ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



森に生きる田岡秀昭さん


 

落ち葉がくるくると風に舞い、
秋が終わろうとしている。
7月に急死された林業家田岡秀昭さんが
命をかけて守ろうとした嶺北の森にも、
落ち葉は降り積もっているだろう。
森に明かりをともしたい。
そのために重荷を一身に背負いきること。
田岡さんのその信念を分かち合い
支え合うことができなかったことを悔やむ。
私たちが森の伝道士と呼んだ田岡秀昭さんは
森の守り人としてかけがえのない人だった。
どんなときにも絶やすことのなかった笑顔がそこにある。

山が疲弊し、かく乱の時代を迎え
大資本が参入して皆伐と集成材による山の工業化が進み
山の循環は省みられず山の木が工業製品化していく現実。
そうした厳しい林業の実態があり
ちまたにその荒波が渦巻いていたのに
どうにかなっていくだろうと迂闊にも甘えがあった。


「人口減少が続く源流の森に残された時間は
そんなに長くはありません」。
「里山の風景をつくる会」会報の今年の新年号に
「森の未来」と題して田岡さんは書いた。
その言葉の重さに気がつけばよかった。
厳しい山の現実に直面し、
嶺北スケルトンという規格材の提案を始め
工夫の限りを尽くし、
渾身の力を込めた呼び掛けだった。
わが身は無になろうとも、山は生きよとの
それは最後のメッセージだったのだ。


田岡さんは、吉野川上流の山人と
吉野川下流の町人をつないだ。
四国は一つ、四国の山は一つを揚げる
「四国の森のシンポジウム」の会長であった田岡さん。
シンポジウムは高知、徳島、愛媛、香川を二巡し、
来年はまた高知へとバトンを渡し、
森づくりネットワークを固めつつある。
嶺北の地元で開いた若者塾から、
森の語り人が誕生しているとも聞く。


「唯一、循環を取り戻す価格形成力のあるのは木の家。
構造を見せて使う日本の木の家『里山の家』『里まちの家』なのです」。

田岡さんの意を受け、
森に100年生きた木を使って、
100年保つ家を建て続けたい。


「もっとも美しき森は、またもっとも収穫多き森である」
                              (アルフレート・メイラー)
これをいちばん望んでいたのは、
未来の森のために命を賭けた田岡秀昭さんだったのだと、
今更にして思う。
  
  
  
     八木正江

                        里山の風景をつくる会 理事 
       地球温暖化を考える-市民アクション2011-徳島代表  

        2011年11月24日(木) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より




国際森林年記念シンポジウム「森との共生―ゆすはらの実践」を終えて

11月13日、無事シンポジウムを終えました。
年初めから企画を始めたものの、
震災で「国際森林年」は頭から吹っ飛んでしまい、
東北支援活動と原発問題に集中、
7月にかけがえのない仲間を失なったことが重なり
このテーマに真正面から向き合う気力を取り戻すのに
ずいぶんと時間がかかりました。

私たちですらそうなのだから、
今、「森との共生」に
人は振り向かないのでないかと不安を抱えつつ、
チラシを撒き、人に会い、新聞や電波を活用し、
ゆすはら視察までして迎えた当日。

80人の参加者にまずは、ほっ・・(~。~)
梼原元町長の中越武義さんの講演はパワフル、わかりやすくて
ゆすはらに行きたくなるようなPRは抜群、
それでいてとても大切なことがいくつも発信されました。

【森林】
梼原では森づくり基本条例に沿い、
森から成長量以上の木を伐採せず、
皆伐を禁止し、中長期にわたる山づくりがなされている。
森を地域の資源としてどう捉えるか。
間伐・植林をして山の価値を高めるための投資をし、
地域の風景と山の機能を守っていく。

【流域】
上流の役割はきれいな水を
安定して供給する体制をつくること。
上下流での情報の共有と連携が大切。

【まちづくり】
コンサルに任すのではなく、地域に住む人と共に考えていく。
地域にある資源を大切にし、将来に生かすことを考える。
基本は環境・教育・健康であること


パネルディスカッションでは
材木や農産物をとおして流域の経済を循環させる
下流の取り組みの事例報告が2団体から発表、
市民や専門家・行政からの発言もあり、
時間がもう30分あったら・・・というところでの閉会でした。


森に向き合うと、林業の低迷、集落の過疎化という
問題山積に展望の見えない閉塞感すら覚えます。
しかし、そうではない、
地域にある資源の価値を共有しそれを生かすことで
元気なまちになれる!梼原はなるのだ!と
中越さんは私たちに伝えてくれました。

今、徳島でも上勝をはじめ、中山間地の小規模の自治体が
小水力発電や林業でがんばっています。
吉野川や勝浦川、那賀川、海部川などの下流に住む私たちが
流域としてどのように考え、関わっていくのかが問われています。
上流の資源は下流の資源でもあります。
交流を深め、ともに資源を生かす方法を見出していきたいものです。

                                 近藤こよ美


「雲の上の町」に

DSC_0218-2.jpg

晩秋の雨が落ちていた。
薄い霧のべ-ルが紅葉し始めた森を包んでいた。
新荘川を上流へ上流へとたどり、
峠を越え津野山神楽の里を過ぎ、
四万十川源流域の梼原町に着いた。
町の91%を森林が占め、
森林組合が元気で林業が盛んと聞く。
重なる森がご神体のようで、
森の精気が町に満ちていた。


町の中心部に立てられた梼原町総合庁舎は
音楽ホ-ルにもなり、
町の人々が毎日集まる広場となっている。
建築家隅 研吾の作であるが、
もちろん地元の木をふんだんに使った木造の建物である。
他に、まちの駅、雲の上のホテル、雲の上のギャラリーもあり、
これらの建物は、森の自然に溶け込ませるように建てられ、
梼原の町に人を惹きつける大きな要因となっている。


3年前であったか、
梼原町の中越武義前町長に
お会いした時のことを思い出す。
「わが梼原町の森を、
誰もがあっと驚くように生かしたい!」。
実際にそのように言われたのかどうか定かではないが、
いくつものアイデアを実現させようと、
実に楽しそうに語られた。
その後「循環型社会を目指したモデル地域の考え方」に基づいて
「森林エネルギ-地域循環利用プロジェクト」が
着々と進んでいることを知った。


原発事故が起き、
脱原発は今や社会全体の要請である。
自然エネルギ-へと舵を切り始めなければならない。
梼原町で実現している様々の施策、
木材の認証制度FSC、
環境税の収入による木造住宅への補助。
森林セラピ-基地やセラピ-ロ-ドの整備、
風力、小水力、バイオマスによる発電、
太陽光パネルの設置・・・。
今年は国連が定めた国際森林年でもあり、
先達である梼原にぜひ学びたい。


梼原町の元気の源は何か。
地元の宝を見つけ出し、
それらを生かす総合的なグランドデザインを
描いたのは誰か。
担い手はどこに?
雲の上の町梼原町、
地域が元気に再生して行くために、
中越さんの話に関心は尽きない。


国際森林年記念シンポジウム
「森との共生-ゆすはらの実践~自然エネルギ-で町づくり~」は、
11月13日(日) 午後1時30分
アスティ徳島第6会議室で開く。


 

      八木正江

                        里山の風景をつくる会 理事 
       地球温暖化を考える-市民アクション2011-徳島代表  

        2011年11月10日(木) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.