ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



蛍舞う

小松島市田浦町西原の田んぼに
蛍を見に出かけました。
水車の廻る田浦町の田んぼで蛍祭りが開かれ
たくさんの人たちが訪れていました。
小梅に破竹、アスパラに夏ミカン、夏野菜・・・
農産物も並べられ販売されています。
夕闇迫るとちらほらと飛び交い、
宵闇深まる夜8時すぎには、出番とばかりに光り、
私たちを幻想の世界に誘います。
まわり続ける水車の音、歓声を上げる子どもたち、
いえ、私たち大人もです。

昔ながらの石積みの用水路は蛍のお宿そのものです。
水のしぶき、草の茂り、護岸に張り出す柳や梅の木。
風がないもやいの夜であれば、無数の蛍が飛ぶと言います。
田浦地区でお米を作っている北野さんたちは
数年前、これらの条件がすべてそろった夜に、
川から湧き立つ蛍の乱舞を見たのだそうです! 
一生懸命その時のことを語る北野さんの目が
怪しく蛍のように光りましたよ。

蛍は光の環を描いて高く飛ぶのですね。
飛ぶのはオス、蛍の交尾行動だそうです。
見れば小さいただの黒い小さな虫なのに、
神様はなんと粋な計らいを蛍に授けたことでしょう。
水辺にたたずみじっと見ていると、
いろいろのことに気づきます。
川辺の草むらで光り出すと、あちこちで光り始めます。
光ってやがて飛び交います。
そしてまたしばらくの暗闇。
蛍の以心伝心です。
 

ノ-ベル文学賞を受けたインドの詩人、ロビンドロナト・タゴ-ルの
「蛍」という詩を思い出します。

 私の空想は蛍、―
  いのちある光のかけら
    暗がりにまたたいている。


いのちある光のかけら・・・・とは!!
感慨の深い夜でした。    

                  八木


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.