ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



夏は来ぬ

小さな丸いつぼみが膨らんで、
まっ白に卯の花が垣根にこぼれると、
かすかに甘い香りがして足を止める。
柔らかな緑の滴る雑木林には
日がな一日小鳥が囀っている。
 

「卯の花の匂う垣根に・・・」。
佐々木信綱作詞の「夏は来ぬ」は
美しい日本の5月を織り成す
初夏の風物詩。

早苗植え渡す夏は来ぬ。
田の面に映る里山の風景を愛でる楽しみもある。
カエルが鳴き、田んぼ一面に水草が生え、
イトミミズが繁殖している田んぼはトロトロ層の土をつくり、
早苗は見る見る分桔(ぶんけつ)してたわわの稲を実らせる。


おいしい米を食べられることの幸せ。
3回続けて東北震災のことに触れたから、
今回は美しい季節のことだけを書こうと思ったけれど、
早苗を見ると変わり果てた田んぼと、
そこに立ち尽くす人々の姿が見えてしまう。
この幸せを分かち合いたい。


原発事故はますます深刻さを増している。

NHKテレビ ETV特集「ネットワ-クでつくる放射能汚染地図
~福島原発事故から2ヶ月」を見た。
原発事故の直後から、
放射線が飛び交う半径10キロ圏内に突入して
「放射能を測定して記録する、
その汚染マップを歴史に残す」とした
研究者、科学者たちによる記録である。
放射能が人々の夢を奪い、
人間の暮らしを根こそぎ奪った。
この間まで豊かな実りの中で
命がつながってきた大地、
そこに残された放射能の爪痕は
余りに大きいことを思い知らされる。


「夜暗くても、電気がなくても、原発はいらない、
どこに怒りをぶつけたらいいのか」。声は続く。
3万羽の鶏を飼っていた養鶏家
「もし明日餌が来なければ、こいつらは・・・。」
餌は来なかった、鶏たちは一羽残らず餓死した。


突然変異を来した遺伝子構造のような、
ねじれて色濃く染め上げられた放射能汚染の地図、
真実は隠せない、そのことを痛いほどに訴える内容だった。
幸せな私たちもまた、
生きている限りこの現実から逃れられないことを思った。
美しい季節が巡るためにも、
この現実に向き合わなければならないことを思った。


八木正江

里山の風景をつくる会 理事 
地球温暖化を考える-市民アクション2011-徳島代表  

2011年5月19日(木) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より



いのちはぐくむ

春を告げ春を寿ぐウグイス。
今年もなわばりの雑木林に帰ってきた。
ケッキョケッキョ、数日後にはもうホ-ホケキョ。
震災からすでに49日、
美声に聞きほれながら、2時46分に捧げる黙祷。

肝心の事は何だろう? 
考えて動く。動いてまた考える。
そんな繰り返しの中で、祈りと願いを同じくする人たちと
「脱・原発」への動きを作っていこうとしている。

原発事業者も、事業を国策とした国も、決して責任を取ろうとしない現実に、
それは違う!と前回書き、その後読んだ2冊の本が後押しをした。
一冊は、家人の親しい知人でもある柳澤桂子さん著「いのちと放射線」(ちくま文庫)。
25年前に起こったチェルノブイリ事故直後に書かれたこの本は、
徳島新聞の日曜コラムにも取り上げられていた。
「人間は原子力に手を出してはいけません。
原子力は禁断の木の実です!」と。
生命科学者であり、自らが長い難病に苦しみながら
いのちの重みにひたと向き合ってきた人であるから書けた本である。
40億年の生命の進化の中で、
突然遺伝子を傷つけ生命のつながりを断ち切る放射能、
だから「私たちは何をしようとしているのかということを
宇宙的な時間のスケ-ルでみなければならない。」と言う。

もう一冊は高木仁三郎著「市民の科学をめざして」(朝日選書)。
柳澤さんの言う禁断の木の実とはどういうことなのか?
著者は、巨大な破壊力を持ち、
人類に知られた最も危険な毒物と言われるプルトニウムの正体を解き明かす。
プルトニウムを材料とする原子力発電と原子爆弾は同じ、
あの悲惨な長崎の原爆もプルトニウム爆弾だった。
そして、なぜ日本が、国が支えるプルトニウム大国になっていったのか、
そこから抜け出す道はないのか。あるのだ、と言う。

今、脱・原発を進めるにためは、
エネルギ-のあり方を考えていかなければならない。
地域の中で賄える、自然の力を利用するエネルギ--。
すなわち地熱太陽光、風力、中小水力、バイオマスなどである。
一代前までの人たちが当たり前に使っていたその智恵を生かして、
更に新しい時代の智恵を加える事が出来る。

国が行くべき道がそこにある。
それが、いのちをはぐくむ。


八木正江

里山の風景をつくる会 理事 
地球温暖化を考える-市民アクション2010-徳島代表  

2011年4月30日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.