ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



 いつまでも

ジャスミンのつるがどこまでも伸び、
高い木のてっぺんからも
淡いピンクの花がこぼれています。
その可憐さは、
数ある5月の麗しい花々に
引けを取りません。
黄金色に光るカナブンがやってきて
花から花へと飛び廻り、
密を吸い続けています。


五月。
空は晴れ、
燃え出る若葉の芳香に
むせ返る季節です。
体の芯を真っすぐに
立ち昇っていく生気、
いつまでもと祈ります。


スズメの姿がめっきり少なくなり、
6割減と新聞に報じられていました。

「雀雀 お宿はどこだ 
チチチ チチチこちらでござる」
そんな情緒はどこへやら、
昔の話になりました。

「我と来て 遊べや 親のない雀」
「雀の子 そこのけ そこのけお馬が通る」
一茶も俳句を作れません。


ツバメは巣作りする家も見当たらず、
どこに幸せを運んでいいかわかりません。
早苗の田を飛ぶ姿もなく、
電線に音符さながら並んでいた光景も
見られなくなりました。
草叢から一直線に舞い上がる
ひばりの姿も幻となりました。
何気ない風景がなくなっていきます。


今目立つのはキジバトとカラスです。
真っ黒のカラスは意外に大きく、
私が通るとしわがれ声で、
何しよん? 何しよん?
と問いかけるようです。
余りに世の中、
心配な事ばかりが続くから、
どうにかしたいと心を痛め、
毎日がんばっているのよ、
と答えてみます。


豊かな風景は豊かな情緒と、
情緒を語る美しい言葉を
生み出します。
歳時記はその代表でした。
コンクリ-トの橋や道や護岸は
何も語らず寂しい限りです。


書きとどめていくことの大切さと、
楽しさと、期待感を持ち続けたこの3年間に、
何とたくさんの事があったことでしょう。
悔やみきれない原発の事故からは、
自分たちの生き方そのものに
メスを入れられました。
生きている限り
この責任を問い続けたいと思います。


お読み頂いた方々に
心よりお礼を申し上げます。

 
 
 
                                      八木正江
 
                            里山の風景をつくる会 理事 
          地球温暖化を考える-市民アクション2012-徳島代表  

             2012年 5月23日(水) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


原発事故と母子疎開

大空襲の頃、東京のおばたちが子どもを連れて、
私たちが住む長野の田舎に疎開してきた。
狭い借家住まいで、家中に人がひしめいていた。
当時どこの家でも庭先にニワトリを飼っていた。
ココ ココ コケッ、餌やりは子どもの仕事、
毎日つつかれてドキドキした。
食糧難だったからサツマイモのつる、はこべ、
ナズナ、スカンポ、糠団子何でも食べた。
ニワトリといっしょだった。

ふさふさ白い毛のアンゴラウサギもいた。
ある日因幡の白ウサギに。
白い毛は毛糸に変身、
母が編んでくれた白いセ-タ-になったと信じていたのだが。
 

昨年の3.11原発事故は、
終息するどころかますます放射能汚染の渦を広げ、
「疎開」という新しい課題を生み出している。
今年3月11日「とくしま母子疎開の会」が出来た。
はるか65年も前に経験した「疎開」に直面している。


先日来、震災がれきを受け入れるのか、受け入れないのか、
全国各自治体は国の度重なる情報操作の下に判断を迫られた。
徳島県は受け入れないと返事をした。


本当の支援とはどんな事なのか、私たちは考えた。
がれきではなくて、人を受け入れよう、
放射能に汚染されていない安全な土地を守って、
食べものや住まいを提供しよう、
この呼びかけは大きな反響を呼んだ。


全国から、特に関東地域から自主疎開したいと、
問い合わせが殺到、
連日疎開希望者が下見に訪れている。
命からがら、着の身着のまま一日も早く、
とにかく子どもを守りたいと逃げて来る家族。
安全な食べものが並ぶ店先で涙をぽろぽろこぼしながら、
すぐにでも引っ越せるように契約したいと申し出る。
事態は切迫している。まず住まいがいる。
学校も、保育所も、お店も要るけれどまずは住まい。


「とくしま母子疎開の会」は徳島になじみの少ない人たち。
私たちは、「母子疎開の会支援プロジェクト」を立ち上げ
市民レベル情報センタ-の役目を果たそうとしている。


未来を生きる子どもたちはわが子わが孫。
人は人により人となる、そんな箴言があった。
新しい国づくりが、この子たちから始まるかもしれないと信じている。


 
 
 
 
                                      八木正江
 
                            里山の風景をつくる会 理事 
          地球温暖化を考える-市民アクション2012-徳島代表  

             2012年 5月8日(火) 徳島新聞夕刊 「ぞめき」より


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.