ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



鬼のかく乱

満開の桜に春の嵐、
花びらのじゅうたんは薄桃色、
花吹雪もまた風情。

それにしても寒いな、花冷えだと嘆いていたら、
途端に風邪をひいた。
10年ぶりのこと、鬼がかく乱にやって来たらしい。

風邪など引く間もなく走っていたといえば聞こえが良いが、
ここ10年、毎年毎年事は起こり、
世の中の遷り変りに物申したい事ばかりだった。
普通の市民としてできる事は、
真面目に立ち向かうことしか出来なかった。
走る事が支えだった。


ところが熱を出してみると、
あったはずの大義名分はどこへやら、
会合は全てキャンセルとなった。
何より、自分がいなくてはなどという杞憂は
ひとかけらもない事に気づき、
青菜に塩の如く萎れてしまった。


いつもの体温36度がたった1度5分ほど上がっただけなのに、
体中がうなりをあげて反抗して苦しい。
筋肉が痛い、だるい、胃まで痛み、偏頭痛も。
体をエビのように曲げても、整体さながら反り返り伸ばしても治まらず、
体の持って行き場がない。
夜中転々また転々。


人間の体温は何故37度(直腸)か。体温の不思議。
苦し紛れにこの際極めようと体温の事をたずねたら、
家人がすぐに何冊かの本を持ってきた。

その一冊に、人が地球上で快適に暮らせる温度帯は
21度から25度までの間と書いてある。
この条件を元に、私には何やら分からぬのだが
数式(カナダのバ-トン)に当てはめると、
37度という数字が計算されるという。

長い適応と進化の歴史の中で、
それから体温は37度を保ち続けていると。
生命体の不可思議さを思い知らされる。


ともあれ、鬼のかく乱もおつなもの、
走り続けた10年のこの年月に
何者にも代え難い伴走者のいた事に祝杯。
夜中に頭にそっと載せられた氷枕の冷たさも忘れまい。
タオルに氷が包まれただけだから、
実際にはすぐにぽたぽたと溶けて始末に困ったのだけれど・・・。

これからは、天なる声に耳傾けて、
静に歩く事になるかもしれないが、
私たちみんなの上に希望輝く日々。
そのゴ-ルを目指し進みたい。


 
 
 
 
                                      八木正江
 
                            里山の風景をつくる会 理事 
          地球温暖化を考える-市民アクション2012-徳島代表  

             2012年 4月18日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.