ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



街路樹

彼岸花があぜ道を赤く彩り始めている。
今年は落葉の季節が早い。
先の台風12号で葉っぱが痛んでいる。
文化の森の入り口、橋と続く欅の並木も、
校庭の桜並木もすでに枯れ葉を見せている。
わが家の近くの雑木林も庭の木々も。


間もなく団地や公園のあちこちで、
ごつごつの幹だけ残されて木々が裸に変身する。
”裸になってしまいましたよ。恥ずかしいです”。
街路樹のつぶやきである。
植物の生態を良く知る友人が言った。
「剪定された木々の姿、あれはもはや生き物の姿ではない。」
鋭い的確な指摘である。


確かに強制剪定は自然の姿とは程遠い。
しかし、役所は今の方針
「いや迷惑の種は事前に積み取って、快適な暮らしのお手伝い。」
「コンクリ-ト道路に舞う落葉を誰が掃除する?
街路樹の近くに住む人は、毎日掃ききれない落ち葉に悲鳴」
「町中では張り巡らされた電線につかえてしまう。
狭い道にまではみ出せば視界を遮り交通障害。」
「何より丸裸の方が新芽のためになるのです。」と。

 
常々、徳島は街路樹が余りにも少ないと感じていたが、
その比率が全国ワ-スト10に入ると言う。
数十年前、徳島駅で見上げた空近く、
細くて長い棒のような木の頂に、わずかに広がる葉っぱ、
ヤシの木の不釣合いは今も変わらない。


《こんな街に住みたい》
厳しい夏の暑い日々に、道行く人が木陰に憩い、
風の揺らぎに癒され、緑滴る涼しい街に。


狭くとも、植木枡はたくさんの生き物のすみかとなり、
コンクリ-ト下の地下に長く延びた根は地下水を貯え、
蒸散作用で涼風となる。
街路樹の効用は計り知れない。


感性をおきざりにした剪定を見直して欲しい。
剪定だけではなく、徳島のまちにふさわしい樹種も選びたい。
めんどうなことはしたくないと役所は苦情から逃れるのではなく、
市民は個人の迷惑だけを言い立てるのではなく、
まずは私たち市民が智恵と工夫を凝らし、
景観生態学や植物学などの専門家と、さらに行政が力を合わせて
共同の作業を進めるように話し合いたい。
街路樹から私たちの自然観を問い直し
住みたい街づくりにつながるきっかけにしたい。





八木正江

                       里山の風景をつくる会 理事 
      地球温暖化を考える-市民アクション2011-徳島代表  

2011年9月21日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


剣山・三嶺の自然と恵み 生物多様性とくしま戦略タウンミーティング

PA0_0057.jpg
                       三嶺 剣山見ノ越付近から

つるぎから一宇村、見ノ越を走り抜け、東祖谷に辿り着いた。
すすきの穂が風に揺れ、奥山はもう秋。


9月10日、東祖谷で開かれた生物多様性とくしまタウンミーティング。
東祖谷周辺の住民の皆さん、山の整備に従事される方々にお集まりいただき
剣山・三嶺の自然と恵みについて昔から今に至る貴重な話を聞くことができました。

PA0_0056.jpg

山間部で暮らすことのきびしさを改めて感じます。
森はうっそうとしているのに谷を流れる水は減り
夏冬にやってくる水不足。
人口も10分の1になり、村に伝わる秋祭りも寂しくなった、
「嫁がこんからなぁ・・・」

荒廃が進む山の工事はきびしく、公共事業も年々減少。
林業農業からの少ない収入では働き手もいない。

限界集落という言葉・・・
山間部の村が限界を超えることへの手立てはないものか。

生物多様性地域戦略が取り組まなければならない、
そして流域にすむ私たちが向き合うべき大きな課題です。


見ノ越から望む三嶺山は、
自然林伐採やロープウェイの計画に
立ち向かった村民や三嶺を愛する人々により
開発の手から守られた自然豊かな山。

守りたいものが私たちにはこんなにもある。
タウンミーティングの回数を重ねるごとに
そう思うのです。

生物多様性とくしま戦略タウンミーティングについての詳細は
以下をご覧ください。
http://www.aicon-tokushima.co.jp/tm02


DSCF1774.JPG
 冬瓜の種とワタの美しさに見ほれています。
ワタは柔らかそうに見えるでしょう。でもしゃきと張っているんです。
種が十分に熟したところから、ワタのカバーが外れていくのでしょうね。
もうお顔をだしていいよ、坊や。という声が聞こえてきそう。

 実はこの冬瓜、里山の理事のKさんに7~8年前にいただいたものの子孫です。畑に種を捨てておくと、時期が来れば毎年育ってくれます。
冬瓜欲しい人募集中!今週末で締切。


【まち・里】生物多様性とくしま戦略タウンミーティング

http://www.aicon-tokushima.co.jp/tm02NEC_0378.JPG
9月4日徳島市のマリンホールにて
【まち・里】生物多様性とくしま戦略タウンミーティングが開かれました。
参加者は57名。会場が狭いと感じられるほどの大盛況。
みなさまからいただいたご意見、守りたい生き物・場所、
つないでいきたい伝統・文化などの課題は、
平成23年度より徳島県が策定する
「生物多様性地域戦略」に活かされます。

http://www.aicon-tokushima.co.jp/tm02NEC_0384.JPG
ワークショップのグループ発表で、高校3年の彼が、大役をかってでてくれました。
よっ、かっこいいぞ!
参加者の最高齢はたぶん86歳のご婦人。
いろいろな世代が意見を交わすのって楽しい!


知らない間に

最近姿を見せなくなったコオロギにスズムシ。
それでも秋近く、夜はにぎやかに虫の声。
秋の終わりには、ちちよちちよとはかなげになく虫たちも
今はわが世を謳歌する。


夏の終わりに毎年開いている大学の県人同窓会。
卒業者は、最近では企業等へも就職するようになったが、
つい先頃まで殆どの人たちが郷里に帰り、
徳島県の教育会に座を占めた。
毎回卒業後各人が歩いた、また歩きつつある体験を語り合うことにしているが、
それぞれ生きた時代の歴史を語っていて、
お互いにとって十分の刺激となり、背筋が伸びるよすがとなっている。
かくしゃくの先輩たちから肝に銘じて教えられる事も多い。


昭和20年女学校を卒業して大学に入学、
その夏に敗戦を迎えた先輩がかみしめるように語ってくれた。
8月の終わり頃だったか、親しい友人と、
奈良公園の馬酔木の木陰に休んでいた。
2人はやっと平和で穏やかな日々が訪れたことを喜んだ。
とその時、通りがかった一人の中年の女性が鋭く問いかけてきた。
「戦争は終っていない、夢を新天地に求めた満蒙開拓団の少年たちは
ちょうどあなたたちと同年齢、彼らの今を知っているか、
未だ彼の地に過酷な戦いを続けている現実を知っているか」と。


学びやの中で平和を待っているだけではいけない、
知らなければならない事実があることにはたと気づいた瞬間だった。
それからは自分を取り巻く社会の真実を
知りぬくことに努めて今日に至っているという。


敗戦の年、ひもじい思いの他は
戦争について何も知らなかった自分に振り替えて思う。
戦後の復興、再軍備、安保条約、憲法改定への動き・・・
知らない間に憂えるべき今になってしまった。
国の根幹を揺るがす重大な事態の情報は、
一つ一つ進んで知ろうとしなければ
時代の大勢につながってしまうのではないか。


知るは識るに通じ、自らが知り自らが判断することでもある。
知らぬは地獄とならぬよう心せねばならない。

                  
                          
                         

八木正江

里山の風景をつくる会 理事 
地球温暖化を考える-市民アクション2011-徳島代表  

2011年9月13日(土) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.