ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



「森の叫び」を読みませんか

森の叫び 小.gif     


「せいたちいかん・・・」
森と共に生きてきた土佐の杣人の言葉です。
「せいてはいかん。森の時間に合わせていかんと」
という意味でしょう。
しかし、100m競走のような猛スピードで
人生のマラソンコースを走り抜けていった人がいます。
森の伝道師とも呼ばれ、
里山の風景をつくる会の理事をお願いしていた
田岡秀昭さんです。 


7月1日は田岡秀昭さんの三回忌。
それに合わせて、田岡さんの評伝
「森の叫び-嶺北を愛した田岡秀昭三十年の軌跡」が
出版されました。
6 月23 日、高知で開かれた出版記念会も兼ねた
田岡秀昭さんを偲ぶ会には、
かつて田岡さんと親交のあった人たち100 人程が集まりました。

田岡さんの木をつかって見事な建築をつくってきた
建築家の山本恭弘さんや上田堯世さんらの顔も見えます。
田岡さんと共に四国の森の木を生かす戦略を立てていた
高知大学の飯國先生ら研究者の他、県庁や林業関係者、
さらには県外の工務店の方々も集まり、
「森の叫び」の著者、中谷正人さんの講演を聴きました。
私たち里山の風景をつくる会からも
徳島8 人、香川2 人、高知4 人が参加し、
在りし日の田岡さんの活躍に思いをはせたのでした。


「森の叫び」の編集には
高知放送の笹岡高志さんからの呼びかけがあり、
私も企画の段階から加わりました。
その中で見えてきたのは、
田岡さんのたぐいまれな優しさと
森の未来に対する深い憂いでした。
工務店の方や設計者・親交のあった人たちへの聞き取りでは、
その人その人と真摯に向き合い、
心をこめて接していた田岡さんの姿が
うかび上がってきました。

なぜ、そんなに田岡さんは“せい”ていたのでしょう。
「森の叫び」を読んでいただければ
よりわかりやすいかと思いますが、
嶺北への大規模集成材工場の進出による
森の循環への壊滅的な打撃、
特に自伐林家へのダメージをどう食い止めるかに
心を砕いていたことが伺えます。
そのための“れいほくブランド”の立ち上げであり、
“れいほくスケルトン”の開発であったと思います。


「人口減少が続く源流の森に
      残された時間はそんなに長くはありません」

里山の会報2011 年1 月号に
田岡さんが寄せた文章の最後の言葉です。
この半年後に田岡さんは亡くなりました。
森と同様に田岡さんの時間も残り少なくなっていたことに
迂闊にも私は気付きませんでした。
いや、会報の編集をしていた私は
最初に田岡さんの原稿を目にして
いつもと違う田岡さんの
悲愴で思いつめたような文章にある不安を感じたのでした。
その不安を私は意識の下におしこめてしまったのです。
どうにかできなかったのか・・・。
悔いが残ります。


田岡さんは、
大規模集成材工場は資本の論理で動き、
可能なかぎり木を安く買いたたこうとするので、
森で人が暮らす仕組みそのものを崩壊させると書いています。
そして、唯一森の循環を取り戻せる価格形成力があるのは、
無垢の木を表わしでつかう「里山の家」であると
強調しています。

田岡さんの思いとは逆の方向へ
時代は動こうとしています。
この8月から大豊町に完成した
大規模集成材工場が稼働し始めています。
この工場では柱や梁の製品をつくるのではなく、
ラミー材という板材に原木をおろすだけの工程で、
製品に仕上げるのは本社工場です。
嶺北は素材供給地になってしまうのです。
田岡さんが誇りにしていたピンク色の嶺北材は
切りきざまれて、工業製品である集成材になってしまいます。

そこにブランドとしての価値はあるでしょうか。
10 人ばかりの作業員で
年間10 万㎥の木材を加工します。
高知だけでなく四国全体の木材がこの工場に
飲み込まれていくことになるのではと危惧されます。

あらためて思います。
田岡さんの主張したように、
自伐林家たちの小さなシステムで森の循環を守っていく方向に
力を注がねばならないのです。
大きなシステムだけでは森は荒れ、
そこに暮らす人たちの生活が壊れるのは目に見えています。
里山の家のような荒壁・漆喰・木の表わしの家を
もっともっと広げていくことが、
今求められているのではないでしょうか。


                    里山の風景をつくる会  理事
                       建築家   野口 政司

この本を希望者にお分けします。
著者    中谷正人(「新建築」元編集長)
発行者   「森の叫び」刊行委員会
製作協力金 1000円+送料 が必要です
     


稲刈り体験 ばんざ-い!!

小松島市大林町、武蔵さんの田んぼで稲刈りです。
5月には80人も集まって、楽しく田植えをしましたね。
大きくなっていっぱい実れ! みんなで祈りました。

梅雨に恵みの雨を受け、灼熱の夏の太陽を受けて
黄金色の稲穂が頭を垂れ、刈り入れの時を迎えました。
台風襲来を避けて急遽繰り上がった稲刈りの日です。
田植え参加の家族も幾組か、
あの時臨月を迎えていたお母さんから、
元気な男の赤ちゃんが生まれていて、
今日は一人前に乳母車参加です。

CIMG0004新.jpg

新しい鎌はピカピカで出番を待っています。
のこぎり鎌の使い方、稲り刈り方、縛り方
守らないとけがをするよ
ていねいな説明が続きます。
やってみなければ分からない。
早く早く刈りたいよ、みんな心が急ぎます。  
   
武蔵さんが今日の手刈りのために、
広い田んぼの一角を残してくれています。
一列に並んでさあさあ刈っていきましょう。

CIMG0006.新

前へ前へ、ザクッザクッと刈り進みます。
稲わらのこの感触この香り、
ずっしりと重い稲穂の手ごたえ。
機械などなかった云十年前には、
どの家でも小さな子どもの手さえが貴重な労働力でした。
そして労働は家族の絆の元でした。

CIMG0043新.jpg

武蔵さんがお手本とばかりに刈り進んでいます。
気持ちのいい音ですごいスピ-ド、
武蔵さんそんなに早いと、ひとりでみんな刈れてしまうよ。
子どもたちは真剣で上手に鎌を使っています。
束ねた稲を抱え次々とハゼに運びます。

CIMG0060新.jpg

あちこちで歓声が上がります。
みどり色の小さいカエルが、
突然まぶしい光に戸惑い
ぴょんびょんとはねています。
今年生まれたんだよと中村講師、
なんとも可愛いい姿です。
ふと見上げると何羽ものツバメが飛んでいます。
美味しい餌があるよ行こう行こう、
そんな声が聞こえました。


武蔵さんは有機農業を始めて6年、
農薬なんか使わないのに、草は生えず,
たくさんの生きものと共存しながら収量も落ちない。
ここまでの苦労努力一切語らず
奥さんともどもいつもにこにこですが、
恐らく計り知れない苦労があったはずです。
機械技術にも強い研究熱心な武蔵さん。
地域の要となって
ますます志を同じくする農家が広がりますように。

新米を3升も炊いておにぎりにして
ふるまっていただきました。
ひとつぶひとつぶのお米に
奥さんの心が詰まって輝いていました。
とびきりおいしいおにぎりでした。

CIMG0084新.jpg

参加された皆さん、
感想を述べられるお顔が輝いていましたよ、
初めてだったけれど
親子ともどもほんとに得難い経験でしたと。
鎌にも慣れて上手に刈れましたと。

CIMG0078新.jpg

「またぜひおいでてな!」
なんと嬉しい言葉でしょう。
稲刈りツァ-の何よりのお土産は、
田んぼを通じて、
こうして人と人とがつながりあえることです。
武蔵さんご夫婦に感謝
参加者の皆さんに感謝です。

CIMG0087新.jpg

                       里山の風景をつくる会
                         理事 八木 正江



▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のトラックバック

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.