実施した
兜グル-プの疫学的研究「高圧線磁場と小児白血病との関連」があって、
先の警告を裏付ける結果が出たはず。
しかし、その事後評価発表の段階では・・・想像されたし。
講演の中でこのからくりも聞いた。
いいのかなぁ、そんなことあって。
 
 
電磁波の影響を受け易いのは妊婦、新生児、子どもたちの若々しい細胞。
今日使ってすぐに明日目に見えての影響が出る、と言うものでないだけに
警告を重大に受け止めないと大変だと思う。
十数年後に白血病や脳腫瘍や白内障や精子減少者が増えて
・・・なんて怖いことは考えたくない。
 
そして結局「使わない、離れる、社会を変える、しかないです。」というまとめに至った。
まず自分が変わる事、自分が思いきり賢くなって使わない選択をすること、
もともと電磁波は人間世界にはなかった電波なんだから、
人間になじまなくて悪さをする。
自然にもとれば自然からしっぺ返しを食らうのは当然、無くてすまそう、と
決心することだと強く啓発された。
 
が、携帯が鳴る。 メールが届く。  ほらほら賢いか? 賢くないか?
 
 
 
 
 
里山の風景をつくる会 理事 
地球温暖化を考える-市民アクション2010-徳島代表  八木正江
2010年 3月 20日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


つげ義春の青春

つげ義春.jpg
 
つげ義春さんのマンガで忘れられないシーンがある。
その最後のシーンだけが記憶に残っているのだ。
途中は忘れてしまっている。どんなストーリーだったっけ。
 
少年が一人で仕事をしている。
町工場の片すみで。
子供のころ、普通に目にしたバラックのような板張りの工場の中で・・・。
 
書庫の一番奥の棚にあったつげ義春全集を引っぱり出した。
その第7巻に出ている「大場電気鍍金工業所」がそれであった。
 
メッキ工場の社長が肺炎で死んでしまい、
残された奥さんとメッキ工の少年が工場で研磨の賃仕事をしている。
「メッキの職人は必ず肺をやられる」と、出だしから暗い話ではある。

 
 
このマンガは、つげ義春さんの自伝的作品で、メッキ工の少年は作者の分身である。
元工場長の金子さんとその家族の描写は、これ以上ないのではという程悲惨であるが、
読んでいるとなぜか懐かしい気分になってくる。
確かにこんな風だったよな、あのころは、と思えてくるのである。
 
つげ義春さんは1937年生まれだから、私より14歳上だ。
小学校を卒業してメッキ工になった。
メッキ工場に行きながらマンガを書き始めた。
しかしなかなか芽が出ず、東京錦糸町の下宿の支払いを2年分も留めたため、
便所を改造した一畳の部屋に幽閉されている。
そこで8年間過ごすことになる。そのころのことを描いたのが「義男の青春」である。
 
やがて白土三平さんに認められ、『ガロ』で作品が掲載されるようになる。
「紅い花」や「李さん一家」「ねじ式」など、
つげさんの代表作が生み出されていくのである。
 
 
私はつげさんのほとんどの作品を読んでいて、どれも大好きなのだが、
自伝的作品には特に心引かれる。
そこにはあの時代の貧乏で孤独な青年と、
無名の職人たちや生活者の姿が描き込まれているのである。
みんな同じように貧乏だったけど、心は貧しくなかったあのころ。
 
「大場電気鍍金工業所」の中で、奥さんが男とともに夜逃げしてしまい、
人手に渡ってしまった工場で、ひとり研磨機に向かう少年。
その印象的な最後のシーンが心から離れないのである。
 
 
 
 
建築家 野口政司   2010年 3月 12日(金) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


あるじなしとて春な忘れそ

 
 
 梅の思い出リレー。
 学校帰りに近道を
 通ってみればどこからか
 ほんのり匂う梅の花
 
 
田んぼのあぜ道をとんとん走った近道、
横丁を曲がってひなびた家並に出くわした近道。
思い切り走ったお墓のある近道。
背中のランドセルがカタカタ鳴って、オカッパ頭は神出鬼没。
辻々に梅が香っていた。
 
奈良県月が瀬村、ダムに沈んでいった白い白い一面の梅。
白い幻は今も夢に立ち現われる。
木頭村の切り立つ谷に立った日。
「ダム底に沈まなくて良かった!」ダムを止めた村民の苦労がしのばれた。
あれも梅の季節だったか。

 
 
徳島に来てすぐの春、
手を組んで二人で訪れた鳴門市大谷町の梅林、ふくいくと香っていた。
数年後手をつなぐ相手は子どもとなり、家族で出かけた明谷梅林。
 
入田の里山に今を盛りと咲いていた紅梅。
人待ち顔に辺り一面香りを放つ。
ていねいに組まれた山田の石垣、ついこの間、といっても7~8年にもなろうか、
清らかな沢水を引いてうまい米を作っていたという。
わずかに残る果樹園に、はっさくの黄色い実がたわわ。
竹の子ももう食わんよ!きのこも生えんよ!かぐや姫ももう住まん!だぁれーも来ん。
案内してくれた友人の、抜けるように明るい声は寂しさの裏返し。
 
 
そして昨日梅の里美郷を訪れた。
段々畑に点在する梅が満開だった。ひと雨落ちれば散り初めそう。
重なり合う山あいに数軒ずつの民家が見えて静かなたたずまい。
標高400メ-トルの急峻な地形だから、
農地を拓き家を構えるために石積みの技術が発達したという。
高開の石積みは芸術品のように見事だった。
天高いこの地を「ソラ」と呼ぶのもうなづける。
石を積んで50年という高開さんの語る石積みのコツは
「一 グリ、二 石、三に積み」。それが秘訣であるという。
梅干に梅酒に梅エキス、まだまだ梅製品の数々、
花より団子と買い物も楽しめて満足。地域の人たちの心意気が伝わった。  
 
 
同じく春に咲くならばあるじある里に咲きたい!
梅の花のそんな声が聞こえてくるようだ。
 
 
 
 
 
里山の風景をつくる会 理事 
地球温暖化を考える-市民アクション2010-徳島代表  八木正江
2010年 3月 6日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.