ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



稲刈り体験 ばんざ-い!!

小松島市大林町、武蔵さんの田んぼで稲刈りです。
5月には80人も集まって、楽しく田植えをしましたね。
大きくなっていっぱい実れ! みんなで祈りました。

梅雨に恵みの雨を受け、灼熱の夏の太陽を受けて
黄金色の稲穂が頭を垂れ、刈り入れの時を迎えました。
台風襲来を避けて急遽繰り上がった稲刈りの日です。
田植え参加の家族も幾組か、
あの時臨月を迎えていたお母さんから、
元気な男の赤ちゃんが生まれていて、
今日は一人前に乳母車参加です。

CIMG0004新.jpg

新しい鎌はピカピカで出番を待っています。
のこぎり鎌の使い方、稲り刈り方、縛り方
守らないとけがをするよ
ていねいな説明が続きます。
やってみなければ分からない。
早く早く刈りたいよ、みんな心が急ぎます。  
   
武蔵さんが今日の手刈りのために、
広い田んぼの一角を残してくれています。
一列に並んでさあさあ刈っていきましょう。

CIMG0006.新

前へ前へ、ザクッザクッと刈り進みます。
稲わらのこの感触この香り、
ずっしりと重い稲穂の手ごたえ。
機械などなかった云十年前には、
どの家でも小さな子どもの手さえが貴重な労働力でした。
そして労働は家族の絆の元でした。

CIMG0043新.jpg

武蔵さんがお手本とばかりに刈り進んでいます。
気持ちのいい音ですごいスピ-ド、
武蔵さんそんなに早いと、ひとりでみんな刈れてしまうよ。
子どもたちは真剣で上手に鎌を使っています。
束ねた稲を抱え次々とハゼに運びます。

CIMG0060新.jpg

あちこちで歓声が上がります。
みどり色の小さいカエルが、
突然まぶしい光に戸惑い
ぴょんびょんとはねています。
今年生まれたんだよと中村講師、
なんとも可愛いい姿です。
ふと見上げると何羽ものツバメが飛んでいます。
美味しい餌があるよ行こう行こう、
そんな声が聞こえました。


武蔵さんは有機農業を始めて6年、
農薬なんか使わないのに、草は生えず,
たくさんの生きものと共存しながら収量も落ちない。
ここまでの苦労努力一切語らず
奥さんともどもいつもにこにこですが、
恐らく計り知れない苦労があったはずです。
機械技術にも強い研究熱心な武蔵さん。
地域の要となって
ますます志を同じくする農家が広がりますように。

新米を3升も炊いておにぎりにして
ふるまっていただきました。
ひとつぶひとつぶのお米に
奥さんの心が詰まって輝いていました。
とびきりおいしいおにぎりでした。

CIMG0084新.jpg

参加された皆さん、
感想を述べられるお顔が輝いていましたよ、
初めてだったけれど
親子ともどもほんとに得難い経験でしたと。
鎌にも慣れて上手に刈れましたと。

CIMG0078新.jpg

「またぜひおいでてな!」
なんと嬉しい言葉でしょう。
稲刈りツァ-の何よりのお土産は、
田んぼを通じて、
こうして人と人とがつながりあえることです。
武蔵さんご夫婦に感謝
参加者の皆さんに感謝です。

CIMG0087新.jpg

                       里山の風景をつくる会
                         理事 八木 正江



▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.