ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



地震に強く原発に頼らない家をつくろう 第二回 自然の恵み・エネルギーを生かそう

南海地震が近いと想定されています。
家を建てる時の重要ポイントを数回に分けて考えます。
前回は地震に耐えられる地盤補強と家の構造計画についてでした。
今回は自然の恵み・エネルギーを最大限生かした家づくりについて
考えます。

■自然の恵み・エネルギーを活用しよう
 ・太陽エネルギーを考えよう
   太陽は全てのエネルギーの源です。
   ソーラーパネルで発電するのもいいのですが、太陽熱温水器は
   エネルギー効率がより優れています。
   また窓からの光は部屋を温め明るくしてくれます。
   太陽の光と熱を上手にコントロールすることが循環型家づくりの
   出発点です。

 ・風を生かす
   風も大切なエネルギー。徳島は風にも恵まれています。
   エアコンに頼らなくても風を上手に取り入れることで涼しく快適な
   住まいになります。

 ・木と土をつかう
   木の家は高温多湿の日本に最適の住まいです。
   柱・梁を表わしでつかい、荒壁の調湿効果を生かすことで
   エネルギー負荷の少ない家をつくれます。
   また木は太古からのエネルギー。薪ストーブは暖をとる他に
   調理用としても活用できます。
   被災時に電気やガスがストップしても生活を続けられます。
 
 ・天水の利用
   雨水をそのまま下水に流すのはもったいないです。
   雨水タンクにためて庭の水やりにつかう他、最近では浄化して
   飲料水としてつかう方法も開発されています。


                      里山の風景をつくる会  理事
                        建築家   野口 政司


シリーズ 地震に強く原発に頼らない家をつくろう 第一回
「地盤と構造を考える」は里山HP最新情報に掲載しています。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.