ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



田んぼ探検隊 生きもの観察会

s-CIMG0132 (1).jpg

空を映して彼方まで広がる小松島市田浦町西原の田園風景です。

6月初めの日、西原ほたるファームの北野正美さんのご協力で
生きもの観察会を開きました。

s-CIMG0139.jpg

ドジョウや赤腹いもり、トノサマガエルにヌマガエル、
餌を追ってシマヘビまで現れて
小さな水路は生きもので溢れています。
子どもたちは赤腹イモリやカエルが大好き。
最初は怖がって触れなかった子も、帰るころには
水で冷やした手にのせて見入っていました。

s-CIMG0164.jpg

s-CIMG0141.jpg

小さな網で土ごとすくって入れたバットの中を
虫眼鏡でのぞいてみると
カゲロウやガムシ、ユスリカの幼虫や
ミジンコなど無数の小さな虫や
ヤゴやミズカマキリのような少し大きい虫が
追って、逃げて、泳ぎ回る様子を観察できます。
それはなかなかスリルある生きものがたり。

s-CIMG0176.jpg

お昼前になり気温が上がってくると
田んぼの底にぽつぽつと穴があき始めます。
糸ミミズです。
糸ミミズが棲む田んぼの土はトロトロになって
おいしいお米が育つそうです。
とろとろ―なんとも気持ちのいいさわり心地。
これも農家さんの日々の努力のおかげ。

ファームの北野さんたちは農薬や化学肥料を抑え
生きものにやさしい有機農法でお米作りをされています。
その日1時間で観察した生きものの名前を  
自然観察指導員の中村先生がボードに書きあげたところ、
ナント  37種類!
田浦の田んぼは‘いのちのゆりかご’そのものです。

観察会が終わった後、
子どもたちに見せるために虫かごにいれていた蛍を、
水路に帰している北野さんを見かけました。
やさしいしぐさが蛍のあかりのように印象的でした。

北野さん、そしてお世話くださった農家の皆様、
ありがとうございました。
 
                         こんぺいとう

s-CIMG0190.jpg


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.