ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



剣山・三嶺の自然と恵み 生物多様性とくしま戦略タウンミーティング

PA0_0057.jpg
                       三嶺 剣山見ノ越付近から

つるぎから一宇村、見ノ越を走り抜け、東祖谷に辿り着いた。
すすきの穂が風に揺れ、奥山はもう秋。


9月10日、東祖谷で開かれた生物多様性とくしまタウンミーティング。
東祖谷周辺の住民の皆さん、山の整備に従事される方々にお集まりいただき
剣山・三嶺の自然と恵みについて昔から今に至る貴重な話を聞くことができました。

PA0_0056.jpg

山間部で暮らすことのきびしさを改めて感じます。
森はうっそうとしているのに谷を流れる水は減り
夏冬にやってくる水不足。
人口も10分の1になり、村に伝わる秋祭りも寂しくなった、
「嫁がこんからなぁ・・・」

荒廃が進む山の工事はきびしく、公共事業も年々減少。
林業農業からの少ない収入では働き手もいない。

限界集落という言葉・・・
山間部の村が限界を超えることへの手立てはないものか。

生物多様性地域戦略が取り組まなければならない、
そして流域にすむ私たちが向き合うべき大きな課題です。


見ノ越から望む三嶺山は、
自然林伐採やロープウェイの計画に
立ち向かった村民や三嶺を愛する人々により
開発の手から守られた自然豊かな山。

守りたいものが私たちにはこんなにもある。
タウンミーティングの回数を重ねるごとに
そう思うのです。

生物多様性とくしま戦略タウンミーティングについての詳細は
以下をご覧ください。
http://www.aicon-tokushima.co.jp/tm02


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.